さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
金足農84年以上を
0

     

     

     第100回の3回戦、金足農が5−4で横浜に、大逆転で勝利し8強入り。

     


       2点ビハインドの八回、連打で1死一、二塁。立ち上がりから力投

      を続けてきた板川から、高橋がバックスクリーンへ逆転3ランを放ち

      土壇場で一気に試合をひっくり返した。

     


       そして、剛腕エース吉田輝星投手は4点取られたが、 3試合連続

      2桁の14奪三振で、強打の横浜を抑えた。

     

     

          9回161球目に150キロ
     

     

     見る者に、1984年・第66回の「金農旋風」を思い起こさせた。

     第1回大会以来となる秋田勢の決勝進出がかかった準決勝のPL学園との戦い。

     

     

     

     夏の甲子園初出場の金足農は強豪校を次々と破り、「金農旋風」を巻き起こしていた。

     準決勝の相手は、前年優勝のPL学園。後にプロ野球へ進む桑田真澄、清原和博のKKコンビ。

     

     

     金足農のエース水沢博文は、味方打線が一回に先制すると、テンポ良く変化球を内外角へ投げ分け、PL打線を抑え込んだ。五回までの被安打は1。大舞台を楽しんでいたと伝えられている。打線も桑田のカーブや直球を攻略し、金足農は再び適時打で勝ち越す。

     そして八回。1死後清原に四球。次打者の桑田に決勝の本塁打を浴びる。

     

     

          一球の恐ろしさと

     

     

     

     1984年の、その試合と同じ八回。

      一死一、二塁の好機。                                

      6番高橋が初球をフルスイング。            

      ボールがバックスクリーンに吸

     い込まれる。

     

      九回吉田投手が、4番万波、5番

     内海を連続空振り三振に抑える。

      強豪横浜を力で撃破した。

     

     再びの「金農」旋風を期待しよう。             
     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    終戦記念日昼
    0

       

       サイレンが鳴った。いつもより落ち着いた音で ・・・。

       今日は終戦記念日。正午。

       

       気温が32℃を超えている。

       73年前も、このように暑かったのだろう。

       黙祷を捧げる。

       

       

       頭を上げると、夏空にいっぱいに百日紅が広がっている。

       

       

           

       

       

       その木の下には、夏水仙が揺れている。

       

       

             

       

       

              何事も なきように咲く 夏水仙   知らず

       

       

       暑いだけが不運だという夏、平和の有り難さを伝え、守り続けると言おう。

       

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      米への危惧から
      0

         

         被爆地・長崎の平和祈念式典に参列したグテーレス    

        国連事務総長が演説で、

          名指しは避けながらも、国連加盟国の大半が賛同

         した核兵器禁止条約に背を向けて「使える核」の開発

         をめざすト米政権に向けた強い抗議のメッセージを

         込めた。

         

         米から国連への「圧力」も強まるなか、ニューヨークの国連本部では言いにくいことを、長崎から世界に発信したようにも見える、と伝えられた。毎日

         

         

         

           一方的に離脱を表明したイラン核合意に、米は経済制裁を強めて

          イラン産原油輸出をゼロにすると公表した。(英・仏・独・中・ロがそれ

          に反対する姿勢を強める。6日ウィーンでイラン核合意存続で合意。)

         

           また、トランプ政権がイラン産原油の輸入停止を各国に呼びかけ

          たことに対して、イランはホルムズ海峡の閉鎖を警告した。

         

         

             

              10日イランがホルムズ海峡北部で対艦ミサイル発射実験

         

         

         「核」と「米」が巻き起こすトラブルだ。

         

         

         日本が米に追随していることが問題だ。

         私たちに直接関係するのが石油で、

           イランのカゼンプール・アルデビリ石油輸出国機構(OPEC)理事は、

          トランプ米政権のために原油供給の阻害が起こると原油価格が急騰

          する可能性がある、     と示唆している。時事通信

         

         

             

         

            原油価格の高騰は、ガソリンの値上がりに直結する。

         

         

         国連の危惧をよそに、米の傘の下にいて、米の分まで、冷たい雨を受けることになる。

         

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        翁長知事に突然の訃報
        0

           

           沖縄県知事翁長雄志氏逝去の速報が流れた。

           人にも土地にも関心があるが遠いので、晴天の霹靂だった。

           

            今年5月 膵臓癌公表 

              7月 辺野古埋め立て承認撤回表明

              8月 謝花・富川副知事の職務代行発表

           

           

                2015.4.17

           

           

            

              新基地建設を強行する政府の姿勢を、「とんでもない固さ」、 「本当

             に傍若無人な工事状況」と言っていた。

              「(政府の姿勢に)国民が違和感なく、沖縄に造るのが当たり前だと

             思っていることに憤りを持っている。」と更に力を込めた。

               (強行する政府・容認する国民に対する「怒り」だろう。) 

                                2018.7.27 沖縄タイムズプラス

           

           

             これで、米軍基地は沖縄からなくならないだろう。

             辺野古に移転するだけだろう。

           

           

            那覇市那覇市長4期目途中の14年11月の

           県知事選で、辺野古移設反対を掲げて知事

           に就任した。

            その後も一貫して移設反対を訴え続け、

           安倍政権と激しく対立してきた。

            まだ67歳だった。

            もう一度、こういう人が現れるだろうか。 

           

           

           

           

           

          Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          学力テスト分析いろいろ
          0

             

             文部科学省が「2018年度全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト・4月実施)の結果を発表した。

             地方紙SOONも、栃木県のデータを伝えた。

             

               文科省が公表した平均正答率(整数値)を基に算出した全国順位は、

              毎年調査している小6・中3の国語や算数・数学など8科目で17〜28

              位の中位にランクした。3年ぶりに実施した理科は小6が14位、中3

              が13位。正答率は全国との差が縮小し、ほぼ全国平均並み(総合24位/

              47)となった。

             

             

                  to-do.net より

             

             

             「ほぼ全国平均並み」と片付けられている。

             深刻過ぎるほどに考えることもないが、記事としての表現なのか。

             

             この正答率は公立校のもので、国立・私立校は含まれいない。国立・私立校が多い地域では、実態から離れている可能性があるという受け取り方もある。

             

             

             また、小中とも地域差の縮小が続いているという見出しも見られる。

             全国平均正答数を100とし、上位3県と下位3県の平均を出すと、下位3県の底上げが進んでいるとも言う。

             

             

                   日経など

             

             

             気になる分析が2つある。まず、相関ランキングを見ると非正規雇用率や離婚件数と負の相関があるとする。(児童生徒の意識調査が同時に行われる。)


               非正規労働者や離婚が多いところで正答率が低いことを意味しており

              不安定な家庭が多いところで正答率が低いと言えそうだ。小学6年生と

              中学3年生の正答率からは、中学生の方が家庭環境の影響を受けやすい

              ことが分かる。

             

             

             もう一つは、「新聞の読む頻度を聞いたところ、小学生で6割、中学生では7割が読んでいなかった。新聞を読む頻度が高いほど、国語、算数・数学、理科の平均正答率は高い割合を示した。」

             

             小6・中3では、新聞をほとんど読んでいないように思われる。高校生・大学生だって読んでないのだから。

             「文字を読んで、考える」ことが少なくなっている。だから論理的な思考によらずに、視覚的に答えを導く問いになら、対応できるのだ。

             

             辞典や事典などを使って(スマホで検索だっていい。)文章を読ませようとしているが、なかなか進まない。

             

             

             

             

            Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            タイポグリセミア現象
            0

               

               全国でも「暑いところ」に数えられる茨城県大子町は、私の住んでいるところから東へ15km、車で20分の所にある。

               祖母の妹が住んでいて、夏休みには久慈川畔の花火に案内してくれたり、大洗へ海水浴ら連れて行ってくれたりした。

               

               その「勝代おばちゃん」が亡くなってから10年になるのか。

               生活必需品を買いに行くこともあり、住まいを壊して更地にしてあるが私名義の土地を車から眺めると、それこそ50年も前のことが蘇る。

               

               私が迎えに行くのだが、決まった酒やお菓子を持ってきてくれた。

               その菓子舗が閉店(倒産)した。

               

               

               

                      風景は変わらず

               

               

               

               人の暮らしの常ならんや ・・・。

               

               

               富山県の老舗和菓子屋「中尾清月堂」は、看板商品のどら焼き「清月」を大幅改良し、お知らせを出したところ、10日間の期間中5万9200個のどら焼きを売り上げ、過去最高の販売実績になった、とか。

               

               

               

                     

               

               

               

               文字の順番を入れ替えても正しく読めてしまう文章で広告し、どこが変わったのかをクイズで答えるリニューアルキャンペーンを開催した結果だという。

               

               「タイポグリセミア現象」というらしい。

               

                 みなさまにだいじなおしらせ。このたびなかおせいげつどうが

                ぜったいにばれないように どらやきのリニューアルをおなこいま

                した。

               

               

               これは使えそうだ。

               近隣住民の高齢化、過疎化が進む地域にあっては、難しいだろうが ・・・。

               

               

               

               

              Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              復興五輪は
              0

                 

                 先日、東京五輪・パラ開催まで2年を切ったところで、被災地の反応を聞いたらしい。

                 「復興を成し遂げつつある姿を世界に発信する」を理念とし、岩手、宮城、福島の被災3県での聖火リレーや競技開催が発表されたが、理念が浸透していないとの声は根強い。jiji.com

                 

                 

                     

                      いしのまき復興マラソンのスタート地点に置かれた

                       64年の東京五輪で使われた旧国立競技場の聖火台

                 

                 

                 被災者も冷静だという。福島市の仮設住宅で暮らす人は「復興五輪といっても、東京の五輪。遠い所でやっている感じがする。」と。福島県浪江町から避難している人は、「五輪をきっかけに、復興が進んでいないマイナスの面も知ってほしい。無理して『復興』と名付けなくていいのでは。」と。

                 

                 こんな中で、祭り騒ぎもどうだろう。

                 五輪開催経費を復興に注いでは ・・・。西日本だって。

                 

                 私も被災者だ。生活環境はほとんど修繕できたが、戻らないものもある。

                 私にどうこう言う権利もないが、自然災害については互いに助け合い、人災については政治が最後まで責任をとるべきだ。

                 

                 

                  そういう時、9日間復興相をした松本龍氏が逝去、67歳。

                  震災から4カ月後の11年7月、訪問した宮城県庁の応接室

                 で、遅れた村井嘉浩知事を「客が来るときは自分が入ってか

                 ら客を呼べ。」と怒鳴り上げた。この様子がTVNewsで伝え

                 られると抗議が殺到、復興相就任わずか9日で辞任した。

                 

                 

                 知事に「長幼の序」を行えと言った。

                   旧民主党政権での環境相や復興相を歴任。

                 日本社会党の出発だった。1990年

                 国民のための政治も、昭和も、さらに遠のいている。

                 

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                勢いのない夕立
                0

                   

                   遅ればせながら、夕方になってから雨がぱらはらしてきた。

                   夕立と呼べるほどの勢いがない。

                   雷も一緒ではない。

                   

                   乾いた地面を濡らしはしたが、萎れていた葉っぱを生き返らせるほどの力があるだろうか。

                   

                   

                        

                   

                   

                   ヤツデは大粒の水滴をためている。

                   トレニアは背を低いままに花を付け、地面に顔をつけるかと思われるほどに垂れている。

                   

                   

                   ほんの少しだが、草木も人々も、潤った。

                   (これ以上降ったら、豪雨に遭った西日本の人たちに申し訳ない。)

                   

                   

                   ザアザア降りの夕立は、言葉だけにしておこう。

                   伊藤整の詩「雨が来る前」がいい。

                   

                            ざあっとやって来いよ 夏の雨
                       地上のすべてのものは用意している。
                     
                       山の麓から低くかぶさってしまった雲よ。
                       夏の緑はうす暗い蔭におおわれ
                       物ほしに白いものがかかり
                       燕は黒く曇天の下を飛び交い
                       人は重い頭をして室にいる。

                       降って来いよ 夏の夕立
                       その時 始めて人の目はほっと開かれ
                       草木も葉を そよがせるのだ

                       ざあっとやって来いよ 夏の雨

                   

                       

                   こんな夏の夕暮れは、叶わぬものをきっぱりと諦められていい。

                   

                   

                   

                   

                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  島本理生に直木賞
                  0

                     

                     第159回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が開かれ、直木賞に島本理生の「ファーストラヴ」が選ばれた。

                     

                     「島本理生」が特別に好きだということはない。

                     『ファーストラヴ』が手許にあるわけでもない。

                     

                     理生の作品を何編か読んではいた。

                       『ファーストラヴ』について、「やっぱり」と思う短い書評を読んでいた。

                     だから、何となく嬉しくなったのだろう。

                     

                     

                      手に汗握るミステリー。しかも、島本理生だ

                     からこそ書ける類の。ある夏の日、血まみれの

                     姿で歩いていた女子大生が殺人容疑で逮捕され

                     る。彼女の名前は聖山環菜、包丁で刺され死亡

                     した被害者は彼女の父親で画家の聖山那雄人。

                     だが、奇妙なことに環菜自身が「動機が分から

                     ない。」という。臨床心理士の真壁由紀はこの

                     事件に関するノンフィクションの執筆を依頼さ

                     れ、被告の弁護人となった義弟の庵野迦葉とと

                     もに、環菜や周辺の人々への面談を重ねていく。

                               amazonより

                     

                     

                     直木賞受賞のニュースの見出しは、こうだ。

                     

                           直木賞受賞の島本理生さん、育児しながら執筆活動。「18年

                         来の悲願」と喜び語る

                           「子どもが産まれてから視野が広がったと思います」

                     

                     

                      高校在学中に作家デビュー、                                 

                      芥川賞の候補4回、

                      直木賞の候補2回から 

                      今回、直木賞を射止めた

                    こともあるだろう。

                     

                     

                     受賞コメントに、

                     

                         子どもが産まれてから視野が広がったと思います。これまでは

                        自分一人のために書いていた。家族を支えるというと言いすぎか

                        もしれません。

                     

                     

                     以前の暗さから脱しているだろうことが、嬉しかったのだ。

                     理生は高校在学中に作家デビューするが、初期の作品には「不運な生い立ち」を思わせるところが少なからずあった。

                     ある短編集で森絵都と並んでいたので、「波打ち際の蛍」「君が降る夜」「真綿荘の住人」「リトル・バイ・リトル」「ナラタージュ」などを読み比べた。

                     

                     

                      若い世代の意味の分からない虚無感や怠惰

                     な暮らし方を、なお小さい頃のトラウマが作っ

                     ているようだった。

                      それを生むのが大人生き方で、私自らの責

                     任ある言動を求められているようだった。
                     

                     

                     授賞式での彼女の表情は明るかった。

                     主人の好物や子どもについての質問ににこやかに答えていた。

                     それで、私は嬉しくなったのだろう。

                     

                     

                     

                     

                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    夕立の季節
                    0

                       

                       岐阜県揖斐川町で、39.3 ℃を記録した。今日の全国最高気温。

                       

                       私の所も、34.7 ℃―33.6 ℃―35.0 ℃ の猛暑日になった。

                       梅雨が明けて、こんな暑さが3日も続けば、夕立が来るはずなのに、どうしてしまったのだろう。

                       

                       午後になって、東の方で音はしていた。それでも来ない。

                       雷情報を確認する。

                       

                       

                            16:30

                       

                       

                       私の所から東に約15kmあたりでは、盛んに落雷している。

                       これが西には移動しない。南東に行く道がある。

                       

                       

                          音はする。ぽつぽつと雨も落ちてきたが、静かだ。

                       

                       待った。17時48分、栃木県内に、竜巻注意情報が出た。

                       

                       

                            17:50

                       

                       

                       雨雲情報を見たら、それは期待できなかった。

                       情報の有効期限19:00を待たずして、そんなものは来ない雲行き。

                       

                       

                       雷の多い栃木は返上、かもしれない。

                       自然は長い間に変わり、ここ10年くらいが、その転機なのかもしれない。

                       人の心変わりなんて、小さい、小さい。
                       

                       

                           

                       

                       

                       夕暮れ間近、待っているものは来ない。

                       ここのところなかった黒い、迫力がある入道雲なのに ・・・。

                       暑い、熱帯夜を過ごしていく。

                       

                       

                       

                       

                      Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村