さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
教員多忙どこから
0

     

     文部科学省が、OECD国際教員指導環境調査2018の結果を公表した。

     

     前回13年の第2回調査では、日本の教員の多忙さが注目された。

     今回の結果には、「日本の中学校教員 参加34カ国中で最長勤務」という見出しが付けられた記事が多く掲載されている。

     

     変わりがないということだ。

     

     日本の中学校教員の1週間当たりの勤務時間が53.9時間と参加国・地域の平均38.3時間を大きく上回って最長であったことが報じられている。

     

         

          朝日デジ

     

     

     13年調査以降、日本の教員の多忙さが注目され、学校における働き方改革などの議論につながった。

     そしてその後の取り組みが、学校における働き方改革が実効性を持ったものとなるのか問われながら、日本の教員の多忙さが改善されていないことを端的に示している。

     

       OECDのA・シュライヒャー教育スキル局長は19日、会見(日本向け

      にビデオ中継)で、「子どもたちの学習に直接関係しない仕事を減らし、

      教員同士の連携も進めるべきではないか。」と提言したとか。

       大きなお世話だ。

     

     

     また、学校での仕事に時間をかけているのは、職務に真面目に取り組んでいることと、成績の中下層の児童生徒を何とか引き上げようとする創意工夫をひねり出す・試す時間に相違ない。経験上、間違いないと確信する。

     

     

     それらを否定する記事があるが、断じて正しくはない。

     

         

         

     

     

     これを、「デジタル化」への対応の遅れとしているのがある。

     ― 児童・生徒に情報通信技術(ICT)を活用する活動を頻繁にさせている中学教員の割合は17.9%で、下から2番目の低さ。社会のデジタル化への教育現場の対応が立ち遅れている実態が浮かんだ。― 日本経済新聞

     

     

         

        

     

     当の教育新聞は、結果のみを伝え、分析・対策なしだ。

     大学教授藤川大祐教授千葉大のコメントを載せている。

     

       すでに教員の仕事は「ブラック」と指摘される。

       学校教育の中に閉じて忙しい教員が、新学習指導要領が求める新しい

      教育を創造的に担うのは無理だ。

       「閉じた多忙」から「開かれた創造性」へ。そのためにはまず,大胆な

      予算措置により教員の待遇を改善し、授業時数の大胆削減をすべきだ。

     

     

     学校を離れてみて、一層そう感じる。誰にも聞かれていない。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    難敵ホール
    0

       

       ゴルフコースの難易度は、コースレートの数値などによって分かることが多い。やはりパー72が基準になって、上下で難しさが見える。

       

       実際にコースに出ると、池やバンカーがあったり、コースがうねったり曲がったり、樹が視界を遮ったりしていることがある。

       距離があることが、パーを取るのを邪魔していることが多い。

       

       

       那須野ケ原CCの那須コースNo4は、私のこの頃の難敵だ。

       

       

           

       

       

       距離だけを見ても、難しい。

       このゴルフ場の18ホールを征服するためには、ここでパーを取る確率を高めることが必要だ。

       

       

       ティーングエリアに立つ。

       

           

       

       

       フェアウェイセンター240ydsに大きな松三本あってが、グリーにに向かって打つのが難しくなる。

       グリーンは、左傾斜のさらに左奥にある。1Wの距離をかせぐためには、この傾斜の中腹やや下辺りからフェアウェイに出てくるのを狙う。

       

       

       意識的にプレーすることで、その意図が実現する確率は上がる。

       

       

           

       

       

       2nd位置、グリーンセンターまで185yds。

         左ドックで傾斜を使うと、ここまで来る。

       

       やや打ち上げで、手前に松が2本。

       +15yds で打たないと、松に当たってしまう。   

       

         ボールのところ

         少しだけ 左下がりのつま先下がり。

       

       5Iで何度も松に引っかけてきた。

       どこに打つかを目標を代え、番手を替え、球筋を変えて挑んだ。

       

       半分くらいパーが取れるようになった。

       征服欲のわくホールだ。

       

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      日光の花
      0

         

         地方紙(soonが、日光の花の見頃を伝えている。

         

         

              10日 soon

         

         

         

           奥日光でクリンソウやズミが見頃を迎え、初夏の高地を彩っている。

           中禅寺湖西岸の千手ケ浜では、クリンソウが次々と開花。来訪者は

          木立の中のかれんな花に見入った。

           戦場ケ原では木道や湯川沿いのズミが白い花を咲かせる。緑深まる

          湿原にアクセントを加えている。

         

         

         今年は見逃したと思っていたから、自分の目で確かめようと出かけた。

         自分のように暇な人が多くて、日光の花を見るという高揚感が湧いてこなかった。

         確かに、クリンソウは満開だった。

         

         

               

         

         

         クリンソウはきれいだが、自分が好きではないことをあらためて思った。

         自生するサクラソウ科なのに、大型であったり強そうに見えたりするからか。そういう園芸種に見紛う。

         

         ニホンサクラソウは自生地を減らしているのに、ここのクリンソウは保護活動を受けているから仕方がないのだが。

         

         

         「富士には月見草がよく似合う」、日光にはクリンソウは似合わない。

         

         

         

         さすがに、ズミは過ぎていた。

         戦場ヶ原の湯川に沿って続いているのはきれいだ。

         4月のソメイヨシノの満開を、標高1400mで再び眺める思いだ。

         

         

              ズミ越しに男体山

         

         

         わたしが一番きれいだと思うところは、光徳牧場の入口辺りだ。

         国道に沿っての東側に、三本松茶屋の方から遊歩道がある。

         そこでは、我が身が頭から足から、背中から腹からズミに包まれる。

         

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        香港の春は
        0

           

           香港で大規模なデモ行進があった。9日。

           

           

                朝日デジ

           

           

            刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする香港政府の

           「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模なもの。

            主催した民主派団体は、1997年の香港返還以降、最多の約103万人・

           警察発表24万人が参加。

           

            条例案をめぐり中国政府が香港政府への支持を表明してから初の大型

           で、中国政府に市民が「ノー」を突きつけた形。

           

           

           4日の天安門事件から30年の日、現在でも思想統制が続けられ、民主化が進んでいないことを確認したが、さらにその認識を強くしたところだ。

           

           

               

           

           

           デモ隊は若者だったが、中国本土の民主化を掲げた中高年層も加わり、

          民主派内の各団体が足並みを揃え、SNSなどの駆使しでデモが膨らんだという。デモ隊の一部が暴徒化し、警察と立法会の敷地内などで衝突した。

           

           香港の高度な自治を保障する「一国二制度」が揺らぎ、香港が自由で安全な都市でなくなるとの市民の危機感がある。

           香港は司法制度が確立しているが、中国本土では司法機関が共産党の指導下に置かれているという不安が共有されているという。

           

           香港の春は遠そうだ。確実に前に進んではいるようだが。

           

           

           

           

          Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          練習のジレンマ 1
          0

             

             いつも行っているゴルフ場でのコンペに誘われたので、断る理由はなかった。賞品がいいからと、仲間が組んでくれたのだ。

             参加者150人では、18ホールのゴルフ場は貸し切り状態だとか。主催者の努力には拍手を惜しまない。

             

             ここ那須野ケ原CCは、RT(レギュラーティー)で6300yds余だから決して長いコースではないが、アップダウンに、コース内の樹木と、各種のハザードにカップインが遮られている。

             

             

                  

                   No8 フェアウェイ真ん中に欅が立ちはだかる

             

             

             常時コースのメンテナンスに気遣いがされていることには、プレイの楽しさを感じさせてくれている。

             グリーンは、これも9フィートは維持されているだろうと思うほどに、いい状態が保たれていて、これまた楽しんだり苦しんだりだ。来場が少ない人たちには、難儀の種だろう。

             

             

             この18ホールには、征服意欲が掻き立てられてきた。まだ、満足は得られていない。

             だから、徹底的にやっつけられたり、練習を強いられたりしてきた。

             

             例会などが自分を試す機会になるが、意欲と結果はなかなか意図通りにはならない。

             今日はやや近づいたので、ここに残すことにする。

             

             

                 

             

             

             スコアカードの数字のようにラウンドしてみたいと、それを目標にイメージしたり、練習したりする。

             スポーツとはそういうものだと思って、何の利益もないのに取り組んできた。もうそんな歳ではないだろうと、笑われるかもしれない ・・・。

             

             小さい頃からやっていた野球が、40歳の頃にゴルフに替わって以来だ。

             その競技に対する思いと練習と、深くのめり込むほどにボールを打っている。投げる方が好きだったのだけれど、打つのも意のままに出来ないかとの思いが行ったり来たりしている。

             練習のジレンマだ。

             

             

             

             

            Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            白く夏は来ぬ
            0

               

               卯の花の 匂う垣根に 

               ほととぎす はやも来鳴きて 

               忍び音もらす 夏は来ぬ

               

               初音は聞いていた。

               卯の花などの夏の白い花が、濃くなった緑の中で目立ってきた。

               

               垣根を作るヤマボウシ山法師が、白い波だ。

               

               

                   

               

               

               葉の上に並んでいるが、主張は強すぎず爽やかだ。

               

               

               それら近くの樹に絡みついている白いのが、スイカズラ忍冬だ。

               茎(幹・蔦)こそ周囲に依って伸びて広がっているが、花びらも香りも自らの個性を発揮している。

               どちらも、夏を呼ぶ白い花だ。

               

                   

                    

                            開花から数日で黄色に

              音 

               香りに誘われて花びらを摘まんで口に含むと、自然の甘さ。

               

               開花が夏を迎える頃なのだが、名に「冬」が付いている。常緑性で冬を通して葉を落とさないかららしい。

               因幡晃が唄っている。

               

                    https://youtu.be/qVi2UJrCcUs

               

               

               緑の中だから白が際立って、すがしい。

               

               

               

               

              Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              めだか産卵
              0

                 

                 5月最強暖気の影響で各地で気温が上がり、最高は網走の佐呂間で39.5℃、北海道の観測史上初めての39℃台。

                 

                 年間を通しての北海道の最高気温を更新しただけでなく、5月に観測される気温としては全国でも過去最高の気温。全国の猛暑日53地点。tenki.jp

                 

                 

                       

                 

                 

                 私のめだかにとっては、いい日和になった。

                 気温33℃ max、水温25℃ までいったから。

                 

                 

                 4,5日前、25℃になったあたりで産卵する雌が出てきていた。

                 ここにきて、その様子を確認して卵を別の容器に移した。

                 ホテイアオイの根もとに産み付けるのを食べられないように成魚から離すのだ。

                 

                 

                      

                 

                 

                 楊貴妃ようきひ たち、オレンジ色が濃くなればいいなあ。1匹白いアルビノがいるが、目が黒いのでシロメダカなのか。

                 原種に近く、強いらしい。繁殖力もあるようだ。

                 

                 

                     

                 

                      

                 

                 

                 幹之 みゆき スーパーブルー は、私にとっては F1 だ。

                 力強さがあり、背中が光ってきて頼もしい。 

                 これを増やしたいと思っている。

                 

                 

                 私にとっては、初めて飼ったものの F1で、冬越しをした可愛い奴らだ。

                 玄関前の手水鉢には、これらを混泳させている。

                 

                 

                      

                 

                 

                  まあ、私たちの目を楽しませてくれるからよしとしよう。

                 

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                「ポスドク」を聞く見る
                0

                   

                   「40代、貧困ポスドクの悲哀 時給バイト以下、突然クビ」、こんな見出しの記事に出合った。朝日デジタル '19 5.15

                   

                      教育学で博士号を取得している舞田敏彦さん(42)は、大学で研究

                     職に就くことを望みながらも、安定した職と生活が得られない。

                   

                      5校で非常勤講師、40校以上の大学教員の職に応募したが採用さ

                     れず。方向転換を諭されたが、諦められなかった ・・・。

                      ロスジェネ世代の博士たちは、不安定雇用の壁に苦しんでいる。

                   

                   

                       

                   

                   

                      1990年代の大学院重点化政策で博士が急増。今大学は人件費削減

                     のために常勤が減らし、3人に1人は非常勤講師にしている。

                      非常勤講師の給与は、週1コマ月4回で月収3万円。授業の準備・

                     学生の質問対応で学生アルバイト以下、まるでボランティアだ。

                   

                   

                   かつて、定年間際の私も、こんな事情を知らないままに公立小中学校教員

                  を辞して、古典文学(文学教育)を講じたいと職を探したり応募したりしたが

                  不採用。結局、高校で5年間講師をした。

                   

                   

                   だから 彼も、「大きな研究成果を上げ、将来を期待されていたにもかかわらず、多くの大学に就職を断られて追い詰められた女性が、43歳で自ら命を絶った」という記事を見ていた。西村玲さん,日本思想史、16年2月2日死去。

                   

                   

                                      

                                                                                               

                                                                                               

                                                                    

                   

                           娘の研究資料を眺める父      

                   

                   

                      文科系学問の研究者はとりわけ厳しい立場に置かれている。

                      「博士課程まで進んでしまうと、破滅の道。人材がドブに捨て

                     られている。」と言う人もいる、とあった。同 '19 4.22

                   

                   

                   それまでに費やしてきたものが大きい(と思っている)だけに、見合う職に就きたいという願いの強いことが分かる。

                   

                   もう私の年齢になれば、もう望みはない。

                   論文を書くことは出来ないだろうから、認知症予防のための脳活に、教員免許更新講習を受講しようと思っている。

                   

                   

                   

                   

                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  ちょっと恥ずかしい一点
                  0

                     

                     令和になったと、新しい時代の到来に日本中が喜んでいる。

                     

                     退位の礼の具体的な儀式は、退位当日の2019年(平成31年)4月30日に、

                    退位礼正殿の儀 たいいれいせいでんのぎ が、国事行為として皇居宮殿正殿で

                    行われた。国民がうかれているのは、これによる。

                     

                     

                          無礼をお許し下さい!

                     

                     

                      天皇が剣璽や御璽、国璽を伴って松の間に入場し、ほかに皇后・皇太子

                     徳仁親王をはじめとする皇族、三権の長らが揃い、内閣総理大臣・安倍晋

                     三が天皇の退位があることを報告し、天皇への感謝の意を盛り込んだ

                     「国民代表の辞」を読み上げた後、退位礼正殿の儀に先だって開かれた

                     定例閣議で決定された天皇の「おことば」があった。  

                       

                     

                     この「国民代表の辞」と「おことば」は、奉書の体を成している。

                       ―国民代表の辞―

                       謹んで申し上げます。

                       天皇陛下におかれましては、皇室典範特例法の定めるところにより、

                       本日をもちまして御退位されます。

                       平成の三十年、「内平らかに外成る」との思いの下、私たちは天皇

                       陛下と共に歩みを進めてまいりました。略

                     

                       ―おことば―

                       今日をもち、天皇としての務めを終えることになりました。

                       ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、

                       深く謝意を表します。

                       即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼

                       と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。略

                     

                     

                     

                     問題があった。「退位礼正殿の儀」という歴史的な儀式での、「安倍首相の失言が世間を騒がせた。ミスは誰にでもあるが、それを防ぐ準備は十分だったのか。首相の姿勢が問われる。」とマスコミが大失言だと指摘する。ネット上に動画もある。

                     

                     「国民代表の辞」の終末、

                      「天皇,皇后両陛下には末永くお健やかであらせられますことを願っていません。」

                      ― 「い」に漢字の「已」が書かれていたのか、「いません」と読み上げた。―

                     

                      これでは、国民の大多数の願いとは全く逆だ。

                      ― 動画で確認すると,どうもそのようだ。―

                     

                       
                           


                     文書として公表された「国民代表の辞」には「願ってやみません。」だという。

                     「願ってやまない。」の「やむ」は漢字で「已む」と書かれていたのだろう。

                     この舞台が憲政史上初の儀式だけに、その重要な場で国民を代表し、天皇、皇后両陛下に直接挨拶をするのに、下読みも十分にしなかったなら、怠慢の極み。皇室に対する敬意を欠いていると言われても仕方がない。

                     

                     

                     安倍氏は、17年1月の参議院本会議で蓮舫議員に対し、「訂正でんでんという指摘は全く当たりません。」と答弁しているらしい。これは「云々」を、「伝々」と誤って覚えていたようだ。もし「国民代表の辞」の原稿にひらがなで「願ってやみません。」と書いてあったのに「願っていません。」と言ったのなら、安倍氏は「願ってやまない。」という言葉を知らないほど語彙が乏しいのか ・・・。

                     

                     国民を代表した「未曽有」の失言は、気付かれず、忘れ去られるのか、意図的に無視されるのか。あの、みぞうゆう 。

                     

                     

                     

                     

                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    すでに「危険水域」
                    0

                       

                       質の維持困難な「危険水域」近づく ― こんな見出しに眼が止まった。

                       

                       小学校の教員採用試験の倍率が3.2倍で過去最低となったというのだ。

                       

                       

                           

                       

                       

                       18年度全国公立小学校の教員採用試験の倍率が前年度比0.3p減で7年連続の減少。

                       3倍を切ると質の維持が難しくなると言われ、「危険水域」に近づいている。

                       

                       就職氷河期に公務員が人気だった00年度の12.5倍の4分の1程度に落ち込んでいる。

                       

                            毎日新聞

                       

                       

                       団塊世代の教員の大量退職に伴う採用が増えていることも一因と見られている。

                       学校の多忙などで志望者が減っているという。受験採用世代の働き方への意識も変わりつつあることだろう。

                       

                       

                       質は既に『危険』水域にある。

                       つくり出してきたのは、私たちだ。昭和50年代から、この3月まで「教える」に立場にあったのだから。

                       昭和から平成にかけたあたりの教育施策に誤りがあったに違いない。

                       

                         とりあえず、心づくりを重視しながらも、勉強させないと ・・・。

                       

                       

                       

                       

                       

                      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村