さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
スポーツ界驚く出来事
0

     

     12日、スポーツ界で驚く発表があった。

     

     女子テニスの世界ランク1位大坂なおみが、コーチのサーシャ・バイン氏との契約解消を自身のツイッターで。グランドスラム2大会連続優勝を支えてきた手腕を誇る名コーチとの師弟関係解消したというのだ。

     

                                         

      サーシャとは今後一緒に活動しない。彼の

     仕事に感謝しているし、将来の成功を祈って

     いる、と。

      バイン氏もツイートでリプライ。「ありが

     とうナオミ。僕も、本当に幸運を祈っている。

     なんという道のりだったんだろう。僕を加え

     てくれてありがとう。」と感謝の気持ちを示

     していた。       THE ANSWER

     


     全豪オープンで優勝を果たしたばかりの新女王がよもやの方向転換。豪州メディアは「全豪オープン女王ナオミ・オオサカは2度目のメジャータイトル獲得後、誰も理解できない衝撃の発表を行った。」と報じているとか。

     

       昨季のWTA年間最優秀コーチを受賞したバイン氏。不調に陥った

      選手が環境を変えるためにコーチを変更することはテニス界では、

      珍しくないらしいが、最強を証明した選手とコースの組合せを解消す

      る決断は世界を驚かせただろう。

     

     

     

     もう一つは、競泳女子で来年東京五輪の金メダル候補の池江璃花子が、

    白血病であることを自身のツイッターで告白したこと。

     


                    応援してくださる皆様、関係者の皆様へ
      ご報告があります。この度、体調不良とし                                                         

      てオーストラリアから緊急帰国し検査を受

      けた結果、「白血病」という診断が出まし

      た。私自身、未だに信じられず混乱してい

      る状況です。。
       今後は、少し休養を取り、治療に専念し、

      1日でも早く、またさらに強くなった

      池江璃花子の姿を見せられるよう頑張って

      いきたいと思います。これからも温かく見

      守っていただけると嬉しいです。日刊スポ


     池江は先月18日から約3週間の予定でオーストラリア合宿に出発。今月7日までの予定だったオーストラリア合宿を途中で切り上げて帰国していた。

       昨夏のジャカルタ・アジア大会では日本勢最多6冠で、女子初の大会

      MVPに選出された。現在、個人種目12個とリレー種目9個、計21種目の

      日本記録を保持している。

     

     

     今のトレーニングと大会出場を続けられないのは残念だ。

     周囲の人たちの励ましなどで最も悲しく感じたのは、お祖母ちゃんが苦しい胸の内を明かしたものだ。

     

       「オーストラリア合宿の前、1月2日に家族全員がうちに集まってくれ

      ました。孫も5人が来てくれて、わいわい騒いでくれました。アジア大会

      のメダルを持ってきてくれたので、家族全員で代わる代わるかけたりし

      ましたね。」

       「水泳なんてやんなくていいから、とにかく長生きしてほしい。私よ

      り先に逝っちゃうなんて、いやだから、とにかく長生きしてほしいです。

      生きてさえいれば、私は……。生きてください。私が死ぬ前に死んでほ

      しくない。私だって80歳なんだから。」週刊新潮WEB

     

     

     スポーツでは偶然の悪戯が、こんなふうに出てきてしまうのが悲しい。

     お祖母ちゃんの悲しみに、涙を禁じ得ない。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    雪に包まれた列島
    0

       

       さすが今季一番の寒波。

       ここも、春が立ってからの本格的な雪になった。

       まだ5cm、夜8時ぐらいまでは降る予報だ。

       

       

            玄関前17:05

       

       

       弱く降り続く。あと、このくらいは降るのだろう。

       仕方ない。これまで降らなかったから。

       夕方からの予定をキャンセルした。山の中に住んでいると謝った。

       

       今日の最高気温は、プラス1℃ そこそこだった。

       降って、融けた雪がポタポタ音を立てていたが、どうも静かになったところをみると、それが凍り始めたようだ。

       逃げるように、雨戸をしっかりと閉めて、炬燵で丸くなる。

       

       

       

       ニュースで、  雪景色に映える「 桜 」を観た。

       「冬に咲く桜」という見出しだった弘前公園。Yahoo News !

       

       

            KYODO

       

       

       桜の名所で知られる青森県弘前市の弘前公園で、「冬に咲くさくらライトアップ」が開催中。枝に積もった雪にピンク色の照明を当て、桜の花に見立てるイベント。このところの積雪で見頃を迎え、9日は厳しい寒さの中、観光客らが幻想的な光景を写真に収めていた、と。

       

         外堀の一角に、約500mに渡ってLEDやハロゲン灯の投光器を設置。

        市民らでつくる実行委員会が、クラウドファンディングなどで工事費や

        電気代を捻出。28日までの午後4〜10時に、本物が見られるらしい。

       

       

       観たような気になってしまった。

       寒くて動けない。そこへ行ったならば、本当にきれいなのだろう。

       

       明日の朝、庭の桃の木の雪は、この桜のようにきれいだろう。

       

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      マスク風景の拡がり
      0

         

         立春が過ぎても、気温の変化が続いている。

         すぐに暖かくなるとは思っていないが、身体には応えていることだろう。

         「食事」や「睡眠」を意識して、規則正しい生活をするのみだ。

         

         気温が上がった日、上着を脱いで歩いている。

         

              

         

         横断歩道の向こうから渡ってくる人たち。

         マスクだらけの風景に出合う。私には異様に映る。

         

         そうか、インフルエンザ対策か。

         いっこうに治まる気配が見えないからね。学校でも、学級閉鎖等も頻繁に起こって減らない。

         

         私には異様に映る。

         向かって来るのが大勢だからだろうか。

         対面して何かをしている訳ではないが、その大勢、対一に感じるから。

         

         

         

            市役所の窓口で「マスクなし対応」で市民と応対 

                                 という記事を見た。

               青森県むつ市 特別の事情がないかぎり

         

                 朝日デジ

         

         健康上の理由などからマスクをつけざるをえない場合もありだそうだ。

         

         マスクをしていると、表情が見えづらく不快な印象を与えたり、会話の内容が十分に伝わらなかったりするだろう。

         あの使い捨てマスクは便利なようで、有り難迷惑だ。私には。

         

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        梅原猛逝く
        0

           

            通説を覆す独創的な論は「梅原古代学」と呼

          ばれ日本古代史に大胆な仮説を展開した哲学者

          の梅原猛さんが死去した。93歳だった。

           

           72年に奈良・法隆寺は聖徳太子の怨霊を鎮める

          ために建てられたとする「隠された十字架―法隆

          寺論」、73年には万葉歌人の柿本人麻呂は流刑死

          したとする「水底(みなそこ)の歌―柿本人麿論」

          を刊行した。

           

           

           梅原猛が「歴史学」の人だと思っていたから、著書などに触れるのが遅くなった。

           「九条の会」の「呼びかけ人」として名を連ねていると分かったのが初めだった。(大江健三郎と澤地久枝の外7人は、故人になってしまった。 井上ひさし 奥平康弘 小田実 加藤周一 鶴見俊介 三木睦子)

           

           

           私が最も強く「梅原猛」を意識したのは、『美と倫理の矛盾』に出合った時からだった。

           これは昭和52年の出版だが、読んだのはそのちょっと後、50年代の後半だったろう。

           

           

           

           タイトルに惹き付けられ、単純に「美」と「倫

           理」とは、互いに矛盾する立場にあると言うのか

           と思った。

            ただ、「美しいもの・事」は、「倫理」を越えて

           いるところにある。不道徳でいい。― そんなこと

           を薦める論なのかとだけ思っていたのだ。

             
           

           

              これを最も端的に言えば、「川端康成論」だった。

              少年時代から川端康成を読んでいた作者が、思索の道を選ぶことに

             なった川端文学のとの出会いと語る。

              川端の自殺の訳を、共感を込めて「仏界入り易く、魔界入り難し」

             をキーワードに、彼の作品の変遷・変容に追究した川端康成論だった。

           

           

           私がその頃読み始めた渡辺淳一が、川端を広く深く読んでいたというのが、これらを読むきっかけになっていた。

           埃だらけの本の中から『みずうみ』や『十六歳の日記』などを探すことになるだろう。

           

           

           

           

          Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          西回りの寒気
          0

             

             雨や雪が降らないで乾燥しているために、インフルエンザが猛威を振るっている太平洋側。

             日本海側や東北北部では、寒冷前線通過のたびに強い冬型で、猛吹雪からワイトアウトや車の立ち往生に襲われた。

             

             今夕の天気予報は、

               週末は非常に強い寒気(上空約5000mで−36℃以下)が西日本・東日本

              の上空まで南下し,東日本や西日本を中心に大荒れのおそれが出てきた。

               東海や近畿、四国など太平洋側でも雪の降るところがあり、新幹線や

              高速道路などの交通機関に影響が出るおそれがある。

               関東南部でも雪が降りそうだ。tenki.jp

             

             

                   

             

             

               「西回りで寒気」と呼ばれる強い寒気が、流れ込むという。

             

                )椽K棉上空5000メートル付近氷点下36度

                寒気は今夜から27日(日)にかけて比較的長い

                6甬λ棉瑤ら山陰は大雪、九州・四国の太平洋側も雪

                       
             関東の平野部でも降るだろうと予想されている。

             この冬はまだ本格的な雪はまだだから、いよいよ来るのか。

             

             

                   

             

             

             2時に、降っている。

             3時間ぐらいで過ぎてしまうらしい。

             

             

             

             

            Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            イメージ戻ったか
            0

               

               日曜日のゴルフ、スコアを気にしたゴルフは久し振り。

               ただ「寒い」が、1月が年の切替で、新たなスタートなので仕方がない。

               

               それでも、健康面を初め、心配事が一切ない解き放たれた今を、ゴルフに対せることは幸せなことだと実感する。

               

               

                    ぽかぽか陽気

               

               

               天気まで味方している。10℃を超え、弱い東風1,2m ・・・。

               

               

               19年は、昨年の獲得ポイントで土日が安くプレー出来るので、このゴルフ場の日曜月例に参加したのだ。

               所属するゴルフ場は二つあるが、半分以下のブレ―フィーは魅力だ。

               

               

               冬のゴルフとはいえ、ここ(那須野ケ原CC)で、HC7(12月に6.1にしてくれた。)なら、±0でプレイすることは、それほど難しいことではないと思った。冬の凍ったグリーンが敵だった。

               

               

                    

               

               

               あの地震の後のブランクを経て、昨夏に調子を戻してはいたが、まだ昔のイメージまでには、もう少し時間が必要なようだ。

               練習をしなさい、ということだ。

               

               

               OUT・INとも、ボギー、ボギー、ボギーで、自らにリーチをかけながら、38・39で回ったのは上出来だった。

               この間、もう少し易しいクラブに替えようかと真剣に考えたが、ちょっと後になりそうだ。

               7つのミス、2つのバーディーで、満足してはならないが ・・・。19年のいいスタート。

               

               

               

               

              Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              忖度再開
              0

                 

                 米軍普天間飛行場の辺野古への移設計画で、NHK番組で、

                 

                  安倍首相が、「土砂投入にあたって、あそこのサンゴは移している。」

                  と発言したことに対し、

                 

                  沖縄県が、不正確だと反発している。

                  玉城知事は、ツイッターで「現実はそうなっていない。」と指摘した。

                 

                                  

                 移設計画にどう県民の理解を得て      

                い くか、との質問に「絶滅危惧種が

                砂浜に存在していたが、砂をさらっ

                て別の浜に移していくという環境の

                負担をなるべく抑える努力もしなが

                ら行っている。」とも言ったと。

                       Yahoo! News

                 

                 

                 

                 

                   首相の言う「あそこ」の具体的な場所は不明。沖縄防衛局が移植

                  したのは、埋め立て予定海域ではあるが、昨年12月に土砂投入を始

                  めた区域ではない場所にあった絶滅危惧種のオキナワハマサンゴだ

                  としている。

                 

                   沖縄防衛局が移植対象としているのは、直径1mより大きいサン

                  ゴと一部の小型サンゴで、この土砂投入区域には存在していない、

                  という立場をとっている。

                 

                 

                 ! この首相の一部事実と異なる発言をしたこともさることながら、「嘘の発言を正すことも批判することもなく、そのまま報道したNHKの報道機関としての在り方が厳しく問われている。

                 

                 

                 沖縄県民はじめ多くの反対を無視して安倍政権が強行した土砂投入の映像は延々と流すNHK、新基地建設を既成事実化したい安倍政権への忖度と受け取られる。。

                 揚げ句の果てに、「沖縄県と政府の対立は、さらに激化は避けられない情勢」などと「中立」を装うコメントをするに至って、メディアの資格が問われざるを得ない。

                 

                 

                     

                 

                 

                 嘘の答弁の垂れ流し、文書改竄、自殺者を出した首相への「忖度」、その新たなラウンドがスタート、進んでいる。

                 

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                これ似てないか
                0

                   

                    I am innocent.

                   

                    I imitate a inoshishi.

                   

                   最近耳にした言葉(文)だ。

                   どこか、似たように感じるのは、英語に慣れていないせいか。

                   

                                              

                   「私は、無実です。」と言ったのは、あのゴーン

                  容疑者だ。

                   公開の法廷での意見陳述で、「捜査機関からの容

                  疑はいわれのないものであることを明らかにしたい。」

                  と述べ、こう無罪を主張したという。

                   

                   

                   「私は猪を手本に政治運営をする。」安倍首相。

                   正しくは、「本年はイノシシのようなスピード感と、しなやかさを兼ね備えながら、政権運営に当たっていきたい。」だ。

                   

                   

                    伊勢神宮を参拝した後の記者会見で、今年の干支

                   の亥を手本に政局を乗り切っていく意向を強調した

                   言葉だ。

                    勿論日本語だから似て聞こえる筈などない。

                    ただ、亥にスピード感はあっても、しなやかさは

                   持っていないだろうと思われるが ・・・。

                   

                   

                   「政治運営をする」は、政府や自民党・与党を上手く丸める、ではないか。「政局を乗り切る」は、野党の追及を乗り越える、ではないだろうか。

                   

                   そういうときは、イノシシのようにスピード感を持ってきただろう。のらりくらりとしなやかにかわしてきただろう。

                   

                   

                              やっぱり、同じようには聞こえないかな。

                   

                   

                   

                   

                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  水分不足ではないのか
                  0

                     

                     お屠蘇に、お節に、雑煮と、肝臓や胃腸が参っていたか、年明け早々に、大便秘を起こしてしまった。

                     「出そうで出ない」から、夜をまたいで20時間もかかって、やっと出た。

                     

                     

                         

                     

                     

                     直腸から出口あたりに、相当詰まっているようだ。

                     むっつり感ときゅうくつ感で、重いんだか痛いんだか ・・・。

                     慌ててヨーグルトを食べた。スムージーを飲んだ。蜜柑を食べた。清涼飲料水を飲んだ。味噌汁を飲んだ。しかし、すぐには効果がなく、苦しかった。もう二度とあんなのはいやだと思い出す。

                     

                     

                     正月で食生活が変わっていたせいか、酒の飲み過ぎか。

                     日頃から野菜や果物を食べるようにした来たつもりだったのに。

                     

                     

                                

                     

                     

                     空気が乾燥していて、水分を摂る量が少なく、身体も水分不足になっていたのか。

                     

                     毎朝の測定では、55% 台(身体の水分量)で、標準をクリアしてきた。

                     

                       ただ、この日はゴルフで外で活動した。昼酒を少々呑んだ。

                     

                     

                     昨夜の呑みすぎと、この昼のアルコールが原因ではないかと考えた。

                     

                     

                          

                     

                     

                     体内に取り込んだアルコールを分解するために、身体が持っていた水分が使われ、放出した水分とで脱水症状になり、大便秘を起こしたのではないかだ。

                     

                     

                     アルコール計算機〜分解時間と血中濃度 (二日酔い予防と対策) というアプリがある。

                        二日酔いを防ぐために、翌日に影響しないアルコール量や、

                       アルコールの分解時間、血中アルコール濃度、就寝前の必要

                       水分量の簡易的な計算ができる。

                     

                     私の想像の答えにはなっていないが、多分これだったと思う。

                     5%に割った焼酎を250ml×2杯呑んだら、水を500mlは飲んでおけとあった。

                     

                     それは突然やって来たようだが違うだろう。忘れず、呑もう。

                     

                     

                     

                     

                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    穏やかな出発
                    0

                       

                       

                       予想に反して、東の空にも雲が流れていた。

                       

                       明るくなり始めて、昇ってくる当たりに集中する。

                       

                       

                            

                       

                       

                       その瞬間は突然やって来て、急ぎ足で去って行く。

                       待ち焦がれた鼓動が、まだ続いているのを感じる。

                       

                       

                        好運の瞬きを捉えることが出来たか。

                        今年が、こんな安らかな年であらんことを念ずる。

                            静かなれど猛進すれば、「それ」与えむ。

                           

                       

                       

                       

                       

                      Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村