さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
失意大田原マラソン
0

     

     4度目の挑戦の大田原マラソン。

     大会の4時間制限と自らのサブ4が重なる分かりやすい大会だ。

     

     長い距離を走り始めた2009年に初出場して、第4関門で打ち切り。

     翌10年にサブ4達成。3時間58分19秒。

     4年のブランク後、3度目の16年も第4関門で打ち切り。

     4度の今年17年は、何と第2関門(23.7km)で打ち切りにあう。

     

     

     やはり練習不足だったようだ。

     そして、シニアの素人には、厳しい天候だった。

     

     

         

     

         10:00スタート

         9.0℃ 雨2.5mm 風N2.0m

     

     ゼッケンを付けたTシャツの下に合羽を着てスタートした。

     

     オーバーペースだけを注意して走った。

     最短のインコースをとって走ると、後方スタートの分の2分程度は、4kmまでには5分25秒/km位までには上がり、50秒まで落とすのには楽だった。

     4つの関門をぎりぎりで通過することが、私にサブ4を達成させることだと考え、中間点過ぎの後半に5分41秒/kmで走るだけのスタミナを温存して走る「勇気」持つことだとしていた。

     

     

     多分5分30〜40秒/km位で走っているだろうと第2関門に来た。

     突然のゲート。打ち切りに合う。

     

     

      ショック。もう走れない。

      たった1分15秒。されど、75秒。

     

      ずっと時計でラップを確認しながら

     走っていたが、計算違いをしていたの

     に気が付いた。時計は、そこまでの所

     要時間を表示するが、関門通過の限度

     を超えていると思って確かめなかった

    中間点に大型の表示時計がないのは不親切

     

     

     計算違いは、実際にスタートラインを通過し混雑が解消するまでの時間と、トイレの時間だった。合羽を脱いで後で持ちに来ようとは暢気すぎた。

     時計の5分20〜40秒/kmを確認して、30kmにスタミナを温存する作戦は、まんまと失敗したのだ。

      スタート1,2kmが、6'21"と5'58"。15km,16kmが5'53",6'35"。  

     

     

     7月の函館から、北海道、田沢湖、長井と走ってきた。記録はあまり縮まってはいない。もう限界なのかもしれない。

     大田原の4時間制限はきついが、「50歳代」とか、「60歳の部」などと区切らず一般男子としてシニアにも真剣に取り組ませている。口惜しくて、リベンジをと思わずにはいられない。

     

        今季のエントリーに、12月の「はが路マラソン」残っている。

        応援してくる人たちに、いい報告が出来るまで走ることにする。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    敷きもみじの中を走る
    0

       

       ちょっとした挑戦まで残すところ2日。

       迷っているより走ってみた。

       

       敷きもみじの中を走った。

       燃えるようなもみじの中には、望まぬ軽快さがあった。

       

       

           

       

       

       何度も何度も、このもみじの脇を下を通り抜けた。

       時も合っていたのか、夕日に映えて「極上」のもみじだった。

       

       そのせいか私の足も、いつもより軽かった。

       

       

            

       

       

       週日の夕暮れ前、7,8分ごとに1時間、この「錦繍」に包まれた。

       ほとんど独り占めだった。何という贅沢だったろう。

       

       

       明日、1日を残している。

       これに値する程の風景の中を走ることが、出来るだろうか。

       1時間、10kmそこそこだ。        

                                              

       

       

       木々の向こうで大きくなって、

       山の端に沈もうとしている太陽は、

       私を応援してくれているように見える。

       

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      寒くなったと思うころ
      0

         

         寒くなっている。確実に気温が下がってきている。

         日照時間が短くなっているせいだ。太陽の周りを回る地球の動きがどうの ・・・という問題なのだろうが、また冬に向かっているというだけだ。

         

         秋の日はつるべ落とし。

         立冬を10日過ぎた日。日没は午後4時31分。冬至直前まで毎日1,2分ずつ早くなっていく。

         

         

             

         

         

         感慨はなくていいのだろう。

         苦難や懊悩の少ない穏やかな日々がこのように暮れれば。

         

         

         

         この頃の夜は冷える。

         外に出て、空を見上げてみる

         

         あの柄杓ひしゃくの星の連なりが見える。

         

         

              

         

         

         夜半、ちょうど縦に並ぶ。 

         

         冴え冴えと澄み渡って、星々が空いっぱいにきらめいている。

         こんな和歌があった。

         

             かささぎの 渡せる橋に おく霜の

           
               白きを見れば 夜ぞ更けにける
                                 中納言家持『新古今集』冬・620


           七夕の日、牽牛と織姫を逢わせるために、かささぎが翼を連ねて
          渡したという橋ーー天の川にちらばる霜のようにさえざえとした星
          の群れの白さを見ていると、夜もふけたのだなあと感じてしまう。
              ーおく霜の 白きを見ればー
               「霜」は、「天上に散らばる星」のたとえ。
              

         

         夜は、静かで寒い。

         

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        ゴルフ場で森林浴セラピーは可能か
        0

           

           緑の中に暮らしている。「森林浴」のセラピー効果を期待したりしないほどの山間に住んでいる。

           

           仕事を止めたばかりだから何のストレスもない。

           運動好きなのに悪玉コレステロール値が高く、胆嚢に成長しないポリープが3個あるが ・・・。

           

           「文武両道」と言ってきたが武ばかりで、ゴルフをしたりランニングをしたりが、暮らしの66%、三分の二になっている。

           「森林浴」をしているごとくの「緑の中の暮らし」の中で、ただ健康で、誰にも迷惑をかけないで年老いていきたいと願うばかりだ。

           

           

           ゴルフ場に行っても、こういう状況が生まれる。

           

           

                

           

           

           コースの真ん中にある欅の木。

           下から見上げると気持ちが落ち着く。

           フィトンチッドが降っている信じられる。

           森林浴の効果は、科学的なものより精神的なものが大きいといわれてきた。マイナスイオンを含む空気を体内の取り込むことで、脳内がα波の状態になりリラックス効果があるとか。

           

           さらに、 自律神経の調整する。抗がんタンパク質が増加する。NK細胞を活性化免疫機能を上げる。

           

           

           森林浴の後に温泉につかると効果が高まる言われている。

           このゴルフ場では、プレー後に温泉入浴を付けてくれている。

           

           

                 露天風呂

           

           

           付帯ホテルの天然温泉には、木々に囲まれた露天風呂がある。

           温泉の成分のみによってのみ、その効用を確定することは難しいらしいが、末梢血管の拡張作用、体表面の殺菌、保温効果などは間違いないらしい。

           

           先ほどのミスショットも、何もかも忘れて、ゆっくり温泉につかる。

           HSP効果(ヒートショックプロテインの増加で細胞内たんぱく質の修復)と、NK活性化(免疫のナチュラルキラー細胞の活性維持)の相乗効果を享受しているように思う。

           

           

           

           

          Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          改憲進むか
          0

             

             文化の日は祝日だが、今の私には、いつもと同じ休日だ。

             明治天皇在位の時代から1947年(昭22)まで、明治天皇の誕生日(天長節・明治節)として祝わってきたからだという。

             

             そして、46年(昭21)に日本国憲法が公布された日で、日本国憲法が平和と文化の重視から、48年(昭23)に公布・施行された祝日法で「文化の日」と定められた。施行が公布半年後の5月3日だから、この日が憲法記念日。(Wiki.)

             

             

             だから、この日ぐらい憲法について考えなければならないだろう。

             

             

                  憲法改正反対集会

             

             

             先の第48回衆院選で、自民,公明両党の獲得議席が自民党の追加公認も含めて310議席となり、改憲発議に必要な3分の2に達した。

             そして、憲法改正を公約の柱の一つに据えていただけに、安倍首相は早速「与野党にかかわらず、幅広い合意形成をする。」と改憲に意欲を見せた。

             

             第四次安倍内閣の結束は強そうだ。小泉進次郎議員のような人も少ないだろう。

             9月憲法9条に自衛隊を明記するとした首相の意志は現実化に向かう。

             

             

             国民は、安倍首相の下での憲法改正をどう思っているか。

             共同通信が、全国緊急電話世論調査を実施した。(11/1,2)

             

              内閣支持率   支持 49.5% ←→ 不支持 38.3%

             

              憲法9条への

              自衛隊明記   支持 38.3% ←→ 不支持 52.6%

             

               

                 

                 栃木県のデータ

                  全国値に対して保守的のようだ。

             

             その衆院選の小選挙区での当選者所属党そのものだ。

             

             

             これに対して栃木県においては、市民団体(戦争法の廃止と立憲主義の回復を求める県民ネットワーク)が講演会を開いた。

               「STOP!戦争への道 栃木県民集会」  11/3県総合文化セ

               講師 水島朝穂 早大教授 (現行9条の重要性と自衛隊の存在を憲法に

                           明記する「加憲」の危険性を指摘)soonによる

             

             「教育の無償化」によって、平和な日本を持ち続けようという国民を育て続けてくれればいいのだが。セクハラ、暴言、不倫、居眠り、椅子取りゲームに現を抜かす国会議員では危ない。

             

             国民投票という関所を生かすためにも、考える国民でありたい。

             

             

             

             

            Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            曇でも酒が旨い
            0

               

               十三夜も、曇ってしまった。

               

               

                    

               

               

               特別は何もなく、月を観て季節を感じながら「うまい」酒でも呑もうというだけだ。

               

               

                酒は、日本酒だ。

               

               

                 純米吟醸 天鷹辛口純吟

                 

                優しい「酒」の香り。淡麗辛口でありながら

               コクのある円やかな味わい。

                  

                 原料米・五百万石 精米歩合・55%精米

                 アルコール 15度

               

                地元大田原市の天鷹酒造      

                 天鷹の酒は、有機日本酒米と麹のみでつ

                くられている。有機米だから、甘みと旨み

                そして優しさが生きている。(HPによる)

               

               

               思いつきで、つまみがない。

               この間長井で貰った「山形の芋煮」があった。丁度いい。

               

                      丼に空けて温める。      

                 

               ピッタリだ。美味い。

               マラソンを完走したときのはもっと美味かった。芋などの具が大きいんだ。 
               

               芋は十五夜に供えるもの。

               十三夜は、「栗名月」や「豆名月」と呼ばれる。

               

               

                豆を供えて、マメに暮らすのを誓おう。

                

                酒が、旨い。

                飲み過ぎ警報が出た。

               

               

               

               

               

              Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              日本の核条約対応ハテナ
              0

                 

                 今朝のニュースの一番は、「日本の核廃絶決議案に不満相次ぐ」だった。

                 

                 

                      27日国連総会の第1委員会(軍縮問題)で、日本の

                     24年連続で核兵器の廃絶を呼びかける決議案提出に、

                     これまでより後退したとして支持する国が減り、唯一

                     の戦争被爆国として核軍縮を主導するとしてきた日本

                     の姿勢が改めて問われることになった。

                 

                      採決の結果、167か国が賛成した去年の決議と比べ、

                     核軍縮への取り組みが後退したとして、23か国が反対

                     や棄権に回ったものと見られる。(賛成144か国)

                 

                 

                      

                 

                 

                 昼頃まで、このニュースがよく分かっていなかった。

                 7月の「核兵器禁止条約に署名しない」としていたことだと、勘違いしていたのだ。

                 

                 

                      この条約は、3月から核兵器を持たない120を超える

                     国々が交渉して作られたもの。(7月の)採決で圧倒的な

                     多数の賛成で採択された。

                 

                     雨 ここで何と、日本の政府は、アメリカなどの核兵器

                      の保有国とともに条約作りの動きに反対し、今後も署

                      名することはないとした。

                 

                 

                      

                 

                 

                       反対したのは、米・露など核保有国、独などのNATO

                      加盟国、そして米傘下の日本などの38ヵ国だった。

                 

                 

                 これが、核廃絶決議案に賛成した国が減少した理由だろう。

                 

                 

                 被爆国の日本が、核兵器を禁止する条約に反対の姿勢をとるのか。

                   核開発を続ける北朝鮮の脅威。

                   日本が同盟国米の核の傘の下にあること、としている。

                 

                 

                 NPT(核拡散防止)の形骸化を食い止めるために、禁止条約を上回るような核軍縮の機運を高める意欲はなさそうだ。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                天候不順に負けている
                0

                   

                   秋雨と台風が去った。

                   晴れたのは、その午後だけ。雨がぱらつき、1ヶ月先ぐらいの気温の日が続いている。

                   

                   どうも、もっと前へという意欲が出ないのは、この天候のせいだ。

                   些細な気がかりはあるが、健康を害するほどではない。

                   ゴルフ仲間が感染症や腰痛で、ラウンドにストップがかかっているのとは違う。

                   

                   選挙は国でも地方でも期待外れだった。消費税が10%になってしまう。やっぱりそうだったか ・・・だが。

                   

                   

                         街頭演説に注目

                   

                   

                   気温が下がったからだ。 

                   あの気象環境の変化に対して、(生命を維持するために)最も適合した体制を自らの内部に形成していく「適応」(「順応」)を始めてしまったのか。私の脳の命令なしに。

                   

                     台風や低気圧が通過する時、しばしば人の神経を過敏にするという。

                     22号が来ないうちに、何とか立て直さなければならない。

                   

                   

                   この間、「身体のリズムを整え方」に、

                      1 朝日を浴びる 2 朝食・・・ 3 一日三食 4 入浴・・・ 5 ・・・睡眠

                  と確認したばかりだ。

                   

                        

                         早朝ランで

                   

                   

                   日の出が遅くなって時間が合わない。

                   10℃を切って、朝は走らない。

                   

                   肉を食べて、雲の下でも走って、ゴルフに行こう。

                   

                   

                   

                   

                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  身体をシャープに
                  0

                     

                     仕事を辞してから半年になる。

                     文武両道を旨としてきたが、武いや遊のみの生活になっている。

                     (死すまで文も求めなければならないと模索中ではある。)

                     

                     

                     その遊のマラソンとゴルフのために、それらによって健康を害しないよう、しかも有りったけの成果が出せるようにと奮闘している。

                     

                     

                            

                     

                     

                     体重を減らして軽やかに42.195kmを走りたいとすれば、ティーショットのドライバーは225ydsしか飛ばないジレンマに陥った。

                     

                     

                     身体の切れを求めるのには成功しているのだが ・・・。

                     機会ある限りヘルスメーターで体重から管理している。

                     2つ目の項目が「体脂肪率」。毎日の測定値は、18.1(運動後)〜19.3(起床時)/標準22〜26%で、シニア・プチ・アスリートなら許せる数値か。(水分量・筋肉量・基礎代謝量・骨量等の測定してくれる。)

                     

                     

                     

                     この「体脂肪率」の話題で、

                       仏ルーブル美術館所蔵のギリシャ彫刻の傑作「ミロのビーナス」の体脂肪率を、(ビーナスが発見されたミロス島の現代女性のデータと、ビーナスの身長とプロポーションを加味して) タニタが推定したら、27.8%だったという。

                     

                     

                          

                     

                     

                        あの優美なボディーラインを作るには、やはり適度な脂肪と

                             筋肉が必要なのだということか(実際は大理石)。

                     

                     

                     60歳を過ぎて、164cm60kgの小さな身体で、「武」を為そうと目論んでいる。身体は、拒んでいないようだ。

                     「文」で、自らの中でもう一花咲かすべきだとも思う面もある。

                     止められるものは何もない。

                     

                     

                     

                     

                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    長井でなぜダウン
                    0

                       

                       

                       長井マラソンから帰って一日半、まだ心も身体も痛い。

                       

                       大田原マラソンの前月には長井と決めていた。

                       そして、比較的平らなコースだということで、大田原への試しの意味を込めていた。

                       結果は自らへの期待を裏切る4時間39分09秒(6'36"/km)だった。

                       

                       

                       序盤からサブ4を意識して、5'41"/kmだけは維持して走りたいと思っていたが、やっぱりオーバーペースになってしまったようだ。

                       

                        

                             気温12.5℃

                       

                       

                       800人ぐらいのスタート、中間あたりで出た。

                       1km、2kmとペースを確かめた。ちょっと速すぎる。ハーフの選手も同時にスタートしていた。

                       

                       次のためにはいいだろうと、足に任せた。

                       ハーフを2周するコースの11〜14kmと31〜33kmに、高低差30mの上りがあるのだけはチェックしていた。

                       「30kmの壁」にやられたという感じだ。    

                       

                       

                             7.02函館   8.27北海道   9.17田沢湖 10.15長井

                        0  4°32'42"   4°22'41"   4°32'44"   4°39'09"

                        |

                        10    60'05"           60'22"           57'39"          54'50"

                        |

                        20        59'05"           60'04"           59'11"          58'30"

                        |

                        30        62'54"           61'08"           63'51"          61'20"(5'49")

                        |

                        40        73'42"           62'06"           74'50"          84'01"

                        |

                        42.195    17'16"           14'11"           17'13"          17'41"

                                        グロス時

                       

                       

                       時計がペースを管理してくれていた筈だから、もっと心に余裕を持って走るべきだ。

                       30km過ぎのペースダウンが心配で、前半で自分にとっては速すぎるベースで走ってしまっている。費やしたエネルギーは、それぞれ2950〜2990kcalでほとんど変わらない。

                       

                       

                            

                       

                       

                       30kmまで5分49秒(1km)で来ていたのに、いくらここから上りだからといって8分台に落ちるとは情けない。

                       もう止まりそうだった。歩いた方が速かったかもしれない。

                       給水で、スポーツドリンクとあんパンを3回摂った。

                       

                       ただ今回違ったのは、すでに膝がわらっていた。腰に痛みが出て、上半身と下半身をつなげていないようだった。骨盤が、左右の脚を前方に絞り出さなかった。ちょうど、マリオネットのようにゆっくりと足を運んでいるだけだった。

                       

                          今季最大の痛みだった。「途中棄権」が何度も頭をよぎった。

                          北海道は暑く、田沢湖も辛かったが、どこ楽しかったのに。

                       

                           

                            

                       

                       

                       

                       長井まで3週間、併行してやっているゴルフでも上手くいかなかった。

                       どっちも、頭の中でつくりだしてしまう悪いイメージを持ったままやっているからかもしれない。

                       コースで速く走れない分、早朝の東北道をTTで思い切り走れたのが楽しかった。

                       

                       目標の、4時間制限の大田原マラソンまで38日。

                       ちょっと長い距離を練習して、挑むことにする。

                       

                       

                       

                       

                      Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村