さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
無償化は安いか
0

     

      政府が、教育無償化などを盛り込んだ2兆円規模の経済政策パッケージの閣議決定を発表した。

     

     【幼児教育の無償化】19年4月から一部、20年4月から全面実施

      ○0〜2歳児は住民税非課税世帯を無償化

      ○3〜5歳児の幼稚園 保育所 認定こども園費用を全無償化

       【私立高校の無償化】20年度までに年収590万円未満で実質無償化

       【大学の無償化】低所得世帯に限定し20年4月から実施
      ○住民税非課税世帯の学生は国立大授業料を免除○私立大は一定額を

          加算した額まで免除○短大 高専、専門学校も対象入学金も免除

          ○低所得世帯学生の支援を段階的に実施その他詳細略

     

     

                                 

     

     教育の無償化は、政治的な色合いから出てきたのは勿論のこと。

     現政権が残された支持層を離さないで、目前の選挙(まずは17年10月衆院選)に勝つための窮策だったろう。

     

     確かに、今回決まった幼児教育の無償化は大事だろう。親の所得格差が教育の格差につながっていると言われている。社会全体で子どもを育てるという使命も分かる。政治が、それを示したというのか。

     

     

         ― 只より高いものはない ― 

       国民一人当たり900万円近い借金

      (形式上だ ・・・)があるというのに、

      財政再建の足かせになってしまうだ

      ろうとしないのは、将来に対して無

      責任だとしか言いようがない。

     

     

     

     「長い目で見たら、大学の無償化を、より重視すべきだ。」というのは、矛盾しているだろうか。

     これから親になろうという世代に、より「学ぶ」機会を広げて様々な知識や知恵を獲得し、子どもに渡し引き継いで行くことに、

    その効果が高まると確信する。

     

     

     政治には、期待は出来ない。だから信用することはない。 

     教育の無償化は、刹那的だ。若い世代には、この政策をよく見極めてくれるよう期待する。

     「只より高いものはない」とならないように。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    シダーローズの季節
    0

       

       

       今日のゴルフ場からの土産はこれだ。

       

       

           シダーローズ

       

                
                おまけ

       

       

       

       シダーローズ、ヒマラヤスギの実、杉スギぼっくりだ。

       拳大の下半分が崩れてしまって、頭の方がバラのように開いて残った。

       

       2,3日前の風で落ちたのだろう、まとまっていた。

       すでに樹にはない。雄花も落ちていた。一緒は珍しい。

       

                  おまけはコンペの賞品。季節を思わせる。

       

       

       コースでも、残っていた最後の秋を見ることが出来た。

       

       

         

       

       

                  

       

       

       メタセコイヤの紅葉と落葉だ。

       天気がよかったら、もっと赤く見えるんだろうに ・・・。

       

                  後輩の誘うコンペで、これらがごちそうだ。 

       

       

       夜 WEB NEWS で、20歳男子のプロのスコア改ざんが発覚、10年間のツアー出場停止を処分見た。

       日本のゴルフはスコア至上主義だから起きた、と評論家が言う。

       

          ゴルフはあるがままに、ルールにのっとり行われるという精神が

         日本には定着していない。そもそも日本ではゴルフが金儲けの手段

         として発展。接待に利用されルールはおざなり。バブル時代には、

         ゴルフ会員権で金儲け。ゴルフ場はたくさんのビジター客を詰め込

         んで、進行を早めるために勝手なローカルルールを作って、ルール

         啓蒙を怠ってきた。

          ツアーでは尾崎のライの改善が常習化を、日本GAも日本PGA

         も見て見ぬふり。いいスコアを出せば何でも許されるとばかりに、

         ルール無視で試合が行われていた。

          ゴルフは一人一人が審判であり、正直にプレーすべきなのに、

         ルールを知らないゴルファーが多すぎる。ゴルフとは似て非なるも

         のが日本では行われている。そういった意味では日本人にゴルフは

         向いていない。(要約 宮崎紘一氏)

       

       

       頷ける記事だった。納得させられる見識だ。

       草野球を止めた40歳になろうとした頃に始めて、20年を過ぎる。

       アスリートを意識して取り組んできたが、ちょっと冷まされた。

       

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      健康でパフォーマンスアップに
      0

         

         もうシニアの年齢になっても、ああでもないこうでもない、これが良かった、これには参ったと言いながら身体を動かしてスポーツが出来ることに、いつも幸せを感じている。

         10年前までは、健康に育ててくれた両親に黙って手を合わせていたが、いよいよ下降の流れは止められないようだ。

         

         

              雨中の大田原マラソン

         

         

         健康で、スポーツにおけるパフォーマンスを向上させるために、最も興味があるのは優れたアスリートの暮らし方だ。

         テニスのジョコビッチのグルテンフリーの食事法が目に付いた。

         

         欧米の人たちの主食は小麦製品だろうから、グルテンフリーには頷ける。

         私は米が中心だから、食後の急激な血糖値の上昇から来るリスクは少ないだろうが、その食事法は大いに参考になる。

         

         

           朝の2つ。グラス1杯の常温の水を飲む。スプーン2杯の蜂蜜を摂る。

         

         

            

         

         

         これは、真似出来そうだ。

         

         そして、3食。

          朝食 ・・・オートミールにドライフルーツやナッツを加えたもの

          昼食 ・・・野菜入りグルテンフリーパスタ

          夕食 ・・・肉か魚といったタンパク質時々グラス1杯赤ワイン

         

         

             

         

         

         「時々グラス1杯赤ワイン」は、ちょっと無理だ。

         食べ方が、参考になる。

         

          テレビを観ない。 メールを見ない、送らない。長々と話をしない。

         

         「ゆっくりと意識的に食べること」であり、水は一日中温かいものという。

         

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        水中花冬
        0

           

           水中花というだろうか。シャコバサボテン。 水中花は夏の季語。

           

           赤があまりにきれいだったものだから、盛りの花房を手許に置くことにした。その元だけを小さなグラスに入れていたのを、ちょっと大きめのものに移してみた。

           

           

               

           

           

           この時季の赤は、どのように見ても魅せられる。

           


            ホットコーヒー  マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』に、

              紅茶に浸したマドレーヌの味によって、引き出された記憶の

              奔流を水中花に喩える有名な文章がある。

           

               プルーストは友人レイナルド・アーンのいとこのマリ・

              ノードリンガーから水中花をプレゼントされたことがあり、

              これがその比喩の着想のきっかけとなった。

           
             # ちょうど日本人の玩具で、水を満たした瀬戸物の茶碗に

              小さな紙きれを浸すと、それまで区別のつかなかったその

              紙が、ちょっと水につけられただけでたちまち伸び広がり、

              ねじれ、色がつき、それぞれ形が異なって、はっきり花や

              家や人間だと分かるものになってゆくものがあるように、

              今や家の庭にあるすべての花、スワン氏の庭園の花ヴィ

              ヴォンヌ川の睡蓮、善良な村人たちとそのささやかな住居、

              教会全コンブレーとその周辺、これらすべてががっしりと

              形をなし、町も庭も、私の一杯のお茶から飛び出してきた

              のだ。#

           

           

           

             杯中花は、どうだろう。

           

             グラスは、利き猪口に

             水を日本酒に、替える。

             山茶花の花びらを浮かべる。

           

             香りや味も、目鼻舌で味わう

            ことになる。桜酒と同じか。

           

           

           

           

           杯中花は、酒を旨くする。

           山茶花酒を冬の季語に加えてもいいだろう。

           

           

           

           

          Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          下降気味の運気
          0

             

             よく行くゴルフ場のオープンコンペに出た。

             4時過ぎに、やっと表彰式。

             

             

                  照明で豪華に見える

             

             

             

             上位の方は無理だとしても、飛び賞でなら当たってもいいだろうに ・・・。

             自分のネットスコアのあたりは、最初からなかったように「飛び」越されている。60ストローク台がいっぱいだ。

             

                ペリア方式のコンペ = 18ホールのうちout3holesとin3holesの

               オーバー分×2.4を、自分のストローク数から引いたのがネット値

               で、私は75.2だった。

             

             

             暖かい日が続いた後の雨にしても、今日が残り2枚のカレンダーの最後の日でも、私だけに起こっていることではないが、どこか自分に運がないのを感じる。

             

             大それた期待を抱いている訳ではないが、「外れ」クジは自らの実力に覆い被さってくるようで哀しい。

             

             

             ある運勢カレンダーを見る。

             

             

                 

             

             

             コメントが付いていて、月ごとに良い日と要注意日がある。

             

               好調な運気に恵まれた2017年も、あと3か月で次のステップへ移る。

               「驕り」を抑えて、自己を客観視する気持ちの余裕が開運へ繋がる。

                 ***

               前向きな「思考」を現実化させることが一番の「開運法」。
               毎日の積み重ねの結果が、その後を変える。今日もポジティブに。

             

             

             信じて前を見ることにしよう。

             カレンダーは最後の1枚。

             節分までが今年らしいから、その後がより良くなるように。

             

             

             

             

            Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            疲労を回復させる眠り
            0

               

               夜の時間が長くなると、睡眠について考えることがある。

               雑誌や新聞、web上のコラムでも、眠りについての見出しが目に留まる。

               

               

                        「日刊SPA!」

               

               

               「ノンレム睡眠で疲労回復&若返り効果」というのがあった。

               健康増進のためとしたゴルフやランニングによる疲労蓄積の改善には「渡りに舟」だった。

               いや、それらの向上のために、疲労を回復する「睡眠」を見直すのは、その一方策だと思い当たった。

               

               

                 深いノンレム睡眠を売ることが、睡眠の質改善になる。質のよい

                睡眠は、疲労回復への最大の要因であり、しっかりとることができ

                ていれば、アンチエイジング効果にもつながる。

               

               

                     Wikipedia

               

               

               理想的なノンレム睡眠のかたちについては、Wikipedia が分かりやすく説明してくれている。

               

               

               自分の睡眠の状態を記録してくれる時計(EPSON PULSENSE)がある。

               心拍数の変移から睡眠の深浅を描き出してくれる。

               

               

                     25th Nov.

               

               

                 23:15就寝 翌6:17目覚め

                 深い眠り5時間24分(70%) 浅い眠り1時間38分(30%)

                 就寝5分後くらいで浅い眠りに入っている。

                 ノンレム睡眠は、上図の形に似ているように見える。

                 縦軸は心拍数を示す。なかなか面白い。人間の身体はすごい。

               

               

                 質のよい睡眠の形は、ノンレム睡眠の深いゾーンまで早く入り、

                就寝後3時間以内にノンレム睡眠の深いゾーンを繰り返すことだ。

               

               

               たまたま「死んだように眠った」日だっただろうか。

               これで疲労が抜けていかなければ、オーバーワークだ。

               

               質のよい睡眠を得るには、規則正しい生活と心理的にはストレスを避ける暮らし方だというから、堂々巡りではある。

               

               

               

               

               

              Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              失意大田原マラソン
              0

                 

                 4度目の挑戦の大田原マラソン。

                 大会の4時間制限と自らのサブ4が重なる分かりやすい大会だ。

                 

                 長い距離を走り始めた2009年に初出場して、第4関門で打ち切り。

                 翌10年にサブ4達成。3時間58分19秒。

                 4年のブランク後、3度目の16年も第4関門で打ち切り。

                 4度の今年17年は、何と第2関門(23.7km)で打ち切りにあう。

                 

                 

                 やはり練習不足だったようだ。

                 そして、シニアの素人には、厳しい天候だった。

                 

                 

                     

                 

                     10:00スタート

                     9.0℃ 雨2.5mm 風N2.0m

                 

                 ゼッケンを付けたTシャツの下に合羽を着てスタートした。

                 

                 オーバーペースだけを注意して走った。

                 最短のインコースをとって走ると、後方スタートの分の2分程度は、4kmまでには5分25秒/km位までには上がり、50秒まで落とすのには楽だった。

                 4つの関門をぎりぎりで通過することが、私にサブ4を達成させることだと考え、中間点過ぎの後半に5分41秒/kmで走るだけのスタミナを温存して走る「勇気」持つことだとしていた。

                 

                 

                 多分5分30〜40秒/km位で走っているだろうと第2関門に来た。

                 突然のゲート。打ち切りに合う。

                 

                 

                  ショック。もう走れない。

                  たった1分15秒。されど、75秒。

                 

                  ずっと時計でラップを確認しながら

                 走っていたが、計算違いをしていたの

                 に気が付いた。時計は、そこまでの所

                 要時間を表示するが、関門通過の限度

                 を超えていると思って確かめなかった

                中間点に大型の表示時計がないのは不親切

                 

                 

                 計算違いは、実際にスタートラインを通過し混雑が解消するまでの時間と、トイレの時間だった。合羽を脱いで後で持ちに来ようとは暢気すぎた。

                 時計の5分20〜40秒/kmを確認して、30kmにスタミナを温存する作戦は、まんまと失敗したのだ。

                  スタート1,2kmが、6'21"と5'58"。15km,16kmが5'53",6'35"。  

                 

                 

                 7月の函館から、北海道、田沢湖、長井と走ってきた。記録はあまり縮まってはいない。もう限界なのかもしれない。

                 大田原の4時間制限はきついが、「50歳代」とか、「60歳の部」などと区切らず一般男子としてシニアにも真剣に取り組ませている。口惜しくて、リベンジをと思わずにはいられない。

                 

                    今季のエントリーに、12月の「はが路マラソン」残っている。

                    応援してくる人たちに、いい報告が出来るまで走ることにする。

                 

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                敷きもみじの中を走る
                0

                   

                   ちょっとした挑戦まで残すところ2日。

                   迷っているより走ってみた。

                   

                   敷きもみじの中を走った。

                   燃えるようなもみじの中には、望まぬ軽快さがあった。

                   

                   

                       

                   

                   

                   何度も何度も、このもみじの脇を下を通り抜けた。

                   時も合っていたのか、夕日に映えて「極上」のもみじだった。

                   

                   そのせいか私の足も、いつもより軽かった。

                   

                   

                        

                   

                   

                   週日の夕暮れ前、7,8分ごとに1時間、この「錦繍」に包まれた。

                   ほとんど独り占めだった。何という贅沢だったろう。

                   

                   

                   明日、1日を残している。

                   これに値する程の風景の中を走ることが、出来るだろうか。

                   1時間、10kmそこそこだ。        

                                                          

                   

                   

                   木々の向こうで大きくなって、

                   山の端に沈もうとしている太陽は、

                   私を応援してくれているように見える。

                   

                   

                   

                   

                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  寒くなったと思うころ
                  0

                     

                     寒くなっている。確実に気温が下がってきている。

                     日照時間が短くなっているせいだ。太陽の周りを回る地球の動きがどうの ・・・という問題なのだろうが、また冬に向かっているというだけだ。

                     

                     秋の日はつるべ落とし。

                     立冬を10日過ぎた日。日没は午後4時31分。冬至直前まで毎日1,2分ずつ早くなっていく。

                     

                     

                         

                     

                     

                     感慨はなくていいのだろう。

                     苦難や懊悩の少ない穏やかな日々がこのように暮れれば。

                     

                     

                     

                     この頃の夜は冷える。

                     外に出て、空を見上げてみる

                     

                     あの柄杓ひしゃくの星の連なりが見える。

                     

                     

                          

                     

                     

                     夜半、ちょうど縦に並ぶ。 

                     

                     冴え冴えと澄み渡って、星々が空いっぱいにきらめいている。

                     こんな和歌があった。

                     

                         かささぎの 渡せる橋に おく霜の

                       
                           白きを見れば 夜ぞ更けにける
                                             中納言家持『新古今集』冬・620


                       七夕の日、牽牛と織姫を逢わせるために、かささぎが翼を連ねて
                      渡したという橋ーー天の川にちらばる霜のようにさえざえとした星
                      の群れの白さを見ていると、夜もふけたのだなあと感じてしまう。
                          ーおく霜の 白きを見ればー
                           「霜」は、「天上に散らばる星」のたとえ。
                          

                     

                     夜は、静かで寒い。

                     

                     

                     

                     

                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    ゴルフ場で森林浴セラピーは可能か
                    0

                       

                       緑の中に暮らしている。「森林浴」のセラピー効果を期待したりしないほどの山間に住んでいる。

                       

                       仕事を止めたばかりだから何のストレスもない。

                       運動好きなのに悪玉コレステロール値が高く、胆嚢に成長しないポリープが3個あるが ・・・。

                       

                       「文武両道」と言ってきたが武ばかりで、ゴルフをしたりランニングをしたりが、暮らしの66%、三分の二になっている。

                       「森林浴」をしているごとくの「緑の中の暮らし」の中で、ただ健康で、誰にも迷惑をかけないで年老いていきたいと願うばかりだ。

                       

                       

                       ゴルフ場に行っても、こういう状況が生まれる。

                       

                       

                            

                       

                       

                       コースの真ん中にある欅の木。

                       下から見上げると気持ちが落ち着く。

                       フィトンチッドが降っている信じられる。

                       森林浴の効果は、科学的なものより精神的なものが大きいといわれてきた。マイナスイオンを含む空気を体内の取り込むことで、脳内がα波の状態になりリラックス効果があるとか。

                       

                       さらに、 自律神経の調整する。抗がんタンパク質が増加する。NK細胞を活性化免疫機能を上げる。

                       

                       

                       森林浴の後に温泉につかると効果が高まる言われている。

                       このゴルフ場では、プレー後に温泉入浴を付けてくれている。

                       

                       

                             露天風呂

                       

                       

                       付帯ホテルの天然温泉には、木々に囲まれた露天風呂がある。

                       温泉の成分のみによってのみ、その効用を確定することは難しいらしいが、末梢血管の拡張作用、体表面の殺菌、保温効果などは間違いないらしい。

                       

                       先ほどのミスショットも、何もかも忘れて、ゆっくり温泉につかる。

                       HSP効果(ヒートショックプロテインの増加で細胞内たんぱく質の修復)と、NK活性化(免疫のナチュラルキラー細胞の活性維持)の相乗効果を享受しているように思う。

                       

                       

                       

                       

                      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村