さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
長井でなぜダウン
0

     

     

     長井マラソンから帰って一日半、まだ心も身体も痛い。

     

     大田原マラソンの前月には長井と決めていた。

     そして、比較的平らなコースだということで、大田原への試しの意味を込めていた。

     結果は自らへの期待を裏切る4時間39分09秒(6'36"/km)だった。

     

     

     序盤からサブ4を意識して、5'41"/kmだけは維持して走りたいと思っていたが、やっぱりオーバーペースになってしまったようだ。

     

      

           気温12.5℃

     

     

     800人ぐらいのスタート、中間あたりで出た。

     1km、2kmとペースを確かめた。ちょっと速すぎる。ハーフの選手も同時にスタートしていた。

     

     次のためにはいいだろうと、足に任せた。

     ハーフを2周するコースの11〜14kmと31〜33kmに、高低差30mの上りがあるのだけはチェックしていた。

     「30kmの壁」にやられたという感じだ。    

     

     

           7.02函館   8.27北海道   9.17田沢湖 10.15長井

      0  4°32'42"   4°22'41"   4°32'44"   4°39'09"

      |

      10    60'05"           60'22"           57'39"          54'50"

      |

      20        59'05"           60'04"           59'11"          58'30"

      |

      30        62'54"           61'08"           63'51"          61'20"(5'49")

      |

      40        73'42"           62'06"           74'50"          84'01"

      |

      42.195    17'16"           14'11"           17'13"          17'41"

                      グロス時

     

     

     時計がペースを管理してくれていた筈だから、もっと心に余裕を持って走るべきだ。

     30km過ぎのペースダウンが心配で、前半で自分にとっては速すぎるベースで走ってしまっている。費やしたエネルギーは、それぞれ2950〜2990kcalでほとんど変わらない。

     

     

          

     

     

     30kmまで5分49秒(1km)で来ていたのに、いくらここから上りだからといって8分台に落ちるとは情けない。

     もう止まりそうだった。歩いた方が速かったかもしれない。

     給水で、スポーツドリンクとあんパンを3回摂った。

     

     ただ今回違ったのは、すでに膝がわらっていた。腰に痛みが出て、上半身と下半身をつなげていないようだった。骨盤が、左右の脚を前方に絞り出さなかった。ちょうど、マリオネットのようにゆっくりと足を運んでいるだけだった。

     

        今季最大の痛みだった。「途中棄権」が何度も頭をよぎった。

        北海道は暑く、田沢湖も辛かったが、どこ楽しかったのに。

     

         

          

     

     

     

     長井まで3週間、併行してやっているゴルフでも上手くいかなかった。

     どっちも、頭の中でつくりだしてしまう悪いイメージを持ったままやっているからかもしれない。

     コースで速く走れない分、早朝の東北道をTTで思い切り走れたのが楽しかった。

     

     目標の、4時間制限の大田原マラソンまで38日。

     ちょっと長い距離を練習して、挑むことにする。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    苦杯は美味い酒で
    0

       

       今年の最後の腕試しも、決勝には残れず苦杯をなめた。

       実力不足が証明されて落ち込んだ2週間前から、最終回3度目の今日は、さすがに回復が早かった。

       力が及ばなかったことに、自らの人格まで否定されたように感じたのには免疫が出来ていたのか。

       

       いや、屈辱感によって心の健康を損なうことは最もよくないことと、出発点近くまで戻って1歩目の目標を立てた。

       シニアながらアスリートとしての為す術だと信じて、再 ・・・ 出発。

       

       一人で、やけ酒を、美味く飲んだためだ。

       

       

         越後桜純米大吟醸 

           (醸造元が酒の名になっている。)

           新潟県阿賀野市 越後桜酒造(株)

       

        新潟の米や酒に期待はしていなかったが、

       「桜」の話題がない時季だけに、つい手が

       出たといった方がいい。

        ラベルから見る。

           アルコール度数:15〜16度未満

           日本酒度:+2 酸度1.4
           原料米:国産米/精米歩合:45%
           甘辛味覚:やや辛口
           飲み方8〜10℃に冷やして

       

        この米は、「山田錦」だった。(HPによる)

        強めの alc、米の旨み、華やかな香り。

       

       

       

       目の前に桜色の(ラベルの)「越後桜」があったら、余計なことはしていられない。

       

       もう呑みたくて、つまみにも拘らない。

      つまみにも拘らない。

            

         イナダの刺身に、

         えんがわの軍艦まきだ。

       

       漬け物は、胡瓜と終わりが

      近づいている秋茄子。

       

       眠気もやってくる。

       

       

       携帯が鳴った。ゴルフの誘いだ。

       沈んだ気持ちではいられないが、呑みすぎ注意だ。

       

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      日曜の夜考える
      0

         

         普段テレビをあまり見ない。ニュースもラジオによっている。

         それでも日曜日の夕方、「ちびまる子ちゃん」と「サザエさん」を必ずミる。

         

         時々ミるのに、NNN ドキュメントがある。

         この間の番組は、「少々長いタイトルです。」と言っていた。

         

         

           「9人も死んでしまった…トモダチ作戦で頑張ってくれた若き米兵が 

           原発事故の放射能で被曝し健康を害したとして400人超が裁判を起こ

           している事を...あなたは知っていますか?」

         

         

               ドナルド・レーガン

         

         

         福島第一原発の事故で放出された放射能の8割は、実は太平洋の海の方に流れた。

         

         海の上を漂う放射能プルーム、そこを通過したのがトモダチ作戦で、日本の被災地支援を行った米空母ロナルド・レーガンだった。

         

         乗組員は今、ガン、体の痛み、大量出血、抜け毛など様々な健康被害を訴えている。そして希望に満ちあふれていた生活も一変してしまった。

         

         すでに2人が白血病で死亡しているという。余命宣告がされた米兵へのインタビューもあった。

         

         

           福島第1原発事故発生後の米軍による被災地支援活動、いわゆる

          「トモダチ作戦」に従事したという米国居住の157人が、放射能被

          ばくによる被害を受けたとして、50億ドル(約5450億円)の基金の

          創設や損害賠償を求めて米国の裁判所に提訴したと発表している。

         

         

         

         レンチ もっとたくさんの情報に当たった方がいいようだ。

         

         3月16日ホワイトハウスは日本在住の米国市民に対して原発

        の半径50マイル(約80km)以内から退避勧告を出したり、日本

        国外へ退避するためのフライトを準備したりするなどの対策強

        化に方向転換した。日本政府が出した国民への対応の違いを考

        えると、これによる被爆は考えられないし、米国が日本の情報

        を信用していなかったことの現れだ、とする人も少なくない。

                                 (「トモダチ作戦」コラム)

         

         

         

          NNNとは、NipponNews

         Network の略。日本TVなど

         民放29社が参加している。

          北海道から沖縄まで、時には

         海外にも目を向けて、様々な出

         来事を取材報道してくれている

         

         

         

         人々の日々の喜怒哀楽を見つめ、生きる力となる「希望」や「絆」を描いてきた。何かに思い悩み、それを乗り越える瞬間に、カメラは寄り添ってきた ・・・とか。

         

            番組は時代を記録しつづけ、今日より明日、明日より未来へ、少し

           でも笑顔が増えていきますように、日曜日の深夜、視聴者の皆さまと

           ともに考えていきたいと思っています、とある。

         

         

         夜中に、ちょっと考えさせられる番組ではある。

         

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        秋刀魚大きくなるか
        0

           

           秋刀魚をスーパーで買う。

           海まで買いに行きたいが、何だか遠い。

           

           刺身で食べられるものが、いつもなら大きいのが1本、トレイに入ったのが近くで買えたが、今年は全く見られない。

           仕方なく焼いて食べるのを買ってきた。値段は安いが、いわしより少し大きい程度なのにがっかりする。

           

           

                

           

           

           それでも、美味い。

           ただ、腹のところの骨でさえ硬かった。

           

           

           秋刀魚の水揚げが2年続きの不漁らしい。

           この間、宇宮中央卸売市場の水産物問屋に勤めている長○君に聞いた通りだ。かすかな希望を抱いていたが、彼の情報は少しも

          違わなかった。

           

           

           記録的なサンマの不漁の影響で、サンマの缶詰などを製造する岩手県釜石市の会社が、宮古市にある工場を来月で休止し、70人余りのパートなどの従業員を解雇することになったというニュースを聞いた。

           

           

            昭和16年操業の「岩手缶詰」の宮古工場。

            ここ数年の全国的にサンマが不漁。岩手で先

           月までには1580t余で、記録的な不漁の一昨年

           の約4割で、平成6年以降最少。「工場閉鎖は

           苦渋の選択、従業員の再就職を全力で支援した

           い。」と言った。(河北新報online)

           

           

           サンマの不漁で価格も上がって、先月は1kg当たり平均約430円と去年の同時期の約1.6倍になったらしい。

             国の研究所は、平成22年ごろから日本近海のサンマが減少傾向を

                分析している。

               ○ 水温が低下してサンマの餌となるプランクトンが減った。

               ○ 台湾や中国などの漁船による漁獲量が増えた。

           

           

           私たちはこの後、もっと肥ったサンマを食べることが出来るだろうか。

           刺身で食べるには、硬くなる骨を避けるのが難しくなる。

           

           

           

           

          Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          処方箋の行方
          0

             

             現役を引退するような齢になると、風邪を引いたりちょっと体調を崩したりしても、簡単には治らずあれこれともがいて、却ってもともとの体力を損なってしまうこうがありそうだ。

             

             

                アマチュアの公式の大会に出て、2戦続けて酷いスコアを

               出してしまったのだ。もっと出来ると思っていただけに、

               そのショックは自分中では相当なものだ。

             

             ここ5年の月1ゴルファーを脱して、仕事を止めて4月から週2,3回はコースに出て、それ前の状態に戻したつもりだったが、それは気のせいだった。もともとなかったのかもしれないし、どういう方法でミイラを採りに行くか見当たらない。

             

             

                   まさに夕景だ

             

             

             既にミイラになってしまった私自身だから、たかが遊びなのにかなり痛めつけられている。この打ちのめされた状態は、心の健康にも良くない。

             

                悪いスコアが、私の人格(大したものではないが ・・・)まで

               否定しているように思えてしまう。


             

                                    

             ともに練習をしたり、アドバイスを             

            くれたりしてきた仲間先輩に、報告

            とお礼のメールをした。       

                                                                                                           

                                                      グリーン上が問題

                                                                            

             10年前なら練習したが、今更と思う。

             身体の健康のためにも、心の健康を損ねてはならない。

             コースに出る前に、アドレスの入るときに、いいイメージが出せるよう気持ちを強くしなければならないのだろうが ・・・。 

             

             

             

             

            Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            走るのみ
            0

               

               迷っているときは、走るのみ。

               行き先は、八溝山だ。

               

               霊峰八溝は信仰の山で、山頂に向かって四方に参道があり、私の家からおよそ三里の所に「一の鳥居」と思われるところがある。

               

               

                     茨城県大子町浅川

               

               

               山へは、北に向かって裾までおよそ六里ある。

               きれいな登山口の鳥居まではもちろん、山頂直前まで車で行けるようになっている。

               

               

               今日は、東側の道を選んだ。日輪寺に向かって上り、山頂を目指す道だ。

               

               

                    

               

               

               きつい。辛い。

               5’〜6’/kmで走り出し(標高363m)ても、すぐに上りがきつくなり、9’〜10’/kmで登っていく。

               浅間山登山マラソンを思い出した。

               

               ハイキングの人に出会う。下りの車とすれ違う。

               

               なかなか日輪寺に近づかない。この道は初めてで先がよく見えない。急坂があるだけ。

               そこまで行けば、中間点は直ぐそこなのに。

               

               

                  もう、ここで止めたい ・・・。

                  行くよりも戻る坂道だが、気持ちだけが脚を山頂に進めた。

               

               

               山頂近くに登山する人いると、ふんばれた。

               標高1030m、ここまでおよそ9km、1時間14分。

               

               

                  那須がきれいに見えた。    

                  アミノ酸とスポーツドリンクが

                 自分の見方だった。

                  そして、これからのがんばりを誓った。 

               

                  

               下りは、西側の参道を選んだ。

               7km、標高差670mの坂は、楽ではない。

               下半身は悲鳴を上げていて、カーブで崖から落ちないように下った。

               あっという間の、39分。

               

               

               「蛇穴」のバス停で、上りで言葉を交わした人と再び会った。

               (バス停に出るかと聞かれた。やっぱり待ってたんだね。)

               走ることを止めようと思うことばかり ・・・。

               健康であることに感謝しながら、私を拒む壁が低くなる時を待っている。

               

               

               

               

              Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              時は過ぎぬ
              0

                 

                 大○先輩の勧めで、県ゴルフ連盟シニア会の2戦目に行った。

                 先週末の日本プロシニアアルファクラブカップの設定でやるという矢板CCだ。余り好きではないコースで、最終組。

                 

                 意気込みは、どん底まで追いやられた。

                 りんどうNo1で3rd-25ydsを1ピン上付けるが入らずpar。

                 2組も待っていて、力んだ1WがOB。

                 今日は、これで終わった。

                 

                 

                       りんどうNo2

                 

                 

                 3Wで打てば、逃れられたかも ・・・。

                 流れが遅く、ダブルボギーが頭から消えない。

                 コンパクション22、速さ10fsは、この時期この辺りにはない。

                 

                 

                 6月から3ヶ月、けっこう芝から打ってきたが、2011年から月1ゴルファーになってから身体の動きが違ってしまったのがよく分かる。

                 ここで、あがいても駄目だ。

                 でも、試してみよう。

                 

                 

                 194yds-par3を、4Iで打って右へOB。

                 

                 

                        ききょうNo3

                 

                 

                 もう15年くらい前になるか、倶楽部対抗で何度も挑んだホールだった。

                 普段青ティーからやってないから駄目なんだ。

                 

                 

                 珍しいコンペだ。ハーフ9Hに、3時間半もかかっている。

                 気長になった私も限界になっている。

                 

                 

                       ききょうNo5

                 

                 

                 365ydsの打ち下ろし、センターに打っても150yds残り。

                 8Iでピン左3mに付けるが、下り。

                 

                 

                 やっと取ったオナーで、No6のティーグラウンドへ。

                 また、待ち。やっと打って2ndでまた待ち。3rdを寄せきれずボギー。

                 ここからあがり3ホール、さらにイライラ ・・・。

                 

                 

                 ゴルフ場でも、高齢化していて年寄りばかり。

                 それでいいのだが、少しまわりを気にしながらプレーしてちょうだい。

                 当たり前になっているのを笑ってしまう。

                 

                 私のプレーは、戻らないか。時は過ぎぬか。

                 

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                田沢湖マラソン反省
                0

                   

                   脚の痛みがなくならないうちに、田沢湖での走りを振り返っておかなければならない。

                   そう考えていたとき、3週間前の北海道マラソンの記録集(北海道新聞保存版)が届いた。

                   少し時間を縮めて気をよくしていたが、全体の完走率が80.7%とよかったというから、高温の予想は大したことではなかったようだ。

                   

                   田沢湖マラソンも、秋田魁新聞(電子版)が全完走記録を掲載した。

                     4時間32分44秒 480位/男子完走者656人(64.4%)/1019人

                   

                   序盤のオーバーペースが、後半の大幅ダウンになってしまった。

                   コース高低差を知っていたから、できるだけフラットに走ろうと自らに話しかけていた。

                   

                   

                      

                   

                   

                             8.27  北海道    9.17 田沢湖

                      0

                      |

                       10    60'222               57'39"

                        |

                       20            60'04"               59'11"

                        |

                       30            61'08"               63'51"

                        |

                       40            62'06"               74'50"

                        |

                       42.195     14'11"               17'13"

                   

                   

                   時計がペースを管理(1km当たりのリアルタイム 1km毎の所要時間:電子音)してくれていた筈なのに、前半で費やしたエネルギーは戻ってこない。

                   

                   田沢湖町の市街地から湖畔のコースに入った小さなアップダウンの繰り返しと、35km過ぎの最大の上りでは脚が進まなかった。続く下りでは、膝・腰は身体を支えるのにやっとだった。

                   

                   

                        

                   

                   

                   田沢湖は南の風で波音を立てていたが、青く澄んでいて緑の中に広がった。湖の周りのコースは直射日光を遮ってくれるが、カーブと起伏の繰り返しで意識しないとペースがダウンする。

                   たつこ像まで、たつこ像から(あと10km)と自らを鼓舞したが、速くもないペースも維持できなかった。

                   

                   

                       

                   

                   

                   ちょっと上りのスタート。

                   前の方に並んだのが間違いだった。

                   

                   

                       

                   

                   

                   25km過ぎ林から出て、たつこ像まで、たつこ像から(あと10km)と自らを鼓舞したが、速くもないペースも維持できなかった

                   

                   およそ30kmあたりまでは、自分なりの走りができた。

                   それ以降の12,3km、90分ぐらいが、身体的にも、精神的にも辛かったが、結構前向きで楽しく走れた。

                   

                   北海道を走ってから田沢湖まで3週間、ゴルフと併行して上手く調整してきた。新幹線の旅も、気楽な宿も、マラソン前後の食や睡眠も、地元の食や人情も、天候も、みんないいところが揃って「いいかなぁ。」と思ったが、そうは問屋が卸さなかった。

                   

                   1ヶ月後、山形県の長井マラソンを走ることにしている。 

                   

                   

                   

                   

                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  ゴルフのためのRUN
                  0

                     

                     2010年から始めたフルマラソンは、16回目。

                     明日の田沢湖は、もっとも辛いコース。

                     

                     11,12月に向けて、7,8月と走ったから、9月を休みにする訳にはいかなかった。

                     

                     

                       

                     

                     

                     

                     暮れがたの北上川だ。

                     明日は雨になるかもしれない。確率は高い。

                     

                     

                     

                       運動は、「脳」でするもの。スポーツの動きは、身体が覚えているのではなく、脳が記憶している。

                     

                     

                     

                     

                     力んではいけないが、簡単には済ませる訳にはいかない。

                     

                     

                     

                     日本シニアオープンで、尾崎直道がNo5で、腰痛のためのに棄権した。

                     2日目まで二位だったのに残念だ。

                     

                     

                     

                        

                         

                     

                     

                     私は、いま腰が痛いのを忘れている。

                     前向きな気持ちで走りたい。

                     

                     

                     

                     

                     

                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    気休めが成り立たないゴルフ
                    0

                       

                       9月に入って悪い夢を見ていたのは、ゴルフのせいだと思っていた。

                       

                       それは、ゴルフ仲間との付き合いからとはいえ、県知事杯の予選から決勝に向かって二次予選・三次予選と行われ、その「ふるい」にかけられるという状況からきていると分かっていた。

                       

                       1番に成れるはずなどなく、最後の100人になれればよい。

                       シニアの年齢だが、出来ると思っている。

                       

                       その考えが甘いというのを証明されてしまうのを怖がってきた。

                        ( 今年4月に、月1ゴルファーにサヨナラして、かつての砂上の楼閣を

                          再び築いてきたつもりだった。)

                       

                       

                       今日はまさに、その日だった。

                       アマチュアだって、とりあえずピーキングを意識してきた。

                       

                       一般男子北部Bは、西那須野CCの7000yds超。

                       

                       

                            
                             

                       

                       

                       OUTで、短いパーパットを外しまくり、ビッグホールがあって+10だというのに、INもプレーしなければならないNo10。

                       きらきら光る池の横のティーグラウンド。なぜか、オナー。

                       那須連山に向かって打たなければならないのが辛かった。

                       

                       

                       景色がきれいすぎて、ショットが落ち着かない。

                       バンカーや池を意識過ぎてグリーンを外す。

                       アプローチが上手くいくと、7,80cmのパットが入らない。

                       

                       

                       0か100かの私が、50-50で辿り着いたNo18。

                       

                       

                            

                       

                       

                       フェアウェイセンター163ydsから、ボギーにしてしまってホールアウト。

                       こんなに景色のいいコースでボギーだらけは情けない。

                       46・43の22位で二次予選は通過したが、プレーフィーの高さにがっかり。

                       

                       

                       残暑が心地よいコースだったのが口惜しい。

                       

                       

                            

                       

                       

                       これで、今季最も辛い田沢湖マラソンに行ける。

                       そして、練習して三次予選だ。

                       

                       

                       

                       

                      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村