さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
最後の授業
0

     

     高校は、三年生が「特別学習期間」に入る。大学の一般入試だ。

     今日この学校で、最後の授業になる。

     

     「最後の授業」と文字を並べると、ドーデの『最後の授業』を思い起こすが、もちろんそれほどの緊迫感はない。

     ただ私にとって、こんな好機は本当に最後だろうと、普通の高校生に対する期待と、自らの本音で1時間×3クラスの授業を全うしようと思った。

     

           

           

     

     

      ◇ 先週金曜日の第一段では、内田樹「ネット上の発言の劣化につい

       て」を読ませた。資料に、米トランプ大統領の「大統領令」を巡る

       日本の政治、米国内の反応・司法の対応の動き等を説明する文章を

       扱った。

        最初から彼らには理解できないと考えてそれらを呈示しないのは

       益々彼らを無の世界に押し込んでしまうから。

     

      ◇ ドーデの『最後の授業』    

        仏領アルザス地方に住む学校嫌いのフランツ少年は学校に遅刻す

       るが、彼は予想に反してアメル先生に着席を促される。気がつくと

       教室の後ろには正装の元村長はじめ村の老人たち。教室の皆に向か

       い、先生は話し始める。

        「私がここで、仏語の授業をするのは、これが最後です。普仏戦

       争でフランスが負けたため、アルザスはプロイセン領になり独語し

       か教えてはいけないことになりました。これが、私の仏語の、最後

       の授業です」。「仏語は世界でいちばん美しく、一番明晰な言葉で

       す。そして、ある民族が奴隸となっても、その国語を保っている限

       り、牢獄の鍵を握っているようなものなのです」と。

        生徒も大人たちも、最後の授業に耳を傾ける。やがて終業を告げ

       る教会の鐘の音が鳴った。それを聞いた先生は蒼白になり、黒板に

       「フランス万歳」と大きく書いて「最後の授業」を終える。

     

     

     

     私が、その時生徒の前に立っているのは「古典文」を読んできたからだ。

     

     そして、最後に彼らの持っている分厚い教科書「古典B」の伊勢物語を選

    んだ。第9段「東下り」が最もポピュラーで、初冠(第1段)、芥川(第6段)

    筒井筒(第23段)、梓弓(第24段)等を掲載して教科書が多い。

     

     

           

     

     

     初冠(第1段)だ。

     当然ながら、テーマは「平安時代の貴族の恋愛事情」になる。

     現代、あるいは自分たちと比べられるだろう。

     

     

       

        

       

     

     

     さらに、「狩衣(かりぎぬ)の裾(すそ)を切りて、歌を書きてやる。」の方法と

    エネルギーについて、答えを求めない問いを投げる。

     

       

     

       

     

     

     結論は、私老人の冷水であり、独りよがりの論で、自己満足であった。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    夜半の寝覚
    0

       

       夜中に、いやもう朝方、思わず目が覚めた。

              

              午前4時過ぎ ・・・。     

       

       ラジオの音楽を目覚ましにしているが、時々設定した時刻と全くかけ離れたときに起こしてくれることがある。

       ほとんど許すことが出来ない。今朝もやられた。

       

       流れていたのは、「ラジオ深夜便」だった。

       4時台は、「明日へのことば」。

       

        「書くこと 知ること」として、作家 あ ・・・とアナウンサーとのトーク。
         (H28/11/12 岡山県勝央町の「ラジオ深夜便のつどい」で収録と。)

       

       

       いや、その聞き苦しいこと、目が覚めてしまった。

       

       

              この話の作者

       

       「乱れている」日本語のオンパレード。

        ( youtube 参照、視聴あれ。 )

           ○ ら抜き言葉

           ○ おかしなアクセントやイントネーション

           ○ 不自然な語尾の抑揚

           ○ 「すごい」の副詞としての使用

           ○ 「若者言葉」の頻用

           ○ 「いただく」を始め、敬語の誤用

           ○ 乱暴な言い方

           ○ 不適切な慣用句の使用

           ○ (認められていない)流行語の多用

           ○ 聴き手を意識していない  など

       

       私は、『バッテリー』の原作を読んでいない。

       私と同世代の物書きで、言葉に拘っていない様子には首を傾げる。

       

       決して作家あ・・・を、番組をも批判しているわけではない。

       ただ、多くの視聴者を得たアニメの原作者なのだから、言葉遣いにおいても手本を示して欲しい。

       いま流行のあれだって ・・・。

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      すみませんとすいません
      0

         

         スーパーで兄弟喧嘩に出くわした。ふざけてじゃれている程度だ。

         兄の方が弟の腕を避けたら、お尻が私の買い物かごに当たった。

         それを見ていた母親が、「謝りなさい。」と、小声だが強い口調で諭す。

         

         

              

         

         

         子どもたちは、すぐに「ごめんなさい。」が言えた。兄で6、7歳か。

         私は、「『ごめん。』はえらいなぁ。子どもは元気な程いい。」と返した。

         母親は、「どうも、すいませんでした。」と丁寧に言葉を重ねた。 

         一生懸命に子育てをしているような感じ。三十歳前後か。

         

                          

         「すいません。」だった。

         

           ある元アナウンサーが、「すみません」を

          「すいません」と言っているようでは、

          「ことば美人」には程遠いと言っていた。

         

         

           とっさに出た謝罪の言葉は、それでよいと思った。

           私は結構、言葉の使い方について拘って暮らしているつもりだが、

          「すみません」をより正しいとしても、大いに許せると確信した。

          
                                  

         「すみません」は、謝罪の場面で「済みません」(すみません、次回から気を付けます。申し訳ない。)と使われる。

         それが、話すときに少し省略した感じの「すいません」になったようだ。「書き言葉」が「話し言葉」に、ちょっとなまった感じの言葉を理解して使っていいのだ。

         

         

           この機会に振り返ったり調べたりしてみると、

          相手に悪いことをした時は気持ちがよどんでしまうが、

          「すいません」と謝罪することで、気持ちが晴れる、

             す(澄)んでくる(済む=澄む)、でいい。

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        「 too far away 」 オオカメノキ
        0

           ラジオから谷村新司が流れていた。
           真正面から聴いていた訳ではなく、ながらだった。
           それでも、耳に残った。そして、繰り返し私の口に蘇った。


           「 far away 」だった。

             こんなに遠く離れていても 夜毎心は空を駆けてゆく
             君だけいれは君さえいれば 生きる事さえ辛くないから

              君が病んだときは 僕は息を止めて
              熱い想いをこめ祈り捧げたい

                Too far away 愛への道は far away
                だけどかすかに光見えればそれでいい
                Too far away 君への道は far away
                だから言葉ひとつくれればそれでいい 


           youtube で聴こうと開いた。
           最初の画像が、大空の下のオオカメノキ(らしい花)だった。


               


             見えない糸で結ばれている そんな約束僕はほしいよ
             つきなみだけどこの世に一人 君だけ好きだ君だけ好きだ

               ・・・・・
               

           私に蘇る言葉は、広がるところを持ってはいない。
           受けとめてくれる形もない。

           しかし、消えないように、呪文のように、花を、オオカメノキを身近に置いた。


                       

           宣言とした。


           
          Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          敬語インフレ
          0

             「パナマ文書」って何。タックスヘイブンの恩恵にあずかっている人は誰。


                 


             政治家の二言目に出てくる「国民の皆様」を思い起こしていたら、ふと出くわした話題の言葉だ。

             こういうへりくだり、自分を(過剰)卑下することが、敬語インフレの最たるもので、日本語が持つ折角の力をそいでいるという。(週刊朝日)


             「お送りさせていただきます」、「報告させていただきます」、「意見を言わせていただきます」などと、「させていただく」を多用するのを、「させていただきます症候群」とも呼んでいる。
             話し手はいかにも、謙遜的な発言をしているつもりなのに、聞き手に違和感を与えているというものだ。

             へりくだり、謙遜は、長年日本文化では美徳とされてきたが、時代とともに意味内容が変容してきてしまっているということだ。
             さらに、強い謙遜や自虐的な発言が繰り返されると、受け止める側は無意識のうちに、「賞賛(他者承認)」を求める心を感じ取ってしまうものだ。

             

              強い謙遜」や「自虐的な発言」を行う人に対し
             て、相手は「自分よりも格下だ」と感じ、優越感
             を持って対応するようになるともいう。(cotree)
              こうなると、「対等な人間関係」を築くことが
             難しくなってしまう。


             これらの敬語のインフレ状態について問題にしたのは、日本語(敬語も)の、ちょっとした婉曲表現が人と人との間を整えてくれるし、会話もスムーズに運んでくれる機能を持っているはずのに、「過剰な謙遜」それらを削いでいる思うからだ。
             英ウィリアム王子の記者とのやりとりを読んだからだ。(週刊朝日)

             ウィリアム王子とキャサリン妃が初めてロイヤルベビーを抱きしめ、病院
             関で待つカメラの前に現れた。赤ちゃんの感想を聞かれて、
              王子が“He's got her looks, thankfully.”(幸いルックスは彼女似だ)
                  と言うと、
              妃は笑顔で“No, no, I'm not sure about that.”(いえいえ、そんな
                  こときっとないと思うわ)とすかさず謙遜(けんそん)。
              その先の王子の一句がさえている。“He's got way more hair than
                  me, thank God!”(ぼくより髪の毛がふさふさなんだ。神様ありが
                  とう)。
              ナイスへりくだり。画面に映るベビーのお頭は、もちろん、ツルツル
                  である。もし王子が「今後、心をこめてこの子を育てさせていただき
                  ます」と締めくくったならどうか。かなり殺風景。

                                  単純に面白い記事だった。


             
            Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            気になる言葉
            0

               桜をはじめとして春の到来を確かめていて、気になる言葉に出合った。

               春の魚を探してホタルイカに至り、「ホタルイカ
              の身投げ」という言葉に出合った。ホタルイカの
              投身自殺だ。沖漬けの旨さに惹かれている。
               旬、近くなった富山へ食べに行こうと思った。
              生では食べないらしい。身投げは、産卵して浜に
              打ち上げられた様子。触手の先端が何かに触れる
              と淡く光り、その青白い線が海岸線に延々と続く
              幻想的な光景をつくるという。


                コンサート、演劇、ミュージカル風の「言葉の
               実験劇場」をコンセプトに、中島みゆきが1989年
               に始めた夜会は18回続いている。ストーリー性が
               打ち出されるようになったVOL3に、中国の故事
               「邯鄲かんたんの夢」をテーマに、一人の女性が夢の
               中で見た少女から老婆までの一生を描いている。 
               「邯鄲の夢枕」の力は、「望みなんか持ってもむな

              しいものだ」と夢を諦めさせることなどではなく、「その人間の奥底にある本音」、すなわち「本当の願い」を解き明かすことなのだと言っているようでもある。


               今や約6800万人が使う無料通信アプリLINE。
              誕生の契機は大震災だった。ラインの運営会社は、電話がつながりにくい中でも「大切な人と連絡を取れるサービスが必要だ」と判断、急ピッチで開発し3カ月後にサービスを始めた。
               こだわりは、相手がメッセージを読んだか分かる「既読」機能をつけたこと。相手に返信する余裕が
              なくても、既読と分かれば安心する。そんな思いを込めた。 LINE 「既読」 の意味。


                 鼻白む はなじらむ
               われながら言い訳めいているのに気がついて、忠熈はいささか鼻白んだ。  
                             横溝正史『金田一耕助 仮面舞踏会』より
               元飛込み選手を両親にもつサラブレッドの自信家ぶりに、飛沫は本気で
                          鼻白んできた。 森絵都『DIVE!! 上 』より
                 
                何か突拍子もないことに遭遇した時やきまり悪い出
               来事が起きた時などの、気後れした表情や何となく恥
               ずかしい様子を表す言葉。


                台湾は、「蓬莱島」、「美麗島」と呼ばれる。
                日本では浦島伝説で理想郷の伝承として海神宮
               などと習合したとも思われた。
                平安時代に僧の寛輔が、「蓬莱山」とは富士山
               を指すと述べた。『竹取物語』にも、「東の海に

              蓬莱という山あるなり」と記され、「蓬萊の玉の枝」が登場する。
               美麗島も、『広辞苑』にはないが、鉄道に「美麗島駅」があって、「びれいじま」で引くと出てくる。
               どちらも、台湾に関する本を読んで初めて出くわした呼び名だが、名は体を表している言葉だと思うようになっている。


               
              Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              怒りのメリット
              0

                 全豪オープン、錦織選手は残念ながら準決勝でジョコに惜敗。6年連続のベスト8でも立派。苦手なプレイスタイルの選手や何度も負けた選手にも勝った。準々決勝で勝ったツォンガ選手が印象に残っている。

                      

                  簡単なミスをしたとき、自らを奮い立たせるように雄叫びを上げる。
                  200勸幣紊離機璽屬箸つての勝利を持ちながら、錦織に勝てなかった。

                 びっくり この自らを闘志を鼓舞する仕草に親近感と好意をもって見ていた。
                  「怒っている」ようにみせることには、「すっきりする」、「相手に勝と
                  うとする意思を見せる」、「モチベーションを上げる」というメリットが
                  あると思っている。「がんばる」源となるアドレナリンは、怒りのエネ
                  ルギーがないと生まれない。自分の不甲斐なさへの「怒り」が向上心
                  を生むと、強く信じている。

                 
                 男 これに対して、アンガーマネージメントの考え方がある。
                  怒ることのデメリットを考えると、「身体に及ぼす悪影響」の方が大
                  きく、体のあらゆる機能が落ち、通常の7〜8倍くらいのダメージがあ
                  ると言われていて、怒りの「衝動・志向・行動」をコントロールすべ
                  きだというのだ。


                 GO! そして、職場の人間関係から起こる問題への対応や、学校で荒れた
                  りキレたりする子どもへの教育に生かそうという動きがある。

                   1970年代アメリカに始まった「怒りの感情をコントロールする」ため
                  の心理トレーニング方法を広めようと、日本にも協会が設立され、社
                  員研修などに進出している。また、ファシリテーター養成に躍起だ。

                   怒り かつての「臨床心理士」の誕生と同じで、繁盛しそうだ。
                 

                  ツォンガ選手は、ボールガールの異
                 変(30度を超える連日の猛暑で体調を
                 崩した。)を察知すると、すぐさま試合
                 の中断を要求して彼女を補助した。背
                 中に手を回し支えながらコートサイド
                 まで付き添う優しさを見せた。
                  ネットの声は、「紳士的な上に、迅速
                 なものだった。」とか。


                 
                Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                新年おめでとう
                0

                   三が日も過ぎて、「おめでとう」は、もう遅いが、
                   年賀状に「新年明けましておめでとうございます」が目立ち、
                   LINEにも、「あけおめ」などが溢れているので、
                   この言葉について考えてみた。


                                                                          
                    「お−めでとう」は、「めでたし・終」
                    →「めでたく・用」のウ音便で、「ござい
                    ます」「存じます」が略された形。
                     そして、もともとは「愛づ」+「甚いたし」
                    の「愛で甚いたし」なのだ。
                      

                   「愛づ」は、 ほめる、気に入る、愛するという意味の言葉で、美しいもの、素晴らしいもの、可愛いものに深い愛情を寄せる気持ちを表す。
                   「甚いたし」は、その状態が甚だしいという意味だ。
                    
                   祝いの場の挨拶、祝意を表す言葉として使われる「おめでとう」は、言葉の成り立ちや起源からみると、「愛したい」気持ちがこめられた言葉だ。
                                                              
                                                                     
                   「めでたい」は、美しい、素晴らしい、可愛い、喜ば
                  しい、見事だ、美味しいなどの広い意味で使われてきた。
                   私たちは、自分のこれらの気持ちを率直に表す言葉と
                  して、迷うことなく使っている。

                    
                   〈おまけ〉 語源でみたように、「めでたい(めでたし)」は文語(古典文の
                        中の言葉)だ。時間があれば、こういうところから学習を始める
                        と、抵抗感が減らせるかもしれない。
                         「あやしくうるはしくめでたき物にもと申す。」
                          (神秘的で立派で素晴らしいものですね。竹取物語)


                   
                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  2015年を表す漢字「安」
                  0

                     これも、年末恒例の「今年の漢字」。
                     2015年・今年を表す漢字は「安」と、アンケートの結果を日本漢字能力検定協会が、京都・清水寺で発表した。森清範貫主が特大の和紙に墨で書き上げた。

                         5632票/129647票

                     

                     「安保関連法案」が審議され、採決に国民の関心が高まったことや、世界で頻発するテロ事件や異常気象など、人々を不「安」にさせた年、ピン芸人・とにかく明るい安村の「安心してください 穿いてますよ。」のフレーズが流行するなどが理由に挙がった。

                     ♧ テレビなど視覚に訴えるマスコミは、おもしろおかしく後者を真っ先に
                      取り上げたが、

                     ♤ さすが新聞各紙は、安倍政権のもとで安全保障関連法案の採否をめぐり
                      国論を2分した点や、世界で続発したテロや異常気象、マンションの杭
                      打ちデータ流用などが、人々を不安にしたことから、「安」は「不安」の
                      「安」であることを告げている。


                      ◇◇ 憲法改正を進めているのも、消費税の軽減税率の決定にも、
                        結局圧力をかけている政権安倍の「安」であり、それを良しと
                        しているかどうか、内閣支持率の推移を見れば一目瞭然だ。◇


                        応募総数は、12万9647票。
                      「安」が5632票(4・3%)。
                        2位が新語・流行語大賞にもなった
                      「爆買い」などから「爆」(4929票)、
                      戦後70年を反映して「戦」(4556票)、
                      芸能人の結婚が相次いだので「結」
                      (3602票)と続いた。 


                     
                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    春秋の争い
                    0

                       県北部那須塩原市の大山巌元帥墓所に続く「大山参道」の、イロハモミジ
                      約80本が紅葉して、緑・橙・赤の色彩豊かなアーケードとなっていることが伝
                      えられている。

                            

                       私の住まいからも近いが、散歩道にしている人たちにとっては、一つの宝
                      を掌中にしているようなものだ。


                       この近くに住んでいる人たちは、もう一つの財を持っている。
                       春の桜だ。歩いても行ける距離に、桜の名所・烏が森がある。

                           


                       この人たちも、私たちも、このどちらが素晴らしいかと優劣を争ったりはしない。

                       日本の文学史には、「春秋の争い」という風雅な論争があった。「春と
                      秋ではどちらが情趣に富み、いずれが趣き深いか」を巡るもの。日本人の
                      春と秋への関心を表すものだが、単なる好みで
                      選ぶ領域だ。       

                       額田王は、〈秋山吾は〉と応え、平安の歌人
                      は、〈春はただ花のひとへに咲くばかりものの
                      あはれは秋ぞまされる〉と詠んだ。源氏物語
                      (野分)には、『春秋の争いに昔より秋に心よす
                      る人は数まさりけるを』とある。
                                      秋は夕暮れ
                                                                           
                       争いの形を借りて季節の味わいを深めるなど、四季の巡りの鮮やかな風土に暮らす我々にだけ恵まれた贅沢かもしれない。ゆとりを忘れ、些細なことには心の動かないた昨今のだが、春秋の優劣を競うような〈遊び心〉があってもいいのではないだろうか。


                       
                      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村