さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
太宰の傑作蘇る
0

     

     本を読まないと言われている高校生が、本を持っている。

     学校の図書館で借りて読んでいるのだという。

     

     

           『葉桜と魔笛』

     

     

     A5(一般的な文書のA4サイズのほぼ半分で正方形)くらいで、48ページだ。

     文章は、太宰の書いた原文だ。

     

        桜が散って、このように葉桜のころになれば、私は、きっと思い

       出します。――と、その老夫人は物語る。――いまから三十五年前、

       父はその頃まだ存命中でございまして、私の一家、と言いましても、

       母はその七年まえ私が十三のときに、もう他界なされて、あとは父

       と私と妹と三人きりの家庭でございましたが、私十八、妹十六の

     

     挿絵と言っていいのか見開き一杯に、紗久楽さわ(詳細略)が、それを描

    いている。戦前の昭和(14年著)の人や暮らしの理解を助けている。

     

     

     私が『葉桜と魔笛はざくらとまてき』に出合ったのは、この生徒たちと同じ年頃であることがとても嬉しかった。

     要らない説明をしていたことだろう。感激には、全9作のシリーズ(乙女の本棚)で出版(立東舎)されていることもだ。

     どういう並びか分からないが、最初に太宰の『女生徒』がある。

     

     

                                                       

      芥川の『蜜柑』 梶井基次郎『檸檬』、

      朔太郎『猫町』 漱石『夢十夜』

      泉鏡花『外科室』 

      江戸川乱歩『押し絵と旅する男』 

      夢野久作『瓶詰地獄』

     

     

     

     

     『葉桜と魔笛』の終わりに、これらを集めた最果タヒ(さいはて たい 詳細不詳)という人の「テレポートする言葉」というエッセイが添えられている。

     

      言葉を読むあいだ、遠いものと近いもの

     がぐるぐると回転をしながら目の前を通り                 

     過ぎていくような感覚に溺れる。(略)下手               

     に自分も言葉を使うから、自分と全く違う

     言葉の使い方に圧倒されて戸惑った。何が

     分かったのか分からないけれど、この人の

     言葉のリズムから再生されたみたいに心臓

     の音が聞こえる感覚。あ、これは分かる、

     生きている人が書いた言葉だ、と納得する

     感覚があった、と。

     

     

     星の数ほどあるだろう小説、短篇の中から偶然に私が推したいものが選ばれていることが嬉しく、また何度も読み返してしまった。

     この歳になっても、『きりぎりす』も『女生徒』や『葉桜と魔笛』に負けないと思っている私だ。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    悠久の望月
    0

       

       23日は、旧暦の神無月の十六日だった。

       東に大きな満月が昇った。月齢15.5

       

       

           

       

       

       これが、「道長の望月」だったという。

       

          平安時代に栄華を極めた貴族藤原氏の中で、最も威勢を

          誇ったのが(藤原)道長だった。(966~1027)

       

       その事を自らに、歌として詠んだ。

       

          この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば

       

       

       それが、ちょうど千年前の満月だったという。   

       そして、今夕昇った満月は、移り変わった時を経てなお地上を照らし続けている。

       

          道長自身の日記(御堂関白記)によると、この歌を寛仁2年(1018)

          10月16日に詠んだと記している。

       

       千年後が、2018年の旧暦10月16日、今日11月23日というわけだ。

       道長の栄華を象徴する望月が照らした私に功あれ。

       

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      日本語教育が必要な生徒
      0

         

         文部科学省が、初めて調査したとした「日本語教育が必要な生徒」の調査結果を発表した。

         「日本語」で「国語」ではない。

         対象に、想像と少しズレがあるかもしれない。

         

         実は、外国で育つなどして日本語が十分にできず、「日本語教育」が必要な生徒について調査したものらしい。

         

            公立高校生のうち9.61%が、昨年度に中退していたという。

              全公立高校生の中退率の1.27% に比べたら7倍以上だ。

                     進学率は 平均の約6割

                     就職の場合 平均の約9倍が非正規

         

         

             

                     

              支援の不足が背景にあるとしている。

         

         

         私は、「国語」と読んでしまった。

         「国語教育」といっても、現実的には、言葉としての「日本語」だ。

         国語科として学ぶ「日本語」は、日本文化を網羅した土台の上に成り立っている。 

         

         

             

         

         

         だから、国語科を疎かにしている生徒を見ると、様々なところで「日本(人)らしさ」が確実に失う方向に進んでいると思う。

         

         「生産性」云々と言った人がいたが、「負」の再生産と、どちらがいいか甲乙付け難い。

         

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        アニメの力
        0

           

           「大ヒット上映中」、「120万部突破」・・・ 。

           こんな言葉で始まるのは、アニメの話題だろう。

           

           20年のパラリンピックに向けて、5分間の短編アニメを放送するプロジェクトがある。パラリンピックの正式種目を題材にした親しみやすいアニメを通じて、パラスポーツやアスリートの魅力を知ってもらい、20年に向けたヒーローを作り出すという。

           

           

               

           

              音でピッチを360°イメージでき  風を感じた日から車いすの少女

              るブラインドサッカー選手       がアスリートへと変わる物語

             

           

           これらのアニメは、観る者に相当の力を持って語りかけ、作者が意図するものを理解する手助けとなってくれるだろう。プロジェクトの思いは叶えられるに違いない。

           

           

           話題にたものを拾ってみた。

           

                

                となりのトトロ          この世界の片隅で

           

               

                 未来のミライ        君たちはどう生きるか

           

           

           それぞれに、いつになく優しい気持ちになって、アニメを楽しむことが出来る。視る者は大人だっていいのだが、童心に返るというようなことだろうか。作者の想いを受け取ったような気持ちになる。

           

           

           『君たちはどう生きるか』を中高生に読ませてみた。導入に漫画版、そして文字版に代えたら、明らかに物語への興味を失い、読みは停滞した。

           アニメの力は大きい。

           文字を読んで、自らの心で受け止め、疑問や感動、共感などの機会はいっそう少なくなっている。

           

           

           

           

          Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          タイポグリセミア現象
          0

             

             全国でも「暑いところ」に数えられる茨城県大子町は、私の住んでいるところから東へ15km、車で20分の所にある。

             祖母の妹が住んでいて、夏休みには久慈川畔の花火に案内してくれたり、大洗へ海水浴ら連れて行ってくれたりした。

             

             その「勝代おばちゃん」が亡くなってから10年になるのか。

             生活必需品を買いに行くこともあり、住まいを壊して更地にしてあるが私名義の土地を車から眺めると、それこそ50年も前のことが蘇る。

             

             私が迎えに行くのだが、決まった酒やお菓子を持ってきてくれた。

             その菓子舗が閉店(倒産)した。

             

             

             

                    風景は変わらず

             

             

             

             人の暮らしの常ならんや ・・・。

             

             

             富山県の老舗和菓子屋「中尾清月堂」は、看板商品のどら焼き「清月」を大幅改良し、お知らせを出したところ、10日間の期間中5万9200個のどら焼きを売り上げ、過去最高の販売実績になった、とか。

             

             

             

                   

             

             

             

             文字の順番を入れ替えても正しく読めてしまう文章で広告し、どこが変わったのかをクイズで答えるリニューアルキャンペーンを開催した結果だという。

             

             「タイポグリセミア現象」というらしい。

             

               みなさまにだいじなおしらせ。このたびなかおせいげつどうが

              ぜったいにばれないように どらやきのリニューアルをおなこいま

              した。

             

             

             これは使えそうだ。

             近隣住民の高齢化、過疎化が進む地域にあっては、難しいだろうが ・・・。

             

             

             

             

            Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            言葉の流行にも乗れない
            0

               

               地方紙が朝の一面で、コラム(soonの「雷鳴抄」8/12)が、

                 60Wの電球100万個がLEDに換わると、年に23億円の電気代と4万tを

                超える二酸化炭素が削減できるという、

              と言っていた。本文は、こう始まる。

               

                 長らく照明は白熱電球に限ると思い込んでいた。蛍光灯の無機質な光

                とは真逆の暖かみのある明かり。卓上の食べ物をおいしそうに照らし、

                家庭のだんらんをぬくもりで包み込む。難点は消費電力が極めて大きい

               

               

               LEDへの転換の効果はさておき、この34文字(46音)にある「真逆」という

              言葉に、中味をよく読もうという気が薄れてしまう。

               流行語を、こういうところで使っているからだ。

                                     

                 真逆:2002,3年ごろから使われ始め、04年度

                    には流行語大賞にノミネートされた。も

                    ともとは映画業界用語(照明技術・・・)。

               

               流行語に対する偏見かもしれない。

               濁音だから聞きにくいのか。

               

               

               同じ日「論説」では、閉会中審査(における安倍首相の姿勢を)について、「『謙虚、丁寧』真反対の対応」という見出しで書いている。

               

                 内閣改造後の記者会見で安倍首相が国民の不信

                解消に向けて強調した「謙虚に、丁寧に」という

                言葉とは真反対の対応だった。・・・。

               

                 その姿勢が、「・・・」とは反対だったという

                ことは、十分に伝わっている気がする。

               

               

               

               その数日前同紙は、柳田邦男の「日野原重明さんを悼む」という文章を掲載した。

               

                    
                     

               

               

               ここにも、気になるところがあった。

               少し前に亡くなられた日野原さんの生き様にも、柳田の考え方や文章にも関心があったからだ。

               

               柳田が1980年に聴いた日野原さんの講演を、30年以上経って再び文章(全く同じではない。)に出合ってから、癌問題を自らのライフワークとしたことを、「不思議な邂逅かいこう」と呼んでいる。

               

               ただ、一点。よく使われる敬語の使い方が気になって仕方がない。

               

                 先生が,「死をどう生きたか」についての思いを書いておられたことだ。

               

               

               もう一つは、単なる印刷上の問題だろう。

               1行15字で4段構成だが、行頭に、々や・(中点)などは、見た目がよくない。

               NIE を推進するとしている同紙にあってはと、首を傾げる。

               

               地方紙だが(記事のリソースは中央紙に依っている。)よく読んでいる。

               

               

               

               

              Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              最後の授業
              0

                 

                 高校は、三年生が「特別学習期間」に入る。大学の一般入試だ。

                 今日この学校で、最後の授業になる。

                 

                 「最後の授業」と文字を並べると、ドーデの『最後の授業』を思い起こすが、もちろんそれほどの緊迫感はない。

                 ただ私にとって、こんな好機は本当に最後だろうと、普通の高校生に対する期待と、自らの本音で1時間×3クラスの授業を全うしようと思った。

                 

                       

                       

                 

                 

                  ◇ 先週金曜日の第一段では、内田樹「ネット上の発言の劣化につい

                   て」を読ませた。資料に、米トランプ大統領の「大統領令」を巡る

                   日本の政治、米国内の反応・司法の対応の動き等を説明する文章を

                   扱った。

                    最初から彼らには理解できないと考えてそれらを呈示しないのは

                   益々彼らを無の世界に押し込んでしまうから。

                 

                  ◇ ドーデの『最後の授業』    

                    仏領アルザス地方に住む学校嫌いのフランツ少年は学校に遅刻す

                   るが、彼は予想に反してアメル先生に着席を促される。気がつくと

                   教室の後ろには正装の元村長はじめ村の老人たち。教室の皆に向か

                   い、先生は話し始める。

                    「私がここで、仏語の授業をするのは、これが最後です。普仏戦

                   争でフランスが負けたため、アルザスはプロイセン領になり独語し

                   か教えてはいけないことになりました。これが、私の仏語の、最後

                   の授業です」。「仏語は世界でいちばん美しく、一番明晰な言葉で

                   す。そして、ある民族が奴隸となっても、その国語を保っている限

                   り、牢獄の鍵を握っているようなものなのです」と。

                    生徒も大人たちも、最後の授業に耳を傾ける。やがて終業を告げ

                   る教会の鐘の音が鳴った。それを聞いた先生は蒼白になり、黒板に

                   「フランス万歳」と大きく書いて「最後の授業」を終える。

                 

                 

                 

                 私が、その時生徒の前に立っているのは「古典文」を読んできたからだ。

                 

                 そして、最後に彼らの持っている分厚い教科書「古典B」の伊勢物語を選

                んだ。第9段「東下り」が最もポピュラーで、初冠(第1段)、芥川(第6段)

                筒井筒(第23段)、梓弓(第24段)等を掲載して教科書が多い。

                 

                 

                       

                 

                 

                 初冠(第1段)だ。

                 当然ながら、テーマは「平安時代の貴族の恋愛事情」になる。

                 現代、あるいは自分たちと比べられるだろう。

                 

                 

                   

                    

                   

                 

                 

                 さらに、「狩衣(かりぎぬ)の裾(すそ)を切りて、歌を書きてやる。」の方法と

                エネルギーについて、答えを求めない問いを投げる。

                 

                   

                 

                   

                 

                 

                 結論は、私老人の冷水であり、独りよがりの論で、自己満足であった。

                 

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                夜半の寝覚
                0

                   

                   夜中に、いやもう朝方、思わず目が覚めた。

                          

                          午前4時過ぎ ・・・。     

                   

                   ラジオの音楽を目覚ましにしているが、時々設定した時刻と全くかけ離れたときに起こしてくれることがある。

                   ほとんど許すことが出来ない。今朝もやられた。

                   

                   流れていたのは、「ラジオ深夜便」だった。

                   4時台は、「明日へのことば」。

                   

                    「書くこと 知ること」として、作家 あ ・・・とアナウンサーとのトーク。
                     (H28/11/12 岡山県勝央町の「ラジオ深夜便のつどい」で収録と。)

                   

                   

                   いや、その聞き苦しいこと、目が覚めてしまった。

                   

                   

                          この話の作者

                   

                   「乱れている」日本語のオンパレード。

                    ( youtube 参照、視聴あれ。 )

                       ○ ら抜き言葉

                       ○ おかしなアクセントやイントネーション

                       ○ 不自然な語尾の抑揚

                       ○ 「すごい」の副詞としての使用

                       ○ 「若者言葉」の頻用

                       ○ 「いただく」を始め、敬語の誤用

                       ○ 乱暴な言い方

                       ○ 不適切な慣用句の使用

                       ○ (認められていない)流行語の多用

                       ○ 聴き手を意識していない  など

                   

                   私は、『バッテリー』の原作を読んでいない。

                   私と同世代の物書きで、言葉に拘っていない様子には首を傾げる。

                   

                   決して作家あ・・・を、番組をも批判しているわけではない。

                   ただ、多くの視聴者を得たアニメの原作者なのだから、言葉遣いにおいても手本を示して欲しい。

                   いま流行のあれだって ・・・。

                   

                   

                   

                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  すみませんとすいません
                  0

                     

                     スーパーで兄弟喧嘩に出くわした。ふざけてじゃれている程度だ。

                     兄の方が弟の腕を避けたら、お尻が私の買い物かごに当たった。

                     それを見ていた母親が、「謝りなさい。」と、小声だが強い口調で諭す。

                     

                     

                          

                     

                     

                     子どもたちは、すぐに「ごめんなさい。」が言えた。兄で6、7歳か。

                     私は、「『ごめん。』はえらいなぁ。子どもは元気な程いい。」と返した。

                     母親は、「どうも、すいませんでした。」と丁寧に言葉を重ねた。 

                     一生懸命に子育てをしているような感じ。三十歳前後か。

                     

                                      

                     「すいません。」だった。

                     

                       ある元アナウンサーが、「すみません」を

                      「すいません」と言っているようでは、

                      「ことば美人」には程遠いと言っていた。

                     

                     

                       とっさに出た謝罪の言葉は、それでよいと思った。

                       私は結構、言葉の使い方について拘って暮らしているつもりだが、

                      「すみません」をより正しいとしても、大いに許せると確信した。

                      
                                              

                     「すみません」は、謝罪の場面で「済みません」(すみません、次回から気を付けます。申し訳ない。)と使われる。

                     それが、話すときに少し省略した感じの「すいません」になったようだ。「書き言葉」が「話し言葉」に、ちょっとなまった感じの言葉を理解して使っていいのだ。

                     

                     

                       この機会に振り返ったり調べたりしてみると、

                      相手に悪いことをした時は気持ちがよどんでしまうが、

                      「すいません」と謝罪することで、気持ちが晴れる、

                         す(澄)んでくる(済む=澄む)、でいい。

                     

                     

                     

                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    「 too far away 」 オオカメノキ
                    0

                       ラジオから谷村新司が流れていた。
                       真正面から聴いていた訳ではなく、ながらだった。
                       それでも、耳に残った。そして、繰り返し私の口に蘇った。


                       「 far away 」だった。

                         こんなに遠く離れていても 夜毎心は空を駆けてゆく
                         君だけいれは君さえいれば 生きる事さえ辛くないから

                          君が病んだときは 僕は息を止めて
                          熱い想いをこめ祈り捧げたい

                            Too far away 愛への道は far away
                            だけどかすかに光見えればそれでいい
                            Too far away 君への道は far away
                            だから言葉ひとつくれればそれでいい 


                       youtube で聴こうと開いた。
                       最初の画像が、大空の下のオオカメノキ(らしい花)だった。


                           


                         見えない糸で結ばれている そんな約束僕はほしいよ
                         つきなみだけどこの世に一人 君だけ好きだ君だけ好きだ

                           ・・・・・
                           

                       私に蘇る言葉は、広がるところを持ってはいない。
                       受けとめてくれる形もない。

                       しかし、消えないように、呪文のように、花を、オオカメノキを身近に置いた。


                                   

                       宣言とした。


                       
                      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村