さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
ひとひら忌から
0

     

     ちょっと過ぎてしまったが、30日、ひとひら忌だった。

      ー『ひとひらの雪』(渡辺淳一著)からきている。ー

     

     『リラ冷えの街』と『北都物語』を読み返したところだった。マラソンでの北海道行で、もう一度小説に描かれている札幌の街を確かめるための準備としてだった。

     もう一つ、今年はぜひ「ライラック祭り」の頃に訪ねたいと思って、どう表現されていたかを読み直しておこうと思ったからだ。

     

     

     

          

     

     

     

     さらに、近頃気になり続けているのが、『阿寒に果つ』の「時任純子」のモデルだったという「加清純子」なのだ。

     天才画家として高校生で中央の画壇にデビューしている。随筆『私の中の女神たち』に記してあるが、彼女に関する直接の資料は少ない。「渡辺淳一記念館」の資料をもとに歩いてみたいと思ってきたのだ。

     

         いまだに自伝的な『阿寒に果つ』の中での、主人公と関わる

        早熟な女子高生の天才画家が、気になってならない。

     

     

     私にも若い世代と関わる機会があって、自分も若返り、その若い女性たちにも興味が湧いた。

     そして、いつしか彼女たちの中に「時任純子」を探し求めていた。

     

     

      私自らも、作者渡辺の思いに近づこうなどと考えたものだ。

      『解剖学的女性論』から『熟年革命』が参考書になった。

         (自らをプラチナと呼ぶシニアなのに …。)

     

     近年、それが緩やかにスタートして、低空飛行を続けている。この高さでいい。自らのそれに「さくら」を付すとしたら、さくら忌まで飛び続けたい。

     

     

     どうも、今逆境にあるようだ。セクハラ報道やわいせつ事件 …。

     いや、私の心持ちが渡辺淳一的であり、彼の言う「反常識」であるようだ。

     

     

        北海道も初夏に向かっているだろう。

        ライラック(リラ)の標準開花日は、9日だという。

     

     

         札幌観光協会

     

     

       リラの花は盛り上がるように咲きながら、その実淡く冷え

      冷えとしていた。優しさをふりまきながら一点、寄せつけぬ

      ところがあった。(『リラ冷えの街』本文) 

     

     

     ライラック祭りは、大通会場:2018年5月16日・土〜27日・日 川下会場:2018年6月2日・土〜3日・日だ。

     函館マラソンが7月1日・日、北海道マラソンが8月26日・日でまだ間がある。準備には余裕がある。

     

                         『ひとひらの雪』に触れなかったが、いいだろう。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    上溝桜も咲く
    0

       

       20日弘前まで染井吉野が北上して桜祭りが始まり、24日には満開になる見込みだそうだ。

       箱根の芦ノ湖畔にある箱根園の一本桜の大島桜が今が満開で、今月一杯見られるという。

       東北から北海道なら、まだまだ満開の桜が見られそうだ。

       

       

       私の関東の山の方では、上溝桜うわみずざくらが咲いた。

       

       

           

       

       

       道路脇の荒れた傾斜地に立っている幹から枝が垂れている。

       長さ15cmくらい、試験管洗いのような穂の形だ。

       

       

           

       

       

       花穂は、1cm近くの白色5弁花を密生させている。

       雄しべが花弁から飛び出して目立っている。

       

       陽当たりのいいところの幹なら、花穂をたくさん付けるので見応えがある。緑を濃くした葉っぱの中で、この白い花は見つけた者を惹き付ける。

       

       下を通ると、ほのかに甘い香りが降ってくる。桜はバラ科だからね。

       

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      落花
      0

         

         花びらが枝から離れることを落花らっかという。

         桜について言うことが多く、 ちょっと堅い響きもある。

         しかし、舞い散る姿がつくる紋様と瞬間は優雅でもある。

         

         

         今まさに悪戯な春の風に急かされている。

         

         

             

         

         

         

         舞うように散っていく姿は美しい。

         どこか、寂しさを感じなくもないが …。

         

         

             

         

         

               中空に とまらんとする 落花かな  汀女

         

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        山桜も盛りすぎ
        0

           

           今年は季節の歩みが早いようだ。

           うっかりしていると、花の盛りを見逃してしまうし、自らの春までやり過ごしてしまう。

           

           一週間は早いが、毎年見ている山桜も、染井吉野と同様かと行ってみた。

           

           

               

           

           

           満開だ。

           山桜では葉が出てしまって、桜色が茶色がかっている。 

           (裾の枝が落とされて、樹形が変わってしまった。)

           

           

                              

           葉が出て、元気だ。

           花びらが負けている。

           もう少しピンクが

             濃いはずなんだが …。
           

           

           これらがある低い山を廻って南から眺める。

           山肌に、山桜が点々と咲いているはずだと。

           

           

               
               

           

           

           春のパッチワークは、コントラストが弱いようだ。

           山桜は、針葉樹に対して灯をともすように、山肌に存在感が大きい。

           雑木は芽吹いているが、それらの幾種類かの木の新芽はまだ個性を出していない。

           

           山桜の魅力の一つだ。

           

           

           

           

          Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          薄墨桜も葉桜に
          0

             

             薄墨桜も、葉桜だった。

             下野市天平の丘公園の国分尼寺跡にある岐阜根尾谷の枝を接ぎ木したものだ。

             

             葉桜も一興だが、やはり祭りの後は少し寂しい。

             太宰の短篇『葉桜と魔笛』を引っ張り出して読みなさいと言われているようでもある。

             

             

                 

             

             

                        

             

             

             薄墨桜は彼岸系の桜だから咲き誇って豪華というわけではない。

             これは手入れがよく行き届いていて、花の数が多い。

             

             散り際に、花びらに薄墨が差すと言われているが、いまだに見たことがないし、認めたことがない。

             

             公園は平日だというのに、桜など気に掛けない家族連れで、溢れていた。

             お陰で葉桜を独り占めし、あれこれと想いを巡らすことが出来た。

             

             

             我に返って、気持ちの帰り支度をする。


             「安行の寒桜」も

            満開を過ぎていた。

               

             河津桜に近い種類だろう、

            ピンクの濃い大きめの花びらは、

            暖かい空気の中で、ゆっくりと

            宙を舞っていった。

             

             

             

             私の「桜巡礼」は、渡辺淳一的に持ち込めずに終わった。

             いや、次に続く。葉桜のせいだよ。

             

             それは満開の染井吉野に始まって、盛りの枝垂れ桜が次を予告した。

             

             

             

                 市貝町赤羽

             

             

               市貝町文谷

             

             

             

             葉桜を見せられたのは、振られたようなものだ。

             私に、巡礼を続けるエネルギーが蘇るだろうか。

             

             

             

             

            Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            江戸彼岸でもはやい
            0

               

               桜前線の北上に逆らって、自宅から南西に70kmあまり、時間にして1時間40分ほど行ったところに桜を観ようとしていた。

               今年はどこでも1週間ぐらい開花がはやいと聞き、盛りは過ぎるだろうかと不安も少しあったが。

               

               

                 それでも、大騒ぎの染井吉野とは違って江戸彼岸だから、

                まだまだ大丈夫だと鷹をくくっていた。

                 そして、ここ2、3年は行っていないが、間違いないと

                      休日明けを待った。桜は静かに味わうべし …。

               

               

                  花曇りの向こうに、淡く大きく宙に浮くピンクのかたまりがない。

                  桜の大きな木が見えるはずのところに来ても見えない。

                  動悸が分かる。どうも期待外れによるものらしい。

               

               

                   

                      下野市 天平の丘公園

                      下野国分尼寺跡の薄墨桜 

               

               葉桜は、仕方がない。

               何度も見に来ているのに、薄墨桜が眼で確認出来ない。

               散り際に、特異の淡い墨色になる、が分からない。

               

               

                   

               

               

               これは、散り残ったもの。少しも墨が差していない。

               岐阜根尾谷のひこばえを受け継いだものだというのに。

               

               

               

               ここは、安行の寒桜も既に満開を過ぎ、八重桜になる。

               

                
                    

               

               

                        

               

               

               たた桜であれけばいい、ただ満開ならばよい、という訳ではない。

               

               

               

               

              Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              如月の望月
              0

                 

                 低い山から上がった今夜の月。

                 

                 

                     

                 

                 

                 満月なだけで普通の月だ。

                 

                 如月の望月なのだと言っても、桜がない。

                 咲き誇る満開の桜越しに眺めれば、西行のそれに近づくのだろうけれど、どうもその辺りの努力が足りないようだ。

                 

                 

                    西行は釈迦入滅の日の「この日」桜の下で果てたいという

                   「願はくば花の下にて春死なむ …」と、詠んでいたと言われ

                   ている。そして、願い通り建久元年二月十六日、河内の弘川寺

                   にてこの世を去ったと。

                 

                 

                 この西行の歌と死は重なったように見えるが、時間的にもズレがあったことは証明されている。

                 この頃のように染井吉野がいつもより一週間も前に満開になれば、山桜にでも、その願いは叶ったかもしれない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  上って二時ほど過ぎた   

                 

                 

                 

                 この望月に、闇を見たのはよかった。

                 満開の桜とともに …という熱意に欠けていた。

                 

                 江戸彼岸越しに弥生の月を眺めて、わが想いを重ねることにしよう。

                 

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                桜満開見逃しそう
                0

                   

                   夏日予想が2日続いて、栃木でも27日の宇宮の開花から続いた。

                   地方紙soonは、30日朝、県内11か所の桜を載せた。

                   壬生町東雲公園、八幡山公園(宇宮)、矢板市の矢板記念館の桜など。

                   

                   昨日私は益子に行っていただけに、真岡鐵道沿線を回らなかったことを悔いた。

                   

                   

                       

                   

                   

                   茂木まで仕事に行っていた頃は、いつでも見られると思っていた。

                   今年は当時を思い出し、客車の中から桜を撮りたいなどと思っていた …。

                   

                   

                       これらは、ソメイヨシノだ。

                             私にはこの後に、桜を観るある企てがある。

                             上手くいったら、ここに載せることにする。

                   

                   

                   それでも、桜の遅いのが悔しいから、家から100mのトウカイザクラの様子を置くことにする。

                   

                   

                        

                   

                   

                           

                   

                   

                   彼岸桜系なので、シンプルで質素で可愛い。

                   

                   明日、如月の望月だ。どの桜を観ようか。

                   

                   

                   

                   

                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  拡がる桜色
                  0

                     

                     さくらへのあこがれは、島田恭子の桜や街中の河津桜を観て、一気に急かされた。頭の中のさくら色は拡がり続ける。

                     菓子店のショーケースを見ても、中の桜色に目が留まる。

                     

                     かくして、その桜のロールケーキを食べることになる。

                     

                     

                          

                     

                     

                     桜色は、苺。― ただ、それだけのこと。

                     しかし、私の中でさくら色が拡がる。

                     

                     

                     それに、さくら色のスイートピーを添える。

                     

                      

                          ケーキの隣の花屋で  

                        一本だけ買ったもの。
                               

                     

                     気持ちだけは盛り上がった …。

                     桜はまだ咲いていない。沖縄や伊豆とは違う。

                     

                     それでも調子に乗って、私に近くで最も早く咲く河津桜を見に行った。

                       遠くから見ると、枝先が赤みを帯びているようにも …。

                     

                     

                          大田原市福原

                     

                     

                     

                     河津桜はこの辺りだって、染井吉野に先がけて咲くだろうが、あと1ヶ月ぐらいかかるのだろうか。

                     

                     まだ春の雪に遭うこともあるかもしれない。それでも、必ず咲く。

                     私の中のもう一つの桜は、遅れても開くだろうか。

                     予感を辿って、小さな確証を求めて彷徨ってしまった。

                     

                     

                       足元の水仙は、幸せの黄色で  

                      首を縮めて咲いている。

                                  ひなのひに

                     

                     


                                           

                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    島田恭子の桜開く
                    0

                       

                       今年の桜巡礼が始まった。

                       如月にはまだ少しあるが、春の嵐が来ようとしている。

                       

                         それからの方が落ち着いていいかもしれないと思っていたが、

                        島田恭子の今年最初の桜が今日までだった。

                       

                       はっきりした予定なしに、少し早めに起床したら、足が桜に向いた。

                       

                       

                            

                       

                       

                       八重洲口を出ると、早速河津桜の歓迎に遭った。

                       

                       

                            

                       

                       

                       日本橋眦膕阿亙僂錣蕕覆ぁ

                       

                                      

                           

                       

                       

                           19回になる眦膕阿任瞭芸展。

                           ー源氏の恋・桜彩ーとテーマがある。

                       

                         今展では「源氏物語」に登場する女性に思いを馳せ、主題と

                        して作品を制作されています。一層進化した桜の花々を是非

                        この機会に御高覧下さい。(眦膕鞍術部の案内)

                       

                       

                            

                              「明石の君」と銘された桜紋様皿

                       

                          桜の下での明石の君の懊悩を彷彿とさせる、

                         金の曲線の波が、面の中心になっている。

                       

                           雪深み深山の道は晴れずとも

                             なほ通へあとを絶えずして     

                       

                               源氏物語第十九帖薄雲 明石の物語

                                               かと見える。

                       

                       

                       島田さんに、その意図や心積もりなどを聞いたものもあった。

                       制作者に、それを聞いてはつまらないだろうに …。

                       

                       私は往きの電車の中で、渡辺純一「源氏に愛された女たち」(一部)を

                      読んでいた。

                       (ここだけの話) 島田恭子の桜を鑑て、彼女の「女性論・恋愛論」が書

                      けそうだと思った。あくまでも、私の鑑賞として。

                       いや、書いてみよう。

                       

                       

                       

                       

                      Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村