さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
教員多忙どこから
0

     

     文部科学省が、OECD国際教員指導環境調査2018の結果を公表した。

     

     前回13年の第2回調査では、日本の教員の多忙さが注目された。

     今回の結果には、「日本の中学校教員 参加34カ国中で最長勤務」という見出しが付けられた記事が多く掲載されている。

     

     変わりがないということだ。

     

     日本の中学校教員の1週間当たりの勤務時間が53.9時間と参加国・地域の平均38.3時間を大きく上回って最長であったことが報じられている。

     

         

          朝日デジ

     

     

     13年調査以降、日本の教員の多忙さが注目され、学校における働き方改革などの議論につながった。

     そしてその後の取り組みが、学校における働き方改革が実効性を持ったものとなるのか問われながら、日本の教員の多忙さが改善されていないことを端的に示している。

     

       OECDのA・シュライヒャー教育スキル局長は19日、会見(日本向け

      にビデオ中継)で、「子どもたちの学習に直接関係しない仕事を減らし、

      教員同士の連携も進めるべきではないか。」と提言したとか。

       大きなお世話だ。

     

     

     また、学校での仕事に時間をかけているのは、職務に真面目に取り組んでいることと、成績の中下層の児童生徒を何とか引き上げようとする創意工夫をひねり出す・試す時間に相違ない。経験上、間違いないと確信する。

     

     

     それらを否定する記事があるが、断じて正しくはない。

     

         

         

     

     

     これを、「デジタル化」への対応の遅れとしているのがある。

     ― 児童・生徒に情報通信技術(ICT)を活用する活動を頻繁にさせている中学教員の割合は17.9%で、下から2番目の低さ。社会のデジタル化への教育現場の対応が立ち遅れている実態が浮かんだ。― 日本経済新聞

     

     

         

        

     

     当の教育新聞は、結果のみを伝え、分析・対策なしだ。

     大学教授藤川大祐教授千葉大のコメントを載せている。

     

       すでに教員の仕事は「ブラック」と指摘される。

       学校教育の中に閉じて忙しい教員が、新学習指導要領が求める新しい

      教育を創造的に担うのは無理だ。

       「閉じた多忙」から「開かれた創造性」へ。そのためにはまず,大胆な

      予算措置により教員の待遇を改善し、授業時数の大胆削減をすべきだ。

     

     

     学校を離れてみて、一層そう感じる。誰にも聞かれていない。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    「ポスドク」を聞く見る
    0

       

       「40代、貧困ポスドクの悲哀 時給バイト以下、突然クビ」、こんな見出しの記事に出合った。朝日デジタル '19 5.15

       

          教育学で博士号を取得している舞田敏彦さん(42)は、大学で研究

         職に就くことを望みながらも、安定した職と生活が得られない。

       

          5校で非常勤講師、40校以上の大学教員の職に応募したが採用さ

         れず。方向転換を諭されたが、諦められなかった ・・・。

          ロスジェネ世代の博士たちは、不安定雇用の壁に苦しんでいる。

       

       

           

       

       

          1990年代の大学院重点化政策で博士が急増。今大学は人件費削減

         のために常勤が減らし、3人に1人は非常勤講師にしている。

          非常勤講師の給与は、週1コマ月4回で月収3万円。授業の準備・

         学生の質問対応で学生アルバイト以下、まるでボランティアだ。

       

       

       かつて、定年間際の私も、こんな事情を知らないままに公立小中学校教員

      を辞して、古典文学(文学教育)を講じたいと職を探したり応募したりしたが

      不採用。結局、高校で5年間講師をした。

       

       

       だから 彼も、「大きな研究成果を上げ、将来を期待されていたにもかかわらず、多くの大学に就職を断られて追い詰められた女性が、43歳で自ら命を絶った」という記事を見ていた。西村玲さん,日本思想史、16年2月2日死去。

       

       

                          

                                                                                   

                                                                                   

                                                        

       

               娘の研究資料を眺める父      

       

       

          文科系学問の研究者はとりわけ厳しい立場に置かれている。

          「博士課程まで進んでしまうと、破滅の道。人材がドブに捨て

         られている。」と言う人もいる、とあった。同 '19 4.22

       

       

       それまでに費やしてきたものが大きい(と思っている)だけに、見合う職に就きたいという願いの強いことが分かる。

       

       もう私の年齢になれば、もう望みはない。

       論文を書くことは出来ないだろうから、認知症予防のための脳活に、教員免許更新講習を受講しようと思っている。

       

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      ちょっと恥ずかしい一点
      0

         

         令和になったと、新しい時代の到来に日本中が喜んでいる。

         

         退位の礼の具体的な儀式は、退位当日の2019年(平成31年)4月30日に、

        退位礼正殿の儀 たいいれいせいでんのぎ が、国事行為として皇居宮殿正殿で

        行われた。国民がうかれているのは、これによる。

         

         

              無礼をお許し下さい!

         

         

          天皇が剣璽や御璽、国璽を伴って松の間に入場し、ほかに皇后・皇太子

         徳仁親王をはじめとする皇族、三権の長らが揃い、内閣総理大臣・安倍晋

         三が天皇の退位があることを報告し、天皇への感謝の意を盛り込んだ

         「国民代表の辞」を読み上げた後、退位礼正殿の儀に先だって開かれた

         定例閣議で決定された天皇の「おことば」があった。  

           

         

         この「国民代表の辞」と「おことば」は、奉書の体を成している。

           ―国民代表の辞―

           謹んで申し上げます。

           天皇陛下におかれましては、皇室典範特例法の定めるところにより、

           本日をもちまして御退位されます。

           平成の三十年、「内平らかに外成る」との思いの下、私たちは天皇

           陛下と共に歩みを進めてまいりました。略

         

           ―おことば―

           今日をもち、天皇としての務めを終えることになりました。

           ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、

           深く謝意を表します。

           即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼

           と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。略

         

         

         

         問題があった。「退位礼正殿の儀」という歴史的な儀式での、「安倍首相の失言が世間を騒がせた。ミスは誰にでもあるが、それを防ぐ準備は十分だったのか。首相の姿勢が問われる。」とマスコミが大失言だと指摘する。ネット上に動画もある。

         

         「国民代表の辞」の終末、

          「天皇,皇后両陛下には末永くお健やかであらせられますことを願っていません。」

          ― 「い」に漢字の「已」が書かれていたのか、「いません」と読み上げた。―

         

          これでは、国民の大多数の願いとは全く逆だ。

          ― 動画で確認すると,どうもそのようだ。―

         

           
               


         文書として公表された「国民代表の辞」には「願ってやみません。」だという。

         「願ってやまない。」の「やむ」は漢字で「已む」と書かれていたのだろう。

         この舞台が憲政史上初の儀式だけに、その重要な場で国民を代表し、天皇、皇后両陛下に直接挨拶をするのに、下読みも十分にしなかったなら、怠慢の極み。皇室に対する敬意を欠いていると言われても仕方がない。

         

         

         安倍氏は、17年1月の参議院本会議で蓮舫議員に対し、「訂正でんでんという指摘は全く当たりません。」と答弁しているらしい。これは「云々」を、「伝々」と誤って覚えていたようだ。もし「国民代表の辞」の原稿にひらがなで「願ってやみません。」と書いてあったのに「願っていません。」と言ったのなら、安倍氏は「願ってやまない。」という言葉を知らないほど語彙が乏しいのか ・・・。

         

         国民を代表した「未曽有」の失言は、気付かれず、忘れ去られるのか、意図的に無視されるのか。あの、みぞうゆう 。

         

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        すでに「危険水域」
        0

           

           質の維持困難な「危険水域」近づく ― こんな見出しに眼が止まった。

           

           小学校の教員採用試験の倍率が3.2倍で過去最低となったというのだ。

           

           

               

           

           

           18年度全国公立小学校の教員採用試験の倍率が前年度比0.3p減で7年連続の減少。

           3倍を切ると質の維持が難しくなると言われ、「危険水域」に近づいている。

           

           就職氷河期に公務員が人気だった00年度の12.5倍の4分の1程度に落ち込んでいる。

           

                毎日新聞

           

           

           団塊世代の教員の大量退職に伴う採用が増えていることも一因と見られている。

           学校の多忙などで志望者が減っているという。受験採用世代の働き方への意識も変わりつつあることだろう。

           

           

           質は既に『危険』水域にある。

           つくり出してきたのは、私たちだ。昭和50年代から、この3月まで「教える」に立場にあったのだから。

           昭和から平成にかけたあたりの教育施策に誤りがあったに違いない。

           

             とりあえず、心づくりを重視しながらも、勉強させないと ・・・。

           

           

           

           

           

          Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          スポーツの中毒性
          0

             

             スポーツは、何らかの中毒性あるいは依存性を持っている。

             

                一般にそれは、 接触・摂取することで、精神または肉体に快感を

                   もたらし、その感覚を繰り返し享受し続けた者に、絶え間

                   なくかつ耐え難い快感の渇望をもたらすものの性質のこと。

             

             どういうことかというと、 勝ちたいとか一番になりたいとか、結果を

                    求めて環境を整えたり練習を繰り返したりすることで、

                    本来あるべき自らの姿を見失っていることだ。

                    ― アマチュアに限る ―

             

             

                  

             

              

             終わった後に爽快感を得たり、心身の健康管理に有効だったと感じたり

            しているうちは、それでいい。

             

             やがて、大きな経費をかけるようになったり、時や場を選ばずにその種

            目に入り込んだりするようになると、中毒や依存になっている。

             

             

             ただね、出来るようになっても少しは続けたり、間隔をおかないで繰り

            返したりしておかないと、元に戻ってしまうんだ。

             

             

                  

             

             

             そんなことで、連休中にコースに出ないのが不安なので、いつも行って

            いるところの練習用のホールで打ってきた。

             

             

                  

             

             

             「距離」を求めて行きたいので、頭の中で考えるだけでなく、ネットに向かって打つでもなく、芝の上でのショットをしておくためだ。中毒気味の気持ちは収まった。練習と依存は一步進んだか。

             午前中から出ていた「雷注意報」が、ある意味「依存」を抑えた。

             

             

             

             

            Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            焼酎はお湯割りで
            0

               

               焼酎を呑む。

               いろいろあるが、米焼酎が好きだ。

               

                    

               

               

               

               

               

               

               

               

                お湯割り

               

               

               低カロリーが魅力だった。

               九州などでは、6:4が定番になっているらしいが、私は1:4ぐらいがちょうどいい。勿論、お湯割りだ。

               

               

               この焼酎が健康を害せず、かえってそれを維持、促進するものとして受け取って楽しんでいる。

               それを後押しするようなデータを時々見る。

               

                 醸造過程における「麹」が発酵食品であり、これが「第二の脳」の

                腸内環境を整えているという。

                 味噌や納豆・ヨーグルトなどと同じように、身体をつくるための栄養

                素が摂れる、ビタミンやミネラル、酵素などの生理活性物質が摂れる。

               

               

               

               これが、身体に染み渡れば、すっきりと頭が冴えて回転が速くなり、ひらめきやアイディアも出て来ることが期待できると考えてしまう。

               

               我田引水で、焼酎を呑むことと「脳の活性化」を関連づけしてしまうのだ。呑みすぎ注意で、「脳活」と同様に考えると、健康管理とパフォーマンスの向上が望める。

               

               

               

               

              Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              突き詰めると脳
              0

                 

                 平均的な健康年齢に10年余りを残す歳になった今でも、スポーツにおける

                パフォーマンスが以前のように出来たらいいと、心密かに思っている。

                 

                 ゴルフだ。

                 

                  無理なんだろうとは思っているが、仕事に

                 重きを置かなくていい状況になったり、平日

                 に楽しんだり出来るようになったからだ。

                  休めない仕事と腰痛で「月1」にも満たな

                 い年月を過ごしてきた代償は大きい。

                 

                 

                 時間があるのだから練習をいとわないが、苦しまないでそんなことが出来

                たらいいと思うのは、私だけではないだろう。

                 

                 

                 そういう時、スポーツ記事で、

                    運動は「脳」でするもの。スポーツの動きは身体が覚えているの

                   ではなく、脳が記憶している、というフレーズに出合った。

                 

                 

                  脳から出た命令は、電気信号として筋肉まで伝わる

                  脳内では、「神経細胞」を通じて、次に首や背骨周

                 辺の「中枢神経」を経て、手足などの「末梢神経」か

                 ら筋肉に伝わるという。だから「いいフォームの時の

                 神経ルートを、脳に覚えされる。」のだ。

                 

                 

                   そのためには、脳を活性化しておくことが必要だ。

                 

                 脳を活性化させる習慣というのがある。

                  ( 利き手と反対の手を使う。目鼻耳を閉じ舌だけで食事をする。

                    普段聴かない音楽を聴く。知らない道を早歩きで散歩する。

                    視覚以外で物当てゲームをする。空想をする。読書は精読。

                    人との会話を心がける。新しい事に取り組む。 )

                 

                 英会話や楽器の演奏などもいいらしいが、私には興味がない。

                 

                 

                 そんなとき弟が、映画「ジャンヌ・ダルク」のDVDをくれた。

                 

                      

                                        バイオハザード

                 

                 なぜ、ジャンヌ・ダルクなのか分からなかったが、

                ミラ・ジョヴォヴィッチのような女優が好きだろうと思ったのだろう。

                 だから、彼女についても、映画の内容や価値、評価についても、触れ

                ることが出来てよかった。

                 

                 

                 そこで脳のために、映画についての説明を読んだ。そして、ジャンヌ・

                ダルクについてなどの仏史を学び直した。

                 その量、A4で20枚だから3万字を超えただろう。

                 私の脳が、一時的に活性化された。

                 

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                やっぱり和食
                0

                   

                   土曜日、BSで「男はつらいよ寅次郎」シリーズを観る。

                   いつも寅さんの言動には、はらはらしたり呆れたりしている。

                   それでも、その時間になると、なぜか見てしまう ・・・。

                   

                   妹のさくら、その夫のひろしと息子のみつお、伯父伯母、たこ社長が

                  ちゃぶ台を囲む。― この雰囲気に引き寄せられているのか。

                   

                   そこに、焼き魚ご飯がある。

                   

                   

                       

                   

                   

                   この「寅さんの食卓」は、1975年(昭和50年)あたりのものらしい。

                   

                   

                   結局、寅さんを見るのが健康にいいようだ。

                   同じように、こういう食事が身体にいいのだろうと思う。

                   

                   

                   和食に関する記事で見出しだけ見たので、ちょっと調べたら大学(東北大学農学研究科)の研究チームが国民栄養調査などを基に、実際にマウスから人間までを対象に実験した結果らしい。

                   

                    注目したデータ

                      1 1950年の食事と2010年の食事との比較

                        米(半減) 動物性蛋白(2倍) 脂質(3倍)

                      2 1960年 炭水化物の割合大

                        1975年  ※

                        1990年 脂質の増加

                        2005年 肉類が多 魚介類・む炭水化物少

                             単品メニュー

                      3 1975年の特徴(含まれる食材)

                             魚介類 大豆 海藻 野菜 果物 卵 豆類

                   

                   

                        

                           アジフライでも550Kcal前後

                   

                   1990年以降は、食の欧米化の影響もあり、伝統的な日本食のよさが失われてきたように見える。

                   和食文化がユネスコの無形文化遺産に登録された。

                   和食のよさを見直したい。

                   

                   

                   

                   

                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  スポーツ界驚く出来事
                  0

                     

                     12日、スポーツ界で驚く発表があった。

                     

                     女子テニスの世界ランク1位大坂なおみが、コーチのサーシャ・バイン氏との契約解消を自身のツイッターで。グランドスラム2大会連続優勝を支えてきた手腕を誇る名コーチとの師弟関係解消したというのだ。

                     

                                                         

                      サーシャとは今後一緒に活動しない。彼の

                     仕事に感謝しているし、将来の成功を祈って

                     いる、と。

                      バイン氏もツイートでリプライ。「ありが

                     とうナオミ。僕も、本当に幸運を祈っている。

                     なんという道のりだったんだろう。僕を加え

                     てくれてありがとう。」と感謝の気持ちを示

                     していた。       THE ANSWER

                     


                     全豪オープンで優勝を果たしたばかりの新女王がよもやの方向転換。豪州メディアは「全豪オープン女王ナオミ・オオサカは2度目のメジャータイトル獲得後、誰も理解できない衝撃の発表を行った。」と報じているとか。

                     

                       昨季のWTA年間最優秀コーチを受賞したバイン氏。不調に陥った

                      選手が環境を変えるためにコーチを変更することはテニス界では、

                      珍しくないらしいが、最強を証明した選手とコースの組合せを解消す

                      る決断は世界を驚かせただろう。

                     

                     

                     

                     もう一つは、競泳女子で来年東京五輪の金メダル候補の池江璃花子が、

                    白血病であることを自身のツイッターで告白したこと。

                     


                                    応援してくださる皆様、関係者の皆様へ
                      ご報告があります。この度、体調不良とし                                                         

                      てオーストラリアから緊急帰国し検査を受

                      けた結果、「白血病」という診断が出まし

                      た。私自身、未だに信じられず混乱してい

                      る状況です。。
                       今後は、少し休養を取り、治療に専念し、

                      1日でも早く、またさらに強くなった

                      池江璃花子の姿を見せられるよう頑張って

                      いきたいと思います。これからも温かく見

                      守っていただけると嬉しいです。日刊スポ


                     池江は先月18日から約3週間の予定でオーストラリア合宿に出発。今月7日までの予定だったオーストラリア合宿を途中で切り上げて帰国していた。

                       昨夏のジャカルタ・アジア大会では日本勢最多6冠で、女子初の大会

                      MVPに選出された。現在、個人種目12個とリレー種目9個、計21種目の

                      日本記録を保持している。

                     

                     

                     今のトレーニングと大会出場を続けられないのは残念だ。

                     周囲の人たちの励ましなどで最も悲しく感じたのは、お祖母ちゃんが苦しい胸の内を明かしたものだ。

                     

                       「オーストラリア合宿の前、1月2日に家族全員がうちに集まってくれ

                      ました。孫も5人が来てくれて、わいわい騒いでくれました。アジア大会

                      のメダルを持ってきてくれたので、家族全員で代わる代わるかけたりし

                      ましたね。」

                       「水泳なんてやんなくていいから、とにかく長生きしてほしい。私よ

                      り先に逝っちゃうなんて、いやだから、とにかく長生きしてほしいです。

                      生きてさえいれば、私は……。生きてください。私が死ぬ前に死んでほ

                      しくない。私だって80歳なんだから。」週刊新潮WEB

                     

                     

                     スポーツでは偶然の悪戯が、こんなふうに出てきてしまうのが悲しい。

                     お祖母ちゃんの悲しみに、涙を禁じ得ない。

                     

                     

                     

                     

                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    梅原猛逝く
                    0

                       

                        通説を覆す独創的な論は「梅原古代学」と呼

                      ばれ日本古代史に大胆な仮説を展開した哲学者

                      の梅原猛さんが死去した。93歳だった。

                       

                       72年に奈良・法隆寺は聖徳太子の怨霊を鎮める

                      ために建てられたとする「隠された十字架―法隆

                      寺論」、73年には万葉歌人の柿本人麻呂は流刑死

                      したとする「水底(みなそこ)の歌―柿本人麿論」

                      を刊行した。

                       

                       

                       梅原猛が「歴史学」の人だと思っていたから、著書などに触れるのが遅くなった。

                       「九条の会」の「呼びかけ人」として名を連ねていると分かったのが初めだった。(大江健三郎と澤地久枝の外7人は、故人になってしまった。 井上ひさし 奥平康弘 小田実 加藤周一 鶴見俊介 三木睦子)

                       

                       

                       私が最も強く「梅原猛」を意識したのは、『美と倫理の矛盾』に出合った時からだった。

                       これは昭和52年の出版だが、読んだのはそのちょっと後、50年代の後半だったろう。

                       

                       

                       

                       タイトルに惹き付けられ、単純に「美」と「倫

                       理」とは、互いに矛盾する立場にあると言うのか

                       と思った。

                        ただ、「美しいもの・事」は、「倫理」を越えて

                       いるところにある。不道徳でいい。― そんなこと

                       を薦める論なのかとだけ思っていたのだ。

                         
                       

                       

                          これを最も端的に言えば、「川端康成論」だった。

                          少年時代から川端康成を読んでいた作者が、思索の道を選ぶことに

                         なった川端文学のとの出会いと語る。

                          川端の自殺の訳を、共感を込めて「仏界入り易く、魔界入り難し」

                         をキーワードに、彼の作品の変遷・変容に追究した川端康成論だった。

                       

                       

                       私がその頃読み始めた渡辺淳一が、川端を広く深く読んでいたというのが、これらを読むきっかけになっていた。

                       埃だらけの本の中から『みずうみ』や『十六歳の日記』などを探すことになるだろう。

                       

                       

                       

                       

                      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村