さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
突き詰めると脳
0

     

     平均的な健康年齢に10年余りを残す歳になった今でも、スポーツにおける

    パフォーマンスが以前のように出来たらいいと、心密かに思っている。

     

     ゴルフだ。

     

      無理なんだろうとは思っているが、仕事に

     重きを置かなくていい状況になったり、平日

     に楽しんだり出来るようになったからだ。

      休めない仕事と腰痛で「月1」にも満たな

     い年月を過ごしてきた代償は大きい。

     

     

     時間があるのだから練習をいとわないが、苦しまないでそんなことが出来

    たらいいと思うのは、私だけではないだろう。

     

     

     そういう時、スポーツ記事で、

        運動は「脳」でするもの。スポーツの動きは身体が覚えているの

       ではなく、脳が記憶している、というフレーズに出合った。

     

     

      脳から出た命令は、電気信号として筋肉まで伝わる

      脳内では、「神経細胞」を通じて、次に首や背骨周

     辺の「中枢神経」を経て、手足などの「末梢神経」か

     ら筋肉に伝わるという。だから「いいフォームの時の

     神経ルートを、脳に覚えされる。」のだ。

     

     

       そのためには、脳を活性化しておくことが必要だ。

     

     脳を活性化させる習慣というのがある。

      ( 利き手と反対の手を使う。目鼻耳を閉じ舌だけで食事をする。

        普段聴かない音楽を聴く。知らない道を早歩きで散歩する。

        視覚以外で物当てゲームをする。空想をする。読書は精読。

        人との会話を心がける。新しい事に取り組む。 )

     

     英会話や楽器の演奏などもいいらしいが、私には興味がない。

     

     

     そんなとき弟が、映画「ジャンヌ・ダルク」のDVDをくれた。

     

          

                            バイオハザード

     

     なぜ、ジャンヌ・ダルクなのか分からなかったが、

    ミラ・ジョヴォヴィッチのような女優が好きだろうと思ったのだろう。

     だから、彼女についても、映画の内容や価値、評価についても、触れ

    ることが出来てよかった。

     

     

     そこで脳のために、映画についての説明を読んだ。そして、ジャンヌ・

    ダルクについてなどの仏史を学び直した。

     その量、A4で20枚だから3万字を超えただろう。

     私の脳が、一時的に活性化された。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    やっぱり和食
    0

       

       土曜日、BSで「男はつらいよ寅次郎」シリーズを観る。

       いつも寅さんの言動には、はらはらしたり呆れたりしている。

       それでも、その時間になると、なぜか見てしまう ・・・。

       

       妹のさくら、その夫のひろしと息子のみつお、伯父伯母、たこ社長が

      ちゃぶ台を囲む。― この雰囲気に引き寄せられているのか。

       

       そこに、焼き魚ご飯がある。

       

       

           

       

       

       この「寅さんの食卓」は、1975年(昭和50年)あたりのものらしい。

       

       

       結局、寅さんを見るのが健康にいいようだ。

       同じように、こういう食事が身体にいいのだろうと思う。

       

       

       和食に関する記事で見出しだけ見たので、ちょっと調べたら大学(東北大学農学研究科)の研究チームが国民栄養調査などを基に、実際にマウスから人間までを対象に実験した結果らしい。

       

        注目したデータ

          1 1950年の食事と2010年の食事との比較

            米(半減) 動物性蛋白(2倍) 脂質(3倍)

          2 1960年 炭水化物の割合大

            1975年  ※

            1990年 脂質の増加

            2005年 肉類が多 魚介類・む炭水化物少

                 単品メニュー

          3 1975年の特徴(含まれる食材)

                 魚介類 大豆 海藻 野菜 果物 卵 豆類

       

       

            

               アジフライでも550Kcal前後

       

       1990年以降は、食の欧米化の影響もあり、伝統的な日本食のよさが失われてきたように見える。

       和食文化がユネスコの無形文化遺産に登録された。

       和食のよさを見直したい。

       

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      スポーツ界驚く出来事
      0

         

         12日、スポーツ界で驚く発表があった。

         

         女子テニスの世界ランク1位大坂なおみが、コーチのサーシャ・バイン氏との契約解消を自身のツイッターで。グランドスラム2大会連続優勝を支えてきた手腕を誇る名コーチとの師弟関係解消したというのだ。

         

                                             

          サーシャとは今後一緒に活動しない。彼の

         仕事に感謝しているし、将来の成功を祈って

         いる、と。

          バイン氏もツイートでリプライ。「ありが

         とうナオミ。僕も、本当に幸運を祈っている。

         なんという道のりだったんだろう。僕を加え

         てくれてありがとう。」と感謝の気持ちを示

         していた。       THE ANSWER

         


         全豪オープンで優勝を果たしたばかりの新女王がよもやの方向転換。豪州メディアは「全豪オープン女王ナオミ・オオサカは2度目のメジャータイトル獲得後、誰も理解できない衝撃の発表を行った。」と報じているとか。

         

           昨季のWTA年間最優秀コーチを受賞したバイン氏。不調に陥った

          選手が環境を変えるためにコーチを変更することはテニス界では、

          珍しくないらしいが、最強を証明した選手とコースの組合せを解消す

          る決断は世界を驚かせただろう。

         

         

         

         もう一つは、競泳女子で来年東京五輪の金メダル候補の池江璃花子が、

        白血病であることを自身のツイッターで告白したこと。

         


                        応援してくださる皆様、関係者の皆様へ
          ご報告があります。この度、体調不良とし                                                         

          てオーストラリアから緊急帰国し検査を受

          けた結果、「白血病」という診断が出まし

          た。私自身、未だに信じられず混乱してい

          る状況です。。
           今後は、少し休養を取り、治療に専念し、

          1日でも早く、またさらに強くなった

          池江璃花子の姿を見せられるよう頑張って

          いきたいと思います。これからも温かく見

          守っていただけると嬉しいです。日刊スポ


         池江は先月18日から約3週間の予定でオーストラリア合宿に出発。今月7日までの予定だったオーストラリア合宿を途中で切り上げて帰国していた。

           昨夏のジャカルタ・アジア大会では日本勢最多6冠で、女子初の大会

          MVPに選出された。現在、個人種目12個とリレー種目9個、計21種目の

          日本記録を保持している。

         

         

         今のトレーニングと大会出場を続けられないのは残念だ。

         周囲の人たちの励ましなどで最も悲しく感じたのは、お祖母ちゃんが苦しい胸の内を明かしたものだ。

         

           「オーストラリア合宿の前、1月2日に家族全員がうちに集まってくれ

          ました。孫も5人が来てくれて、わいわい騒いでくれました。アジア大会

          のメダルを持ってきてくれたので、家族全員で代わる代わるかけたりし

          ましたね。」

           「水泳なんてやんなくていいから、とにかく長生きしてほしい。私よ

          り先に逝っちゃうなんて、いやだから、とにかく長生きしてほしいです。

          生きてさえいれば、私は……。生きてください。私が死ぬ前に死んでほ

          しくない。私だって80歳なんだから。」週刊新潮WEB

         

         

         スポーツでは偶然の悪戯が、こんなふうに出てきてしまうのが悲しい。

         お祖母ちゃんの悲しみに、涙を禁じ得ない。

         

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        梅原猛逝く
        0

           

            通説を覆す独創的な論は「梅原古代学」と呼

          ばれ日本古代史に大胆な仮説を展開した哲学者

          の梅原猛さんが死去した。93歳だった。

           

           72年に奈良・法隆寺は聖徳太子の怨霊を鎮める

          ために建てられたとする「隠された十字架―法隆

          寺論」、73年には万葉歌人の柿本人麻呂は流刑死

          したとする「水底(みなそこ)の歌―柿本人麿論」

          を刊行した。

           

           

           梅原猛が「歴史学」の人だと思っていたから、著書などに触れるのが遅くなった。

           「九条の会」の「呼びかけ人」として名を連ねていると分かったのが初めだった。(大江健三郎と澤地久枝の外7人は、故人になってしまった。 井上ひさし 奥平康弘 小田実 加藤周一 鶴見俊介 三木睦子)

           

           

           私が最も強く「梅原猛」を意識したのは、『美と倫理の矛盾』に出合った時からだった。

           これは昭和52年の出版だが、読んだのはそのちょっと後、50年代の後半だったろう。

           

           

           

           タイトルに惹き付けられ、単純に「美」と「倫

           理」とは、互いに矛盾する立場にあると言うのか

           と思った。

            ただ、「美しいもの・事」は、「倫理」を越えて

           いるところにある。不道徳でいい。― そんなこと

           を薦める論なのかとだけ思っていたのだ。

             
           

           

              これを最も端的に言えば、「川端康成論」だった。

              少年時代から川端康成を読んでいた作者が、思索の道を選ぶことに

             なった川端文学のとの出会いと語る。

              川端の自殺の訳を、共感を込めて「仏界入り易く、魔界入り難し」

             をキーワードに、彼の作品の変遷・変容に追究した川端康成論だった。

           

           

           私がその頃読み始めた渡辺淳一が、川端を広く深く読んでいたというのが、これらを読むきっかけになっていた。

           埃だらけの本の中から『みずうみ』や『十六歳の日記』などを探すことになるだろう。

           

           

           

           

          Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          忖度再開
          0

             

             米軍普天間飛行場の辺野古への移設計画で、NHK番組で、

             

              安倍首相が、「土砂投入にあたって、あそこのサンゴは移している。」

              と発言したことに対し、

             

              沖縄県が、不正確だと反発している。

              玉城知事は、ツイッターで「現実はそうなっていない。」と指摘した。

             

                              

             移設計画にどう県民の理解を得て      

            い くか、との質問に「絶滅危惧種が

            砂浜に存在していたが、砂をさらっ

            て別の浜に移していくという環境の

            負担をなるべく抑える努力もしなが

            ら行っている。」とも言ったと。

                   Yahoo! News

             

             

             

             

               首相の言う「あそこ」の具体的な場所は不明。沖縄防衛局が移植

              したのは、埋め立て予定海域ではあるが、昨年12月に土砂投入を始

              めた区域ではない場所にあった絶滅危惧種のオキナワハマサンゴだ

              としている。

             

               沖縄防衛局が移植対象としているのは、直径1mより大きいサン

              ゴと一部の小型サンゴで、この土砂投入区域には存在していない、

              という立場をとっている。

             

             

             ! この首相の一部事実と異なる発言をしたこともさることながら、「嘘の発言を正すことも批判することもなく、そのまま報道したNHKの報道機関としての在り方が厳しく問われている。

             

             

             沖縄県民はじめ多くの反対を無視して安倍政権が強行した土砂投入の映像は延々と流すNHK、新基地建設を既成事実化したい安倍政権への忖度と受け取られる。。

             揚げ句の果てに、「沖縄県と政府の対立は、さらに激化は避けられない情勢」などと「中立」を装うコメントをするに至って、メディアの資格が問われざるを得ない。

             

             

                 

             

             

             嘘の答弁の垂れ流し、文書改竄、自殺者を出した首相への「忖度」、その新たなラウンドがスタート、進んでいる。

             

             

             

             

            Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            これ似てないか
            0

               

                I am innocent.

               

                I imitate a inoshishi.

               

               最近耳にした言葉(文)だ。

               どこか、似たように感じるのは、英語に慣れていないせいか。

               

                                          

               「私は、無実です。」と言ったのは、あのゴーン

              容疑者だ。

               公開の法廷での意見陳述で、「捜査機関からの容

              疑はいわれのないものであることを明らかにしたい。」

              と述べ、こう無罪を主張したという。

               

               

               「私は猪を手本に政治運営をする。」安倍首相。

               正しくは、「本年はイノシシのようなスピード感と、しなやかさを兼ね備えながら、政権運営に当たっていきたい。」だ。

               

               

                伊勢神宮を参拝した後の記者会見で、今年の干支

               の亥を手本に政局を乗り切っていく意向を強調した

               言葉だ。

                勿論日本語だから似て聞こえる筈などない。

                ただ、亥にスピード感はあっても、しなやかさは

               持っていないだろうと思われるが ・・・。

               

               

               「政治運営をする」は、政府や自民党・与党を上手く丸める、ではないか。「政局を乗り切る」は、野党の追及を乗り越える、ではないだろうか。

               

               そういうときは、イノシシのようにスピード感を持ってきただろう。のらりくらりとしなやかにかわしてきただろう。

               

               

                          やっぱり、同じようには聞こえないかな。

               

               

               

               

              Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              水分不足ではないのか
              0

                 

                 お屠蘇に、お節に、雑煮と、肝臓や胃腸が参っていたか、年明け早々に、大便秘を起こしてしまった。

                 「出そうで出ない」から、夜をまたいで20時間もかかって、やっと出た。

                 

                 

                     

                 

                 

                 直腸から出口あたりに、相当詰まっているようだ。

                 むっつり感ときゅうくつ感で、重いんだか痛いんだか ・・・。

                 慌ててヨーグルトを食べた。スムージーを飲んだ。蜜柑を食べた。清涼飲料水を飲んだ。味噌汁を飲んだ。しかし、すぐには効果がなく、苦しかった。もう二度とあんなのはいやだと思い出す。

                 

                 

                 正月で食生活が変わっていたせいか、酒の飲み過ぎか。

                 日頃から野菜や果物を食べるようにした来たつもりだったのに。

                 

                 

                            

                 

                 

                 空気が乾燥していて、水分を摂る量が少なく、身体も水分不足になっていたのか。

                 

                 毎朝の測定では、55% 台(身体の水分量)で、標準をクリアしてきた。

                 

                   ただ、この日はゴルフで外で活動した。昼酒を少々呑んだ。

                 

                 

                 昨夜の呑みすぎと、この昼のアルコールが原因ではないかと考えた。

                 

                 

                      

                 

                 

                 体内に取り込んだアルコールを分解するために、身体が持っていた水分が使われ、放出した水分とで脱水症状になり、大便秘を起こしたのではないかだ。

                 

                 

                 アルコール計算機〜分解時間と血中濃度 (二日酔い予防と対策) というアプリがある。

                    二日酔いを防ぐために、翌日に影響しないアルコール量や、

                   アルコールの分解時間、血中アルコール濃度、就寝前の必要

                   水分量の簡易的な計算ができる。

                 

                 私の想像の答えにはなっていないが、多分これだったと思う。

                 5%に割った焼酎を250ml×2杯呑んだら、水を500mlは飲んでおけとあった。

                 

                 それは突然やって来たようだが違うだろう。忘れず、呑もう。

                 

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                大晦日の脳
                0

                   

                   一年の締めくくりは、大掃除だろうか。

                   昨日、今日になったら無理だ。

                   いい加減に済ませることになる。

                   

                   ちょっとだけやり残したことがあるのを思い起こして、それを中途半端に外に出る。

                   ここまで来ても気になるのは、遊びののそれ。

                   この間気付いた「坂道ダッシュ」をへばらない程度に近くの荒れ地で。そして庭の木の間で、300球打つ。

                   

                   

                        来年に向けて

                   

                   

                   思いついたときにやっておく。

                   

                   身体は脳が支配しているから、脳が「これをしよう。」と言い出したときには、それをやって脳のいい発想を促し、脳と身体の関係を円滑にしておく必要がある。(ストレスなく身体が脳から出た命令は遂行できるようにしたいのだ。)

                   

                   

                     いいパフォーマンスを記憶した脳の、再現せよという命令は、

                    電気信号として筋肉まで伝わっていく。

                   

                          

                   


                     電気信号は脳内では「神経細胞」を通じて、次に首や背骨周辺の

                    「中枢神経系」を経て、最終的に手足などの「末梢神経系」から

                    筋肉に信号が伝わる。電気信号が伝わっていくと、脳内に「神経

                    細胞のルート」ができていく、という。
                   

                   思いついたときが、験しどきだ。 

                   神経細胞は脳内に無数にあるからルートも無数にある。いいパフォーマンスが続いたとき、脳はそのときのルートを記憶するのだ。
                   

                   

                   残った掃除は,暗くなってからやることになる。細かいところを見落として丁度いいだろう。

                   

                   

                   

                   

                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  70歳まで働かせるのか
                  0

                     

                     新聞(毎日)に、こんな見出しを見た。

                     

                       70歳まで就業 年金33万円 繰り下げ受給で初試算

                     

                       社会保障審議会年金部会(2日厚労省)が、高齢者の就労の多様化と、

                      それに合わせた年金制度の在り方について議論し、60歳以降も働き続け

                      た場合に受給できる厚生年金額を、複数のケースを用いて初めて提示。

                     

                       70歳で退職して年金をもらい始めた場合、月約33万円(夫婦世帯)と試

                      算した。現在の年金制度の基本となっている60歳退職、65歳受給開始で

                      は約22万円で、約1.5倍の額。

                     

                     

                         

                     

                     

                       政府は現在65歳までとなっている継続雇用の義務付けを70歳まで引き

                      上げる方向で、未来投資会議で本格的な検討を始めている。高齢者にで

                      きるだけ長く働いて、支え手になってもらう狙いで、公的年金の受給開

                      始可能期間も現在の60〜70歳ではなく、70歳超も選択できるよう検討を

                      進めているそうだ。

                     

                     

                     貰う額が1.5倍になるかもしれないという試算            

                    を示されたら、70歳まで働いてみるか、と考える

                    も増えるだろう。

                     私なんて62歳から受け取っている。

                     非常勤の仕事はしているのだが。

                     

                     

                     現在日本では、65歳以上を「高齢者」と定義し、超高齢社会を迎えている。

                     2017年1月5日日本老年学会は、高齢者の定義を「65歳以上」から、「75歳

                    以上」に引き上げ、それより若い人たちは就労やボランティアなどの社会参加

                    を促すべき」という提言を発表した。

                     

                     

                       支給開始年齢を70歳に引き上げれば年金財政に

                      心配がなさそうだが、65〜69歳男性の労働力率を

                      (働く割合)66.7%に設定していて、3人に2人が

                      70歳まで働かないと現水準を維持できず年金額を

                      減らすしかない試算らしい。

                     

                     

                     日本人男性の健康寿命は、72.14 歳でもある。

                     

                     

                     

                     

                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    プラスチックごみの削減
                    0

                       

                       消費税を10%にするとの表明を受けて、国民は対応やささやかな抵抗を始めている。

                       

                       こういうとき、自民党の二階幹事長が、党本部の会議や食堂でプラスチック製ストローを使わないと発表した。

                       「プラスチックのゴミによる海洋汚染は極めて深刻だ。国際的にも取り組みが急がれている。政府や企業にも協力を頂けるよう働きかけていきたい。」と語った。

                       

                       

                         ストローを含む使い捨てプラスチックは海洋汚染に

                        つながるとして規制の動きが出ている。

                       

                       

                           

                       

                       

                       翌日小池都知事は、世界的に問題になっている廃プラスチック問題に東京都としても対応するため、プラスチックごみ削減を進める「条例による対策の推進も視野に、都として進めるべき施策を検討する。」と述べた。

                       都庁内にある店舗の協力で、紙製ストローの使用を検討、都職員に都庁内での買い物にレジ袋辞退の協力を求めている。

                       

                       国民の目は、「プラスチックごみ」に向いてしまったか。

                       

                       

                       それ以前に、こんなのがある。

                       

                       原田環境相は就任3日後の4日の記者会見で、「レジ袋は有料化も義務づけるべきではないか。」と述べた。

                       プラスチックごみを減らそうという取り組みが世界で広がるなかではあるが、大臣としてそれが第一に挙げるべきことなのか。

                       

                       

                           

                       

                       

                        中川前環境相は今年7月の会見で、「中国が資源ごみの輸入を規制した」ことに関する質問(Y新聞N記者)に、「閣議決定を予定している第4次循環基本計画において、『プラスチック資源循環戦略』策定を盛り込んでおります。今回のプラスチックの資源循環が更に徹底されるよう、しっかり検討してまいりたいと考えております。」と回答の記録がある。

                       

                       

                       「プラスチックごみ」 ・・・ それほどの問題と思われない。

                       産経新聞10/13(土)の高瀬真由子記者の書いた記事が、それて答えてくれている。「海洋汚染 プラ製ストローは悪者か」(要約)

                       

                           *   *   *   *   *   *   *

                       

                        プラ製ストロー「排除」の動きが拡大する。直径5ミリ以下のマイクロ

                       プラスチックが、生態系に影響を与えていると叫ばれ、ストローがその象

                       徴となった。ただ、プラ製ストロー廃止が、海洋汚染の解決に直結するわ

                       けではない。プラスチックは飲料ボトルや食料容器など、あらゆるものに

                       使われ、われわれの生活を豊かにしている。

                       

                          2016年世界経済フォーラム年次総会報告によると、流出ごみのうちスト

                       ローが占める割合は、0.1%以下との見方もある。

                       

                          平成10年ごろの「環境ホルモン」、「青酸カリよりも毒性が強い」と危

                       険視されたダイオキシンも、日常の生活で摂取する量では、影響が生じる

                       ことはないと考えられている。環境問題では、まるで熱病にうなされるよ

                       うに問題視されたことが、その後、嘘のように沈静化するケースがある。

                       

                         プラ製ストローを紙に切り替える場合も、新たな環境負荷を生まないか、

                       冷静にみる必要がある。紙の材料として、森林伐採が進む可能性もある。

                       ストローは幼い子供や障害者にとって、水分摂取に必要な道具だ。現時点

                       では、紙やバイオマス素材のストローは、コストや品質面で課題がある。


                         ストローを生け贄のようにしても、問題解決にはつながらない。環境保

                       護の議論には、冷静な視点が欠かせない。

                       

                           *   *   *   *   *   *   *

                       

                       私はまあ、持っている残り時間は長くはないから、CO2削減も、プラスチックごみを減らすことも、大した問題ではない。少子高齢化も、貧困格差も、介護も、そのうち何とかなるのだろう。

                       

                       

                       

                       

                      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村