さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< どんど焼きで無病息災を | main | ゴルフができない理由 >>
やっとグリーンへ
0

     2ヵ月近くグリーンから遠ざかっていた。
     土・日曜日まで延びる仕事と冠婚葬祭が続いて、数字へ挑戦する気持ちは全く消え失せていた。また、12月下旬に「甦」を期した「はが路」のために身体に二重の負担をかけることをも避けてもいたのだ。

     プレイするモチベーションは右肩下がりだった。ホームコースとするクラブも移り、ともにプレーする人も変わると、自然とゴルフ場への足は遠のいた。もう戻らない、以前の環境の良さが口惜しい。
     凮月のグリーンが遅いのは構造上の問題で、今に始まったことではない。

                                                      

    研修会のメンバーも、相変わらず私よりも
    年高のメンバーが多いのは以前と同じだし
    他倶楽部とも変わらない。
     私自身も、歳を重ねたから仕方がない。
               凮月CC  北 No1

     そうこうしているうちに、今年も栃木県東部は、11月14日から最低気温に、−マイナスが付くようになっていた。最高気温も10℃に届かなくなったのは、12月4日のことだ。結果、凍ったグリーンが何よりも嫌いな私は、ゴルフ場へ行くことを避けるようになっていた・・・。クラブさえ握らなかった。(腰痛を起こした11年以来の遠ざかり様だった。)

     そして、近所のコンペに誘われてしまった。しかも、狭く振り回せないコースが多い「うぐいすの森CC」ときている。11月下旬からクラブも握らなかったから、空振りをしないかと不安はあったが、もう手遅れだった。

     昨夜の雨で、フェアウェイはぬかるんだが、グリーンは凍っていなかった。

      
        うぐいす     No14
     

     No1を霧の中からスタートした。今年の第1打、1Wまあまあの当たりで、par5の2nd251ydsを3Wで打つと、これもそこそこの球筋でグリーン近くまでいった。ピンまで15歩、PTで打ったボールはカップの左を抜けて、上50cmに止まった。お先に、入れてバーディー・・・。― 思い通りの、夢のような今年のゴルフのスタートとなった。
     ショットもパッティングもまあまあの出来でOUTを回った。近くの先輩たちと年2,3回やっているコンペで、プレーより雑談に花が咲く。そんなこんなで、OUTのハーフを2バーディー2ボギーの36で上がった。

     昼食を食べているうちに、強くなってきた風は一層吹きまくるINコースが待っていた。(後で瞬間的には最大で20m近かったと聞いた。)練習場でも打っていないIまで、正確とはいかないが許容範囲に収まる出来が続いた。ところが、カラー近くからの3パットの連続でボギーを積み上げてしまった。

      左前方からのアゲインストに向かって打
     たなければならない、このNo.18の2ndも
     残り145ydsだったのに、グリーンを外す
     とピン下2mのパーパットが左を抜けた。
      No.12のpar5でのバーディーを挟んで
     「グリーン」に苦しんだ。風で乾いたの
     か、 距離感ぴったりだったのか、オーバ
     ー続出に変身。
     INの9ホールで 7ボギー(1バーディー1パー)のうち、ショットのミスが2つ、PTのミスが5つだった。前半よかったので、あまり読みもしないで打ってしまったか。風で動きそうなボールに、集中しないうちに打ったか。〈緩い下りのスライスに乗せるショットなら・・・。〉― やっと「グリーン」に出て、グリーンにいじめられた格好だ。

     11月から12月はランニングをしてきたからコースに出るのが少なくなった。2兎を追うと身体を壊すと思ってきた。
     いざ小さな関門を過ぎると、その低い達成度にやり残しを感じて前に足が出なかった。「はか路」で傷めた右足に「つる」状態が増え、右足にも出てきた・・・と言い訳していた。

     15年のゴルフは、本当はトレーニングから始めたかった。これを機会に身体を動かし、加圧トレーニング+少RUN+ショットで春・夏へ向かおうと自分に言い聞かせた。


     
    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/312
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村