さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 最後の授業 | main | 「見る」の意味―竹取物語で >>
ゴルフも先輩に学べ
0

     ホームコースとした凮月CCに行った。2か月ぶりだった。
     暑いせいか、顔を合わせる人たちは、いつもと同じ人たちの小数で、元気な人ばかりだ。
     コースの人たちも変わらぬ顔ぶれで、他と同じでどこか疲れているようにも見える。


       ゴルフに意欲が湧かない日々を過ごして、半年以
       上を過ごしてしまった。
        ゴルフ好きのサラリーマンの「月一ゴルファー」
       である。
      「月例」ならば、名前を書いておけば組合せをし
              てくれて、キャンセルもしにくいだろう …と…。


     今年のゴルフシーズンも、あと3カ月ばかりになって、何か小さなものでいいから残したいと願ったからだ。仕事に余裕ができれば、ささやかな挑戦もあるかと考えてきた。
     そのための準備期間に残された時間は、もうそこまでというところ来ていた。

                          中 No.3
     
     かつては右の松の上を越えていかないと、2ndの距離が残ってしまったが、今はメンバーが高齢化してティーマークを前にしている。飛距離が落ちてきた私も、以前の番手と同じくらいで打てている。

     暑かった。パターを構えた時、帽子のつばからボールに汗が滴り落ちた。
     それでも、昼には「冷やしてない」ビールを飲んだ。

       昼休みに、声をかけてくれる人があった。                                    
       田口雅一さんであった。私は U i に移って
      以来、ずっと年賀状や暑中見舞いなどで近況
      を報告していたから、心に留めてくれていた
      のだろう。一回り以上の年齢だが、まだまだ
      昔と変わらぬ口調で、叱咤激励された。かつ
      て、倶楽部対抗では共に戦い、倶楽部選手権
      や理事長杯などでは1打を競った。(田口さんの先を行くことはほとんどなかったが、私の勝負〈気〉を評価してくれていた。故村田昌一郎さんとともに、私のゴルフの師匠である。)                                
                                


            

     かつて、1打を競った 南 No.9 の2nd 地点。私には、簡単にパーを与えてくれた。

     田口さんに、次回のラウンドをお願いした。
     眼差しに変わりはないが、お腹周りにはいよいよ貫禄も出て、時の流れを感じた。それでもまだまだ、先輩には学ぶところがありそうだ。


     
    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/354
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村