さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< リオならず野口みずき | main | 止める勇気と辞める指導 >>
気になる言葉
0

     桜をはじめとして春の到来を確かめていて、気になる言葉に出合った。

     春の魚を探してホタルイカに至り、「ホタルイカ
    の身投げ」という言葉に出合った。ホタルイカの
    投身自殺だ。沖漬けの旨さに惹かれている。
     旬、近くなった富山へ食べに行こうと思った。
    生では食べないらしい。身投げは、産卵して浜に
    打ち上げられた様子。触手の先端が何かに触れる
    と淡く光り、その青白い線が海岸線に延々と続く
    幻想的な光景をつくるという。


      コンサート、演劇、ミュージカル風の「言葉の
     実験劇場」をコンセプトに、中島みゆきが1989年
     に始めた夜会は18回続いている。ストーリー性が
     打ち出されるようになったVOL3に、中国の故事
     「邯鄲かんたんの夢」をテーマに、一人の女性が夢の
     中で見た少女から老婆までの一生を描いている。 
     「邯鄲の夢枕」の力は、「望みなんか持ってもむな

    しいものだ」と夢を諦めさせることなどではなく、「その人間の奥底にある本音」、すなわち「本当の願い」を解き明かすことなのだと言っているようでもある。


     今や約6800万人が使う無料通信アプリLINE。
    誕生の契機は大震災だった。ラインの運営会社は、電話がつながりにくい中でも「大切な人と連絡を取れるサービスが必要だ」と判断、急ピッチで開発し3カ月後にサービスを始めた。
     こだわりは、相手がメッセージを読んだか分かる「既読」機能をつけたこと。相手に返信する余裕が
    なくても、既読と分かれば安心する。そんな思いを込めた。 LINE 「既読」 の意味。


       鼻白む はなじらむ
     われながら言い訳めいているのに気がついて、忠熈はいささか鼻白んだ。  
                   横溝正史『金田一耕助 仮面舞踏会』より
     元飛込み選手を両親にもつサラブレッドの自信家ぶりに、飛沫は本気で
                鼻白んできた。 森絵都『DIVE!! 上 』より
       
      何か突拍子もないことに遭遇した時やきまり悪い出
     来事が起きた時などの、気後れした表情や何となく恥
     ずかしい様子を表す言葉。


      台湾は、「蓬莱島」、「美麗島」と呼ばれる。
      日本では浦島伝説で理想郷の伝承として海神宮
     などと習合したとも思われた。
      平安時代に僧の寛輔が、「蓬莱山」とは富士山
     を指すと述べた。『竹取物語』にも、「東の海に

    蓬莱という山あるなり」と記され、「蓬萊の玉の枝」が登場する。
     美麗島も、『広辞苑』にはないが、鉄道に「美麗島駅」があって、「びれいじま」で引くと出てくる。
     どちらも、台湾に関する本を読んで初めて出くわした呼び名だが、名は体を表している言葉だと思うようになっている。


     
    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/431
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村