さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< マスゾエとムヒカ | main | 血統書はありません >>
敬語インフレ
0

     「パナマ文書」って何。タックスヘイブンの恩恵にあずかっている人は誰。


         


     政治家の二言目に出てくる「国民の皆様」を思い起こしていたら、ふと出くわした話題の言葉だ。

     こういうへりくだり、自分を(過剰)卑下することが、敬語インフレの最たるもので、日本語が持つ折角の力をそいでいるという。(週刊朝日)


     「お送りさせていただきます」、「報告させていただきます」、「意見を言わせていただきます」などと、「させていただく」を多用するのを、「させていただきます症候群」とも呼んでいる。
     話し手はいかにも、謙遜的な発言をしているつもりなのに、聞き手に違和感を与えているというものだ。

     へりくだり、謙遜は、長年日本文化では美徳とされてきたが、時代とともに意味内容が変容してきてしまっているということだ。
     さらに、強い謙遜や自虐的な発言が繰り返されると、受け止める側は無意識のうちに、「賞賛(他者承認)」を求める心を感じ取ってしまうものだ。

     

      強い謙遜」や「自虐的な発言」を行う人に対し
     て、相手は「自分よりも格下だ」と感じ、優越感
     を持って対応するようになるともいう。(cotree)
      こうなると、「対等な人間関係」を築くことが
     難しくなってしまう。


     これらの敬語のインフレ状態について問題にしたのは、日本語(敬語も)の、ちょっとした婉曲表現が人と人との間を整えてくれるし、会話もスムーズに運んでくれる機能を持っているはずのに、「過剰な謙遜」それらを削いでいる思うからだ。
     英ウィリアム王子の記者とのやりとりを読んだからだ。(週刊朝日)

     ウィリアム王子とキャサリン妃が初めてロイヤルベビーを抱きしめ、病院
     関で待つカメラの前に現れた。赤ちゃんの感想を聞かれて、
      王子が“He's got her looks, thankfully.”(幸いルックスは彼女似だ)
          と言うと、
      妃は笑顔で“No, no, I'm not sure about that.”(いえいえ、そんな
          こときっとないと思うわ)とすかさず謙遜(けんそん)。
      その先の王子の一句がさえている。“He's got way more hair than
          me, thank God!”(ぼくより髪の毛がふさふさなんだ。神様ありが
          とう)。
      ナイスへりくだり。画面に映るベビーのお頭は、もちろん、ツルツル
          である。もし王子が「今後、心をこめてこの子を育てさせていただき
          ます」と締めくくったならどうか。かなり殺風景。

                          単純に面白い記事だった。


     
    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/451
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村