さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< グローバル化対応で失うもの | main | 心の富める者 >>
和歌に託す
0

     

     JTが、「ひとのときを、想う。」というコマーシャルをやっている。

     6篇の「日本のひとときシリーズ」で、茶道篇、(和食篇)、折鶴篇、水引篇、和歌篇、華道篇と呼べるだろうか。

     

     その和歌篇が気になって、繰り返して聞いてしまった。

     30秒くらいの間だから、見逃し、聞き逃してしまう。

     

     
             
           
                         いとおしい人のことを想って和歌を詠む。
            和歌はラブレターでした。
         
        
       

       会えない時間は、会っていない時間より、

       人を想っている。
     
     短い言葉が、端的に言い表している。
     たどたどしい日本語が、一層こころに痛い。
     
     
     
            
                                             
                                                
                                                      
     この間、私が『伊勢物語』の第一段「初冠」を使って話したかったのは、こういうものだった。
     千年ほど遡ってみて、ああ私たちはこの遺伝子を受け継いでいるはずだと思うのだ。
     今度は、これを使ってやってみようか。
                                                      
                                                     
     
        ブログを始めて4年と294日、500記事目だった。
    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/544
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村