さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 心の富める者 | main | 震災6年 >>
「モノ」への執着は技術革新から
0

     

     時代は「モノ消費」から「コト消費」へ――。

     市場は成熟し、すでに必要な「モノ」はほとんど手に入り、人々の関心は、「モノ」の所有欲を満たすことから、経験や体験、思い出、人間関係、サービスなどの目に見えない価値である「コト」に移行してきている、と言われている。。

     

     コンパクトデジタルカメラを買った。落として、撮影が出来ないこともないが、ちょっといい写真が撮れそうだったから。

     

          

                OLYNPUS FE-4020 & SH-3

     

     梅の木を5m離れて、28mmで撮影する。そして、マクロで。

     

         

     

                   

     

        FE−4020はボケル

     

                   

     

     (ボケは、FE-4020のレンズが白へのピント合せが苦手なのだ。)

     望遠だと差が出る。105mmと600mm。400万画素と1680万画素。

     siz 約10.0×2.0×5.5h=130g  約10.5×2.5×6.0h=270g少し重い。

     

     他社の物と大した違いはない。が、OLYMPUS が好きなのだ。

     

     小型・軽量のミラーレス一眼を、コンパクトデジカメ感覚で使おうと、「PEN EPM2」を持っている。(2012年から)

     10.5mm×2.5mm×6.0mmh=425g「タッチAFシャッター」や「ストライプスクリーン」がいい。動画も可だがあまり使わない。

     

        E-PM2  

     

                    E-P2

     

     オリンパスは、2009年に「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した世界最小・最軽量の一眼レフ「オリンパス・ペンE-P1」を発売。

     さらに一眼を常に持ち歩ける小型軽量ボディー、上質な外装仕上げ、一眼としての高画質、すべてにおいて新しいミラーレス一眼「E-p2」を出した。これに飛び付いた。12.0×3.0×6.5mmh=552g

     

     小さくて気軽に持ち歩ける物に執着してきた。

     撮影の仕方がへたでも、「目で見るように、撮すことが出来る」カメラに近づいている。

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/546
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村