さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 沈む月も | main | 桜前線スタート >>
地元高校小規模「特例校」に
0

     

     この春小学校に入学する子は、今ごろどんなにかその日を待ち遠しく過ごしていることだろう。中高進学だって、具体的な準備も始まっている。

     

     そんな時、栃木県教育委員会が、1学年4学級以上の適正規模の確保が難しい小規模高校を「特例校」として、当面維持すると発表した。(県北西部と東部の6校 第2期県立高校再編計画)

       馬頭 日光明峰       計画初年度の2018年度から導入

       益子芳星 茂木 黒羽 那須 地域中学卒業者数・入学者数から判断

     

     

           馬頭高 HPより

     

     

     県教委の定例会での議決を経た公表だ。

     18〜22年度の新たな計画で、中山間地域など通学に不便な環境で、近隣にほかの高校がない場合を特例校とし、1学年3学級もしくは2学級で生徒を募集する。

     3学級特例校となった後も入学者が募集定員を下回り、生徒の確保が困難な場合は統合か2学級特例校とする。2学級特例校として生徒を募集して3年目以降、入学者が2年連続で募集定員の3分の2未満となった場合は原則として統合が検討される。

     

     私の母校は隣の那須烏山市にあった。09年に男子校・女子校が統合して、今春再び定員割れを起こしている。第1期県立高校再編計画の犠牲になった。

     


      小規模県立高校の救済策として、「特例校」という新

     しい仕組みを打ち出した。地方創生の拠点ともなる高校

     を維持しようと、地元に最大限配慮したという。

     

      要するに、小規模校を維持していく経費を削減したい

     だけだ。その段階を既成事実にしようとして。

      「教育劣位社会」の典型と発端をみるようだ。

     

      入学者が少ないのは、地域の人口減少が最大の理由。

     

     

     交通の便が改善されていても保護者の負担は増大する。

     教育の質とともに、教育の機会確保されなければならない。

     

        ♪ 他県の例なども見えているだろうが ・・・。

          どうしても、小規模校に使う経費を削減したいのか。

     

     

     にじ 那珂川町では、馬頭高存続支援へ同窓会やPTA、自治会などでつく

      る「考える会」が発足した。

       定員割れが続くなどに危機感を募らせていた会は、「馬頭高校の存続

      が町の地域振興に不可欠」とする要望書を町に提出した。

     

     Docomo88 私立中学高校連合会(船田元会長)のコメント

        高校教育の質を維持するためには、適正規模が困難な場合は小規模特

       例校の設置によらず、県立高の統廃合を進めるべき。特例校維持のため

       に、自治体が公費を投入することは、公私間格差を招き望ましくない。

     

     

     宇宮東などでやっている併設型中高一貫教育校

    ではなく、中等教育学校(6年間を一体的に学ぶ)や

    連携型一貫校ではどうだ。

     「改正学校教育法」の成立による「義務教育学校」

    (今春小山市に創設)が許される、LRTのために小学

    校が建てられるだから、なんでもありじゃないか。

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/553
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村