さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 道徳の話が出来るか | main | 自然素材に誘われて >>
どうするの日本
0

     

     7日未明米がシリア・アサド政権の軍事施設を空爆した。

     中国の習近平主席を迎えて首脳会談の直前だ。

     

       米軍は地中海東部に浮かぶ駆逐艦2隻から59発のトマホークミサイル

      をシリア中部の空軍基地に打ち込んだ。

       シリアのイドリブ県で4日に行われた化学兵器によるとみられる攻撃

      で86人が死亡したのに対して、米政府はアサド政権によるものだと断定

      その拠点だとする空軍基地への爆撃。

     

         ※ この空爆について、国連の安全保障理事会は5日、緊急会合

          を開いたが、意見が対立していて、当初目指していた非難決議

          案の採決先送りされていた。

     

     トランプ大統領は最初に、「致死的な化学兵器の拡散を妨げることは米国

    の安全保障上、極めて有益である。」とコメント。

     

     

         (ikily.xsrv.jp)

     

     

     シリアにおける米ロの関係がはっきりしている。

     アサド政権を支援してきたロシア。攻撃された基地にも武装ヘリを配備。

     

     米国防総省は、攻撃の2時間前にロシアに、基地から撤収するよう通告。

     

     プーチン大統領は、攻撃を非難するコメントを出していた。
       「主権国家への侵略行為であり、国際法違反である。シリア軍は

        化学兵器を保持していない。廃棄した事実が国連機関によって

        証明されている。」

     

     

     7日 男 安倍首相が、「化学兵器の使用を許さないアメリカ政府の決意

         を日本政府は支持する。」と表明した。(16時01分)

     

     

       7日 国連の安全保障理事会の緊急会合  

      米ヘイリー国連大使「民間人が犠牲となった化学

     兵器の使用は許されない。我々の行動は十分に正当

     化される。」と、更なる軍事行動の可能性を示唆。

     

     

       これに対して、アサド政権を支えるロシアは「アメリカの攻撃は

      国際法違反であり侵略行為だ。自制を求める」と強く非難した。

                                    (TBS NEWS etc)

     

     

     支持はどうかなぁ・・・。傍観者でいると、存在は軽視されるが。

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/563
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村