さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< どうするの日本 | main | 菜の花畑の向こうの月 >>
自然素材に誘われて
0

     

     2週間程前に、自家栽培の野菜を使った家庭料理を食べに行こうと誘われていた。昼食に行くのに、9時になったら予報通りの強い雨。

     

     それでも、彼にとっては1週間に一度の休みだから、今にもアクセルを踏んで出発しそうに待っていた。

     そう、彼は月に1回、私の少ない髪を整えてくれる barbar's 。

     私が一番血の気が多かった頃の教え子で、彼は大人しい生徒だった。

     

     

     矢板市の「ののか」と聞いていたから、検索するとすぐ分かった。

     今日は雨が強かったので外でカメラを持ちたくなかった。「栃ナビ」に「野の香」があったから、ここにその店の外観を置くことにする。こんな天気なのに、ミドルのお姉さんやおばあちゃんたちで一杯。

     

     

      安全・安心な自家栽培の野菜を使っ

     た家庭料理の店です。化学調味料も

     一切使わずに仕上げています。野菜

     は無農薬・無化学肥料で育てていま

     す。「安心・安全な食材で作る」

     それが野の香のランチの特徴です。

     ドライフラワーや自家栽培野菜の販

     売もしています。(栃ナビ)

     

     

     

     今日のメインは鶏。何でも佐賀県産だったか、そこの地鶏だとか。

     焼いて、ドレッシングをかけた水菜などが乗せてある。

     

     

      

               

                                                   テーブルが黒で映えない

     

     

     7つの鉢に前菜の盛り合わせ。野菜が中心だ。これが、自前の無農薬・無化学肥料だ。料理を一通り揃えると、野菜の取り入れだと行って主人は雨の中へ出ていった。

     主菜は肉・魚から選べるが、その鶏にした。鰈かれいの煮付けで、酒もよかったのだか。ご飯も玄米、白米のあるが、雑穀米にした。

     見た目にも健康的だと分かることが、美味しさを加えている。それを店の方も丁寧に説明をしてくれる。

                                    

     最もいいのは、時の過ぎるのを考えずに、   

    今までには少なかったゆっくりと食べている

    ことなのだろう。

     

     

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/564
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村