さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 身体の酸化老化防止 | main | 夏急いて来る >>
私はごけん派
0

     

     憲法記念日を前に各社が世論調査を行って、その結果を発表している。

     施行70年を迎え、いまの憲法が「日本にとってよかった。」は89%に上り、憲法改正ついては、憲法を「変える必要はない」は50%に対し、「変える必要がある」は41%だった。

     

           毎日4.30

     

     議論の焦点は、やはり9条だ。

     戦争放棄を掲げ平和を保ってきたことを認めるが、北朝鮮の核・ミサイルや中国の軍備拡張など日本を取り巻く安全保障環境変化、自衛隊の国際的活動の在り方から、「改正が必要」という回答の方が多かった。

     

     共同通信の世論調査では  必要なし   47 % 

                  必要     49 % 

     

     質問事項にもあるが、(国内は平和は言うに及ばず)日本が戦後、海外で武力行使しなかったのは、戦争放棄や戦力の不保持を定めた「憲法9条があったからだ。」とする回答は、多くの国民の意識を表している。

     

     同調査では        9条があったから 75 %

                  9条とは関係ない   23 %

     

     

      国民の眼前には今、北朝鮮情勢の緊迫化

     や南シナ海の領有権をめぐる問題などが存

     在するために、改正をすべきだという機運

     が上がりつつあるように見える。。

      だからこそ私たちは、それらが果たして

     きた9条の価値を再確認し、守り続けてき

     た歴史から学ぶべきではなかろうか。
     

     

     この調査は、安倍政権下での改憲について聞いた。

                反対  51 %

                賛成  45 %

     

       首相は1日、超党派の国会議員らでつくる「新憲法制定議員同盟」

      を開き、「いよいよ機は熟してきた。この節目の年に必ずや歴史的

      な一歩を踏み出す。」と挨拶したと伝えられている。

     

     国民こそ、この機会に考えるべきだ。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/572
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村