さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 道具の進化に喜ぶ | main | 硬軟トレーニング >>
緑の中の白い花
0

     

     緑が濃くなってくると、白い花が目立つ。

     牡丹や薔薇でなくても惹かれる。

     

     自生の海棠ヤマカイドウも、白い梅のような花をいっぱい付けて、枝を垂れさせている。

     桜のようだ。

     

     

          

               蕾のときのピンクが濃い

     

     

     桜と見間違えたのは、サワフタギだ。

     樹形だけなら違いが明らかだが、花を見ると「あっ」と思う。

     

     

           沢蓋木 '17

     

     

     花だけを見たら、深山桜ミヤマザクラだ。

     全体が1cmぐらいで、5枚の白い花びら(5深裂と言うらしい。)、花冠より長い多数の雄しべに、そう見紛う。

     ここらは標高150mくらいだから違うと納得した。ミヤマザクラは、もっと高いところで咲く。

     楕円形で表面のざらざら感の違いも目立つ。

     桜類は幹にも利用価値があるが、サワフタギのそれは低く細く曲がっていてどうにもならない。

     

     

         深山桜  '15 戦場ヶ原で        

     

     

     ソメイヨシノのような迫力はないが、凜とした緊迫感がある。

     花を楽しめればいいのだから、サワフタギも見られる。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/575
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村