さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 緑の中の白い花 | main | ミネザクラ時 >>
硬軟トレーニング
0

     

     ランニングやゴルフにおいて、向こう1年を近年の実施不足・成績不振のリハビリ期間としてやっていこうと考えて、1ヶ月半が経とうとしている。

     トレーニングを続ける場も広がったし、新たな友だちも出来た。

     

     それらは、成果が結局数字に現れるのが辛いところだ。

     また、この2つが、時には相反する土台に立っていることがある。

     ポスチャー(姿勢)をとってもそうだが、このジレンマは続くだろう。

     

     ゴルフにおいてミスを減らすのは、進むといっそう大変になってくる。

     基本に戻って練習をすることもある。

     バイオリズムを見てみた。

     

     

          

     

     

     今、身体リズム(最も優位)と知性リズムは高調期にある。おおまかに計画が進んでいるのはこのためだろう。

     感情リズムは低調期にあり、凡ミスに内心腹を立てて、悪い流れから回復するのが遅れるのは、このせいだ。

     いいパフォーマンスを生み出す心の在り方としては、心得ていた方が落ち着けるだろう。

     

     

      私の場合、感情リズムによる影

     響を受けることが多い。

      高調の身体リズムにより少ない

     打数でカップインさせてしまえば

     いいが、そんな訳にはいかない。

      グリーン上あるいはその周りか

     らの弱い打ち方の時にこそ、その

     リズムをプラスに替えたい。
     

     

     最終ホールを上がって、振り返って3打をたどるとき、感情リズムは「要注意」まで回復しているだろう。

     

     

           那須野ケ原No18

     

     

     バイオリズムが高調な(3つのうちの2つ)ときに、それを信じて動いた方がいい。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/576
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村