さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 北海道へ大人の休日パス | main | ビールの値上げ >>
入梅いわしを食べる
0

     

     入梅いわしというのを見て、食べたいと思っていたら、スーパーに並んでいるものに「千葉産」とあったので迷わず買った。

     ところがその日は、カツオを食べてしまったので、冷蔵庫で眠らせてしまった。

     

     まるまると太っている。刺身で食べようと思っていたのだが、煮付けと塩焼きにせざるを得なかった。

     

          

          

     

          入梅いわし

            銚子港は日本一のいわしの水揚港。沖合は年間を通じて

           プランクトンが豊富な好漁場。水揚げされるイワシは太っ

           て丸みを帯び、特に6〜7月にかけての「入梅」に水揚げ

           されるマイワシは「入梅いわし」と呼ばれ、1年の中で

           最も脂が乗って美味しくなる。銚子市観光案内

     

     

     鮮度は落ちてしまったが、塩焼きにした。

     

     

          

      

     

     焼き網に乗るまでに、睡眠時間が長かったので、いわし独特の匂いも少ししつこくなった。

     もともと好きだから、いわしらしくていい。

     確かに、脂がのっている。

     

     

     煮付けにもなった。何とか、皮の光りを残せた。

     

     

          

     

          

     いわしは、煮ても焼いてもいい。

     そして、日本酒があう。

     

     次は、やっぱり刺身で食べたい。

     銚子にならうと、なめろう、つみれ汁、さんが焼き、蒲焼き、卯の花漬けなど、さまざまな調理法があるようだ。

     まだチャンスがある。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/584
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村