さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 心肺機能をいたわれ | main | 函館マラソンを振り返る >>
北海道広い遠い
0

     

     新青森から北海道新幹線に乗り継いで札幌へ向かう。

     北海道に渡ったら新幹線は新函館北斗までで、在来線に乗り換える。

     

     駅の構内からは出なかったが、周りには何もなさそうだ。

     新幹線が通ったから出来た駅だから、在来線との接点に都合がよかっただけなのだろう。

     田園風景の中にある。

     

     

          

     

     

     並行する1番ホームの屋根の間から望む東側の山並みは低いが、実は遠い。

     田んぼの中を走っている観光バスが、小さく見える。

     

     

          

     

     

     進行方向にも、何もない。

     駅の設備には、まだ真新しさが残る。

     

          

     

     

     一気期に目的地まで行こうとするから遠いのかもしれない。

     観光するところがあって人の乗り降りがあるから、そんな計画を立てればよかったのかもしれない。

     

     

     進行右に内浦湾を臨み、室蘭の方の山並みを見ながら進む。

     頭の中で地図上の室蘭本線をなぞった。

     やっぱり遠いと思った。

     新函館北斗と苫小牧との間の所要時間を、1時間少ない1時間41分と勘違いしていたことに、ここで初めて気づいた。

     

     まだ、1時間スーパー北斗に乗ることが出来た。

     

     また、列車の電光掲示に、次の○○まで 20km と、距離が出るのを初めて見た。遠い、広いと思った。

     

     

          

     

     

     来月も、札幌に来る予定だが、飛行機を使う。

     こんなのんびりな旅にはならないだろう。

     JR「大人の休日倶楽部パス」のお陰だ。

     

     

          

     

     

     半袖で心地よいが、走るにはちょっと高すぎる。(21℃ 18:00)

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/590
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村