さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 政治家の「誤解」連発 | main | 記録と記憶 >>
トリチウムとニコチン
0

     

     東京電力福島第1原発での汚染水の放出について、

     

       13日、川村隆・東電会長が、浄化した後に残る放射性物質トリチウムを

         含んだ処理水(トリチウム水)を海洋放出する方針だと声明。

         (共同通信・福島民友)

     

       東電は14日、「最終的な方針を述べたものではない。」として否定。

     

     

          

     

     

       吉野正芳復興相は、14日の記者会見で「漁業者に新たな不安を作ら

      ないでほしい。」と述べ、放出に反対。

     

       県漁連も、「海洋放出には断固反対する。」などと抗議する文書を

      発表して、多方面で波紋が広がった。

     

          東電は声明で、川村会長の発言は「(海洋放出は 現行の規制・

         基準に照らし問題ないという、田中原子力規制)委員長の見解

         と同様だと申し上げたもの」と説明。その上で、最終的な方針

         決定については「国や地元と慎重に検討を進める。」と。

     

       ― 実は、トリチウムの怖さが分かっていない。 ―

     

         2013年9月7日ブエノスアイレスでの、 安倍さんの「アンダー

         コントロール」は、これでいいのかなぁ。 

     

     

     

     私には、原子力―放射能 については、よく分からない。

     

     

     もっと身近に、ニコチンの影響について考える。

     私はタバコを吸わないが、

      近くで吸ってもいいか、

      吸っていたところでいいか、と問われる。

     

     

           

     

     どちらを選ぶかと聞かれる。

     選択を強いられる。

     

     旅先の宿の、三次喫煙というものだ。

     

         三次喫煙の害とは、タバコの煙により衣服や壁などの表面に残留

        した有害物質が、ヒトの細胞内にある遺伝子を傷付けるのだという

        三次喫煙の恐ろしさは時間を経過するとさらに有毒性が増すという

         部屋の内部や車、衣服に残留したタバコのニコチンが大気中の亜

        硫酸と反応して、最も強力な発癌性物質のひとつであるニトロソア

        ミンが作られる。

     

     

     トリチウムの怖さが私には分かっていない。

     福島原発から100km以上あるが、二次的・三次的影響は注視すべきだ。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/597
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村