さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< さくらのうつわ | main | 言葉の流行にも乗れない >>
夏早朝の空
0

     

     窓際の一番蝉に起こされた。

     ひぐらしで、少し遠くの林でも合唱が始まった。

     

     こんなに、目覚ましよりも早く起きてしまうのは、早朝のランニングのペースになっているからだ。

     台風が去った後、東の空の金星が見られるかどうかもあった。

     

     

           4:14 a.m.

     

     

     もう少し速い時間帯がよさそうだ。

     台風の残した雲も湿気もあってか、

    鮮明さにかける。

     

     ただ早朝の空に輝く星を見るのは、  

    気持ちがいい。先が開ける、明けの明星。

    少し仰ぎ見る高さだ。

     

     

     家の前はまだ薄明かりで、ひぐらしの蝉時雨は続いている。

     日の出の予定時刻は、4時53分。

     西の空には、白くなった偶然の満月が、低くなってきた。

     

     

          

     

     

     夜に、夏の星座を見るのはいい。

     朝の空を見るのも、またいいだろう。

     

     「夏は夜、月の頃は更なり・・・。」は、時には朝でもいいと思う。

     

     

     

     20分ぐらい経っただろうか。

     金星が小さくなって、ひぐらしの声が止んだ。

     ゆっくり流れる雲が少し輝き出して、日が昇ってくるのだろう。

     

     

          

     

     

     予報は外れて、晴れ上がるだろう。

     そして、その通り32℃くらいまで ・・・、暑くなるだろう。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/604
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村