さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< かつてのゴルフ場へ行く | main | 「人づくり革命」は怖い >>
北海道マラソンを振り返る
0

     

     北海道マラソンを走った後、同じホテルに宿泊した人とそこのレストランで、相席で食事をすることになった。

     私よりも6歳上で、四国徳島から関空経由で来たという。知人がいて1週間ぐらいの予定だが、5時間の設定で完走できなかったことが口惜しいと足を引きずっていた。

     私の下半身も、明後日のゴルフには悲鳴を上げていた。

     

     27日9時、24.8℃での42.195kmは、15回目の挑戦だった。

     この時季だから記録は望めないが、秋冬に希望をつなぎたかった。

     

     

          

     

     

     人だらけ。さすが、15,700人。

     最初の10km、あるいは中間点の21.0975kmの手前辺りまでは、特にオーバーペースにならないように、6分〜6分30秒/kmで走るのには都合がよかった。(サブ4のためには、5分41秒/kmで走らなければならないことに変わりはない。)

     

      0〜10  1時間05分12秒  6分31秒/km  スタートのロス

     10〜20  1時間00分04秒  6分00秒/km 

     中間点            2時間12分38秒で通過

     

     後方からのスタートロスの4分50秒を取り戻して、キロ6分台に上げることが出来た。時計で確認していた。

     ここまでは2週間に1回20kmを走っていたから出来るとは思っていた。

     

     

       5kmごとに給水があったが、本当に水だけ

      で、糖分の補給が出来ない。このままだと30

      km過ぎにエネルギー切れをするのを心配して

      走った。水は最初からかぶった。

       札幌の街中を走るのでカーブが多い。曲がる

      ときには最短距離になるようにコースどりし、

      心配のトイレも上手くいった。

       時々曇って、気温が上がらなかった。

     

     

     

     東側の往復10kmの上り下りを過ぎれば、平坦なコースだということだけは事前に学習していた。

     ただ、北海道の道は真っ直ぐで遠くまで見えるのが、かえって辛かった。

     

     中間点の時計が、2時間12分38秒を示してくれた。

     この暑さでは記録は望めないから力みがなかったが、過去14回で最も遅かった。

     

     

     
       アミノ酸を持っていなかった。

       チョコレートもバナナも出ない。

       水で体が重くなった。

       でも、我慢。昨日行った北大植物園の木陰が自

      分を待っていると思って頑張ろうと走り続けた。

     

     

     20〜30  1時間01分08秒  6分06秒/km 

     30〜40  1時間02分06秒  6分12秒/km 

     ゴール            4時間22分41秒 ネット4時間17分51秒

     

     

     全体を通して6分13秒/kmで走れたから満足できる記録だ。

     30km過ぎの大幅なペースダウンもなかった。

     

     ふくらはぎがつりそうに痛くなり、膝、腰、股関節、骨盤の端が、ギコギコ言いそうに痛くなったが、今回はそれがなかった。

     そこらに負担をかけないためには、ストライドを大きくして歩数を少なくした方がいい。

     そして、足で強く蹴らない。膝の上、表側の筋肉で、その辺りから足全体・身体を前方に運ぶイメージで、「足を運んだ。」

     ここも上手くいったところだ。

     

     

           北海道新聞より

     

     

     ゴールシーンだ。みんな辛そうだ。

     右端の顔を上げたのが私だ。動画を切り取ったので不明瞭だ。

     

     ここから南下して、田沢湖、長井を走る意欲が出てきた。

     11月の大田原、12月のはが路でサブ4を達成するよう頑張る。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/609
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村