さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 田沢湖マラソン反省 | main | 走るのみ >>
時は過ぎぬ
0

     

     大○先輩の勧めで、県ゴルフ連盟シニア会の2戦目に行った。

     先週末の日本プロシニアアルファクラブカップの設定でやるという矢板CCだ。余り好きではないコースで、最終組。

     

     意気込みは、どん底まで追いやられた。

     りんどうNo1で3rd-25ydsを1ピン上付けるが入らずpar。

     2組も待っていて、力んだ1WがOB。

     今日は、これで終わった。

     

     

           りんどうNo2

     

     

     3Wで打てば、逃れられたかも ・・・。

     流れが遅く、ダブルボギーが頭から消えない。

     コンパクション22、速さ10fsは、この時期この辺りにはない。

     

     

     6月から3ヶ月、けっこう芝から打ってきたが、2011年から月1ゴルファーになってから身体の動きが違ってしまったのがよく分かる。

     ここで、あがいても駄目だ。

     でも、試してみよう。

     

     

     194yds-par3を、4Iで打って右へOB。

     

     

            ききょうNo3

     

     

     もう15年くらい前になるか、倶楽部対抗で何度も挑んだホールだった。

     普段青ティーからやってないから駄目なんだ。

     

     

     珍しいコンペだ。ハーフ9Hに、3時間半もかかっている。

     気長になった私も限界になっている。

     

     

           ききょうNo5

     

     

     365ydsの打ち下ろし、センターに打っても150yds残り。

     8Iでピン左3mに付けるが、下り。

     

     

     やっと取ったオナーで、No6のティーグラウンドへ。

     また、待ち。やっと打って2ndでまた待ち。3rdを寄せきれずボギー。

     ここからあがり3ホール、さらにイライラ ・・・。

     

     

     ゴルフ場でも、高齢化していて年寄りばかり。

     それでいいのだが、少しまわりを気にしながらプレーしてちょうだい。

     当たり前になっているのを笑ってしまう。

     

     私のプレーは、戻らないか。時は過ぎぬか。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/616
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村