さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 苦杯は美味い酒で | main | 身体をシャープに >>
長井でなぜダウン
0

     

     

     長井マラソンから帰って一日半、まだ心も身体も痛い。

     

     大田原マラソンの前月には長井と決めていた。

     そして、比較的平らなコースだということで、大田原への試しの意味を込めていた。

     結果は自らへの期待を裏切る4時間39分09秒(6'36"/km)だった。

     

     

     序盤からサブ4を意識して、5'41"/kmだけは維持して走りたいと思っていたが、やっぱりオーバーペースになってしまったようだ。

     

      

           気温12.5℃

     

     

     800人ぐらいのスタート、中間あたりで出た。

     1km、2kmとペースを確かめた。ちょっと速すぎる。ハーフの選手も同時にスタートしていた。

     

     次のためにはいいだろうと、足に任せた。

     ハーフを2周するコースの11〜14kmと31〜33kmに、高低差30mの上りがあるのだけはチェックしていた。

     「30kmの壁」にやられたという感じだ。    

     

     

           7.02函館   8.27北海道   9.17田沢湖 10.15長井

      0  4°32'42"   4°22'41"   4°32'44"   4°39'09"

      |

      10    60'05"           60'22"           57'39"          54'50"

      |

      20        59'05"           60'04"           59'11"          58'30"

      |

      30        62'54"           61'08"           63'51"          61'20"(5'49")

      |

      40        73'42"           62'06"           74'50"          84'01"

      |

      42.195    17'16"           14'11"           17'13"          17'41"

                      グロス時

     

     

     時計がペースを管理してくれていた筈だから、もっと心に余裕を持って走るべきだ。

     30km過ぎのペースダウンが心配で、前半で自分にとっては速すぎるベースで走ってしまっている。費やしたエネルギーは、それぞれ2950〜2990kcalでほとんど変わらない。

     

     

          

     

     

     30kmまで5分49秒(1km)で来ていたのに、いくらここから上りだからといって8分台に落ちるとは情けない。

     もう止まりそうだった。歩いた方が速かったかもしれない。

     給水で、スポーツドリンクとあんパンを3回摂った。

     

     ただ今回違ったのは、すでに膝がわらっていた。腰に痛みが出て、上半身と下半身をつなげていないようだった。骨盤が、左右の脚を前方に絞り出さなかった。ちょうど、マリオネットのようにゆっくりと足を運んでいるだけだった。

     

        今季最大の痛みだった。「途中棄権」が何度も頭をよぎった。

        北海道は暑く、田沢湖も辛かったが、どこ楽しかったのに。

     

         

          

     

     

     

     長井まで3週間、併行してやっているゴルフでも上手くいかなかった。

     どっちも、頭の中でつくりだしてしまう悪いイメージを持ったままやっているからかもしれない。

     コースで速く走れない分、早朝の東北道をTTで思い切り走れたのが楽しかった。

     

     目標の、4時間制限の大田原マラソンまで38日。

     ちょっと長い距離を練習して、挑むことにする。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/622
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村