さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 寒くなったと思うころ | main | 失意大田原マラソン >>
敷きもみじの中を走る
0

     

     ちょっとした挑戦まで残すところ2日。

     迷っているより走ってみた。

     

     敷きもみじの中を走った。

     燃えるようなもみじの中には、望まぬ軽快さがあった。

     

     

         

     

     

     何度も何度も、このもみじの脇を下を通り抜けた。

     時も合っていたのか、夕日に映えて「極上」のもみじだった。

     

     そのせいか私の足も、いつもより軽かった。

     

     

          

     

     

     週日の夕暮れ前、7,8分ごとに1時間、この「錦繍」に包まれた。

     ほとんど独り占めだった。何という贅沢だったろう。

     

     

     明日、1日を残している。

     これに値する程の風景の中を走ることが、出来るだろうか。

     1時間、10kmそこそこだ。        

                                            

     

     

     木々の向こうで大きくなって、

     山の端に沈もうとしている太陽は、

     私を応援してくれているように見える。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/631
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村