さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 温泉の効能享受 | main | 御来光を拝む >>
餅をのした手
0

     

     顔を洗う手が優しいような気がする。

     変わらぬ自分の手のはず。

     PCのキーボードをたたく指のタッチがソフトだ。

     

     スマホでメールを打つのも、少し速いか。

     

     

     昨日、餅をのしたからだろうか。

     

     

         

     

     

     普通は手のひらでやるが、昨日は搗く時間をちょっと延ばした分、餅が冷めて固くなったから、端の方を伸ばすのに指先に力を入れたせいかもしれない、などと思う。

     気のせいではあろう。

     

     温かい餅の感触はよかった。

     

     

     餅つきは、臼と杵でやらなくなっている。あの音が懐かしい。

     のすのにも、ビニール袋とめん棒などを使う人もある。

     

     

                

     

     

     前日に洗って浸すことから、搗いてのし餅にして、後片付けまでに随分水を使ったはずだが、手が柔らかくなっている。

     指先のがさがさも減っている。とれた指先の皮が、餅に移ったのかなあ。

     

     餅搗機などの便利な道具も、手間を省く物もなかった昔の人たちは大変だったろうが、案外身体にとってはいい作業だったのかもしれないなどと言ったら、叱られるだろうか。

     

     

     私には時間があったが、正月の餅を買ってもいいような気になっていた。

     「今年も30日にやる。」という弟のかけ声に助けられた。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/644
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村