さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< さくらの焼酎 | main | 米の北ミサイル誤配信 >>
癌になるよと言われた
0

     

     9日、Newsweek が言った。

     

      アルコールの摂取が癌のリスクを高める。アルコールを摂取すると、分

     解する過程で生成されるアセトアルデヒドがDNAを損傷することは、培養

     細胞を使った研究で確認されていた。

     

      今回初めて、パテル教授(英ケンブリッジ大・英MRC分子生物学研究所の

     チーム)がマウスを使い、生きている臓器の反応を確認し、納得いく説明が

     できるようになった。(科学誌「ネイチャー」)

     

         

         

     

     

     

       ― 今回初めて、パテル教授のチームがマウスを使い、生きている

        臓器の反応を確認、納得いく説明 ―

     

       がんの中には、幹細胞のDNAの損傷が原因でできるものもある。

       DNAの損傷はたまたま起こる場合もあるが、アルコールが損傷リスク

      を高める可能性がある。

     

       マウスにエタノールを投与したところ、エタノールが造血幹細胞の

      DNA二重鎖を切断して、その後細胞内のDNA配列は、元に戻らない状態

      に壊されてしまった。

     

     

                呑めないかあ

     

     

       人間は通常、アルコールからのダメージに対して自己防衛機能を

      備えているが、アルコールを分解する過程で生成されるアセトアル

      デヒドに対しても、DNAの損傷は避けられず、4倍に達したと。

       それが、日本人はうまく機能しないらしい。


     

     自分だけはと強気にはなれない

     

     

      英の癌研究所は、アルコールとの関係が特に指摘されている癌として、

     口腔癌・咽頭癌・食道癌・乳癌・肝臓癌・大腸癌を挙げている。

      そのリスクは、ワインやビール、蒸留酒などアルコールの種類とは無関

     係で、飲む量についても「癌に関しては安全な飲酒量などない。」と断言

     している。

     

      但し、英には政府が定めた飲酒のガイドラインがあり、ここで規定して

     いる量以下であればリスクは低くなる、とか。

     

      1週間で14ユニット以内。

        4%程度のビールなら約3.3リットル、

        12%程度のワインなら通常のグラス(125ml)で9杯と1/3杯に相当。

     

        びっくり の 少量。

     

     

           

     

        日本なら、厚生労働省の「節度ある適度な飲酒」を

       「1日平均純アルコールで20グラム程度」の方が甘い。

     

     これで、勘弁して欲しい。

     ただ、これを聞くと、気持ちよく呑めないなあ。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/650
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村