さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 米の北ミサイル誤配信 | main | 新種クマノザクラ >>
ミトコンドリアを活性化
0

     

     医者とか、病院とかに関わらずに暮らすことが出来ている。

     今のところだ。幸運だ。

                                                                                                                               

     

     あわよくば、マラソンやゴルフで、これまで

    以上のパフォーマンスを出せたらいいなあなど

    と密かに考えもしている。

     歳を考えたら、ちょっと虫がいいと言われそ

    うなのだが、無理をごり押してみよう。

     

     

     

     活力や持久力を向上させる決め手は、細胞内の「ミトコンドリア」を増やすことだという。

     

     

         『WIRED』vol.22

     

     

     ミトコンドリアは、食事から得た糖や脂質、そして呼吸から得た酸素を使って、ATPという物質を作る。

     ATPは、体を動かす「エネルギーのもと」だと言われているから、ミトコンドリアは「身体を動かすエンジン(エネルギーを造り出しているもの)」の役目を果たしてくれているわけだ。

     

     

     

     ためしてガッテン!が、疲れやすい体にサラバ スタミナUP若返り術として、3つのミトコンドリアを増やす方法を紹介していた。

      ○少しきついと思うくらいの運動をすること

      ○あの「インターバル速歩」の繰り返し

      ○カロリー制限で空腹感を感じること

     

     

          

     

     

     ミトコンドリア研究者の太田茂男氏は言う「ミトコンドリアを増やす3つの方法」も同じで、シンプルだ。エネルギーが足りないと細胞が感じると、ミトコンドリアは増えるようにできているから、

      ◇身体に寒さを感じさせること

      ◇運動によってエネルギーを消費すること

      ◇カロリー制限をすること             … だと。

     

     

      鍛えれば鍛えるほど、ミトコンドリアは増えてくれるし活性も出る。ミ

     トコンドリアを考えることで、脳や心臓といった身体の部位を一つひとつ

     切り離すのではなく、総合的にとらえる視点を得ることができる、と。

      痩せすぎでスタミナ不足は、「タウリン」や「ビタミンB群」,「鉄」を摂取。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/652
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村