さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< ミトコンドリアを活性化 | main | 大雪の朝から >>
新種クマノザクラ
0

     

     春の話題だ。

     ちょっと気が早いが、桜だ。

     新種の桜が発見された。

     

     クマノザクラという。

     

         

         

     

         和歌山県串本町で自生するクマノザクラ
          2017年3月撮影 森林総合研究所

     

     

     紀伊半島南部で見られる早咲きの桜が、野生種としては国内で約100年ぶりの発見となる新種の可能性が高いことが、国立研究開発法人「森林総合研究所」の調査で分かった。和歌山,奈良、三重3県の一部でもともと自生し、今回新たに「クマノザクラ」と名付けられた。朝日デジタルによる

     

     

       8日に和歌山市であったシンポジウムで、森林研究所多摩森林科

      学園のサクラ保全チーム長・勝木俊雄さんが発表した。

       現在、国内で見られる野生の桜の基本種は、分類方法にもよるが

      ヤマザクラやオオシマザクラなど10種とされる。

       他に、人工交配や突然変異で生まれ、人の手で育てられている

      ソメイヨシノなどの栽培品種が多数ある。

     

       このクマノザクラは自生の新種と考えられ、変種などではなく新

      たな基本種と認められれば1910年代のオオシマザクラなど以来だ。


     

                       

     

                     

     

     

     

     

     

                                                            クマノザクラの推定分布域

     

     

     研究所が2016年から和歌山県林業試験場などの協力で、古座川町や那智勝浦町で本格的に調査した。

     古座川の住民は、「この地域のヤマザクラは年に2回咲く。」と話していたというが、調査の結果3月中旬からクマノザクラが咲き、4月中旬からヤマザクラが開花することが分かったという。

     

     

     画像は満開のころだろう。桜色は少し褪せているようにも見えるが、色白の美人といったところだろう。

     暖かいところだからか、花房を沢山付けているようだ。花びらの大きなところは、オオシマザクラに似ている。

     

        観に行きたいものだ。

        吉野に近いから、一度に見られるだろうか。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/653
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村