さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 郵貯大丈夫なの | main | 節分草開いたと >>
beホメオスタシスnot超回復
0

     

     五輪のスケート、ゴルフ、野球などにおいて、よりよいパフォーマンスを出すには、そのための筋肉を鍛えなければならない。

     要求される筋肉は、それらの競技種目によって違うだろう。

     

     その筋肉を鍛えるメカニズムで、「超回復」こそ現状をさらに進歩させることとして考えてきた。ところが、今は「ストレス応答」だという。少し遅いよと言われるかもしれないが。

     

     

         

     

     

     だから、今日は昨日よりも、

       重い物で、より遠くへ飛ばそうとする。

       少しずつ距離を伸ばし、要する時間を縮めて走る。

     

     あるいは、

       飛ばない道具で、その筋肉を鍛える。

       起伏のあるコースを選んで、(心理的な) 限界に挑む。

     

     

     現状には満足できないから、「出来る」と信じてやるほかに道はないが、知識として「ストレス応答」や「ヒップターン」というのに出合う。

     

     

       身体には、常に現在の状態を保とうとする働きがある(ホメオスタ

      シス)。強力な刺激を受けると正常域を突破し、ホメオスタシスが打

      ち破られ、身体はそれをストレスだと感じる。)と呼ぶ。

       それを正常域に戻そうとするのだ。

       より強力な刺激を与えて正常域を突破し、ホメオスタシスが打ち

      破り、身体がストレスだと感じて、その限界を突破するように刺激

      をプログラムしてやることだ。

     

     

      高低差70m、2.25kmの 

     上り下りを10.2km分繰り
     返した。

      5Iと1Wで、500球を

     打った。手袋は血染めだ。               
     

     

       効果なんて分からない。

       ホメオスタシス達成に近づいたとしても、精神的なものだ。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ごるふ | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/660
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村