さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< beホメオスタシスnot超回復 | main | 雪の雲岩寺も >>
節分草開いたと
0

     

     県西で、節分草せつぶんそうが咲いたという知らせが届いた。

     

         

          soon

     

         落ち葉の中から1,2cmの可憐な白い花が顔を

        のぞかせている様子が伝えられた。

         開き始めは、月初めだったという。

     

     

     名の通り「節分」の頃に咲くのが普通らしいが、先月下旬に3度も雪が

    降ったのにえらいなあと思った。

     

     実は、可憐な花に似合わぬ力強さで、

    凍った地面から顔を出すんだとか。

     初夏にはもう地下茎に閉じこもって

    しまうという。植物図鑑

     自生地での数が減っていると聞く。

    環境の変化に極度に弱いらしい。

     

      節分草 つばらなる蕊しべ もちゐたる 

           つばらか=細々として詳しい 加藤三七子

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/661
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村