さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 小野小町春の雨 | main | 春蘭を食べる >>
薄氷のサブ4再現
0

     

     今季のマラソンを11月の大田原、12月のはが路で休みにしようと思っていたが、思い通りの走りが出来なかったので、3月の古河はなももマラソンこそラストとしてエントリーしていた。

     

     そして、走った。気温が随分上がってきた中を走った。

     結果的には、目標の4時間の15秒だけ手前でゴール出来た。

     

     

          

     

     

     昨年は7月から6回走ったのに、目標達成がならなかったから、もうやめようと思っていた。20回目になるからと挑戦したのだ。

     

     

     はが路はワンウェイで、高低差80m。古河は折返しの多い都市型、高低差10m。(どちらも日本陸連公認コース)

     

     記録を比べてみる。

      はが路 4時間6分30秒(5'50"/km)中間点1時間55分35秒(5'28"/)

      古河は 3時間59分45秒(5'41")   中間点2時間01分52秒(5'47"/)

     

                                           はが路          古河

         0〜10km    53分33秒(5'21")   56分35秒(5'39")

       10〜20km    55分20秒(5'32")         55分39秒(5'33")

       20〜30km    58分14秒(5'49")         55分46秒(5'34")

       30〜40km    64分11秒(6'25")         58分34秒(5'51")

             40〜42.195km     15分12秒(6'55")         13分11秒(5'59")

       消費カロリー    2,788kcal                   2,917kcal

     

     やはり、30km過ぎのペースが落ちているが、最初の10kmを5'40"くらいでゆっくり走ったのがよかったようだ。

     平坦なコースのはずだが、ウェーブしていて緩やかな上りが続くこともあった。直線的で、ずっと先が見えるのも辛い。

      

     

       はが路

     

       古 河 

     

     

     30km過ぎの落ち込みを小さくするために、ゆっくりのペースで入り、全体的にフラットで走るように心がけた。そう走れるようになっていた。

     今回、中間点通過が2時間01分52秒だから、後半が1時間57分53秒で、ペースがよかったということだ。

     

     

      今回が20回目で、旅行気分であちこちの大会に

     参加してきた。

      運動としては、激しいしすぎるくらいだから、

     記録にこだわらず回数を減らせばいいと思った。

      モチベーションを上げて、「4時間切り」ありき

     で走って、後半が辛かった。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/672
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村