さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 薄氷のサブ4再現 | main | 鶯の啼く音に >>
春蘭を食べる
0

     

     日曜日の疲れは木曜日の今日では、4日が過ぎているから表面的にはほとんど消えている。

     午後練習していた時間になっても、明確な目標がなくなって走る気が起こらない。  
       ◇   ◇   ◇   ◇   ◇
            
     ただ近隣の小高い丘や山を歩くだけだ。               
       ◇   ◇   ◇   ◇   ◇
     緑にはまだ間がある。
     そして静かで、鶯が少し遠くで歌う練習をしている。        
       △   △   △   △   △
     足元に春蘭シュンランを見つけて、子どもの頃を思い出す。
     それを、摘んでくる。
       △   △   △   △   △
                ◇     ◇
             
       ☆   ☆   ☆   ☆   ☆
     
     ランの仲間だから作ったようなきれいな花びらだ。秋の菊と並んで、古来よりその清らかな姿を愛されてきたと解説にある。
     味わうほどのかさにはならないが、茹でて食べる。
       ☆   ☆   ☆   ☆   ☆
                                   ◇     ◇
           

     

       ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

     

     なかなか面白い歯ごたえだ。ただそれだけ。
     酢の物にした方がよかった。醬油で食べた。
     秋の菊と並んで、古来よりその清らかな姿を愛されてきた。   
       ◇   ◇   ◇   ◇   ◇
          みちのべに春蘭花をいとなめり 草城
       
       ◇   ◇   ◇   ◇   ◇
    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/675
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村