さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 春蘭を食べる | main | 春分の雪 >>
鶯の啼く音に
0

     

     

     寒の戻りの後の朝は、日中の気温を少し残して10℃に届こうとしている。
     もやってもいるようで、都合がいい …。6:00
                
                ○
     今日こそ鶯を聞きに行こうと思っていたからだ。
     新聞を取りに裏玄関を出ると、この日当たりのよくないところの梅が、白の点々で顔をほころばせている。
                
            
         
                
             ○
     と、次の瞬間、ホーホケキョ。
     おー、啼いた。啼いた。
                
        3,4日前に聞いていたが、私は間近で見るように聞くまで初音だと
       認めていなかった。
        今日こそ、私にとっての今年初めてのうぐいすなのだ。
        もう、すっかり上手になっている。
     
                
               
     もっと近くで聞こうと歩き出すと、啼くのを止めてしまった。
     (啼いたはずの藪は、国道から50m位しかなく、車が通りが増えた。)
     こっちの篠藪からあっちの篠藪と追いかけることになってしまった。
                
                            
               
     
          
                
            https://youtu.be/nTFZ55A3ygA
                
     優しい春の雨と、寒の戻りの緊張が、うぐいすの初音を呼んだ。
     今日も、15、6℃まで上がりそうだ。
                
     こんなふうに、爽やかに告げてみたいものだ。
                ○
    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/676
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村