さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 70代女性の熱い想い | main | 上溝桜も咲く >>
あきらめない
0

     

     この間の「春の嵐」が、あの小説でどんなふうに表現されていたかを確かめたくて、その文庫本を探していたら『PHP』が出てきた。

     高校生の頃読み始めて続けて読んでいたが、このごろは読んでいないはずだ。たまたま読んだものだろう。平成22年7月号。特集「あきらめない」か。

     

     

           

     

          松下幸之助の「Pea… Happ…Prosp…」からだ。

           特集には、多方面から提言や示唆があった。

           裏表紙は、論旨を短い文で言い表す手本だった。

     

     

     写真や図表も入っている100ページほどの小冊子を、一気に読み干すことになってしまった。

     

     

         

     

     

     高樹のぶ子の「握力の強い女性」を繰り返し読んだ。

     

       天才音楽家ショパンと女流作家ジョルジュ・サンドとの関係、ともに

      過ごし暮らしを話してくれる。

       結核を患い生と死の間を漂うショパンを力強く抱擁し、安心させて

      作品世界に飛び立たせながら、ぐいぐいと掴んでこの世に引き戻すこ

      とを繰り返していたようだ。これを高木は「握力の強い女姓」、「あきら

      めない女性」と呼んでいる。その力だけでなく、臨機応変に握り方を

      変え、相手の求める役割を演じながら自分に引き寄せ、抱きかかえる

      「包容力」があったと言う。また、知性や包容力を上回る「情」を持

      ち合わせて女性だった、と加える。

     

     

       「こだわれるものが見つかれば、強くなれる。」と言う。

       人生のキャリアを積んでからの自分らしい、幸せな生き方に3つの

      要件を示す。

       ㊀ 本人にしたいことがある (趣味 ボランティア…)

       ㋥ すべきことである (認められること 求められること…)

       ㊂ それができる (健康 資金 周囲の支え…)

     

     

     「あきらめない」ぞと、ちょっとだけ勇気が湧いてきたようだ。

     探しものは、時として別の喜びを見つけたりする。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/688
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村