さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 夏への赤始まる | main | 5月の空 >>
緑と光を浴びる
0

     

     日の出が早くなってきて、朝日が差し込むのを感じて目が覚め、急かされて起き出す。

     

     朝の空気を吸おうと、外に出る。

     視界の高いところで、新緑が萌える。

     

         

          

     

     

     深呼吸する。

     手許で、若葉が光る。

     

         
         

     

     

     実は、朝日を浴びるために、日の出とともに起き出したのだ。

     「朝日」によって体内時計をリセットするためだ。

     

        体内時計の微妙なズレを調整して、体調を整えてくれるという。

     

        セロトニンという神経伝達物質が脳内に分泌される。
          (脳の活動が活発になりプラス思考になる。)


        メロトニンという睡眠を促す物質の分泌を止める。

     

      

     健康な生活をするためには、自らの「脳」を活動しやすくしておくことが大切だと聞いて、まずはここからと思って出来る限りやってみようと思う。

     

     

      もう一つ、朝日に、「今日も一日、無事で暮ら

     せますように。」と、拝むためだ。
      優しくて雄大な朝日であれば、聞いてくれそう

     だが、「念ずれば通ず」の儀式として神妙な気持

     ちで構える。

      心に冷静さも宿るように、とか …。

      

     

     一石「三鳥」くらいな、欲張りな早起きだ。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/692
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村