さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 仕事喜ぶべきか悲しむべきか | main | 仕事しごと! >>
辞める必要がある
0


     学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題で、愛媛県が21日、2015年4月2日に首相官邸で行われた柳瀬唯夫・元首相秘書官と同県職員らの面会に関連する新たな記録文書を参院予算委員会に提出した。すでに判明している文書とは別に、県が庁内を再調査した結果、見つかったものが含まれているという。(朝日デジなど)

     

     

            愛媛県知事 

     

     

        獣医学部新設をめぐり、安倍晋三首相が3年前の平成27年2月、

       学園の加計孝太郎理事長と面談し、獣医学部新設構想の説明を受け

       たとする新たな内部文書だ。

     

        県職員が2017年3月3日に学園関係者と打ち合わせを行った際に、

       学園側から「2月25日に理事長が首相と15分程度面談した。」

       との報告を受けたと。

     

        加計氏は「今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学

       教育を目指す。」などと説明し、首相は「そういう新しい獣医大学

       の考えはいいね。」とコメントしたと記されているという。

     

        「安倍総理と加計学園理事長が先日会食した際に、獣医師養成系

       大学の設置について地元の動きが鈍いとの話が出た。」とも記され

       ていた。会食の時期は書かれていない。


         **首相はこれまでの国会答弁で、学園の獣医学部構想を

           知った時期を「2019年1月20日」と説明している。**

     

     

     22日朝、安倍首相は急遽首相官邸で記者団の取材に応じ、愛媛県の文書を真っ向から否定した。

      「ご指摘の日に加計理事長と会ったことはない。念のため昨日、官邸の

       記録を調べたが、確認できなかった。」

     

     

            記憶も記録もないと

     

     

         その後、菅官房長官は記者会見で「(官邸に入る際に氏名や面会

        相手などを記す)入邸記録は業務終了後速やかに廃棄される取り扱

        いとなっており、残っていなかった。」と説明した。

     

         政権幹部は「新聞に掲載される『首相動静』にも載っていない。」

        と強調している。

     

         **これらを矛盾だと考えていないのか …。**

     

     流行語になった「忖度」。

     他人の考えを推察して実行する「忖度」による行為は、ちょっと忠誠心などを背景にした行為と見える。しかしそうでないことは明らかだ。実は忖度する者の出世欲、金銭欲、競争心、嫉妬、見栄、意地の悪さ、復讐心、欲望などの現れだ。

     

     官僚たちの違法行為も辞さぬ「忖度」は、国家のためという建前をちらつかせながらも、個人的な昇進や経済的利得の計算に強く動機づけられているように感じられる。

     

     

        国会も混乱

     

     

     野党が欠席の審議、審議なしの強行採決などと国会を混乱させてきた。これは、「関与」がなくても忖度されたリーダーは、それだけで辞任すべきだという証だ。
     総選挙に勝って、一強を誇示した。このリーダーの周辺に忖度が起こるとき、そのリーダーは一見強力に見えるが、忖度がもたらす混乱を収拾できない。さらにリーダーの意向を忖度する行動が蔓延する。

     

     **首相、辞め時だ。**

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/701
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村