さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 夕立の季節 | main | 勢いのない夕立 >>
島本理生に直木賞
0

     

     第159回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が開かれ、直木賞に島本理生の「ファーストラヴ」が選ばれた。

     

     「島本理生」が特別に好きだということはない。

     『ファーストラヴ』が手許にあるわけでもない。

     

     理生の作品を何編か読んではいた。

       『ファーストラヴ』について、「やっぱり」と思う短い書評を読んでいた。

     だから、何となく嬉しくなったのだろう。

     

     

      手に汗握るミステリー。しかも、島本理生だ

     からこそ書ける類の。ある夏の日、血まみれの

     姿で歩いていた女子大生が殺人容疑で逮捕され

     る。彼女の名前は聖山環菜、包丁で刺され死亡

     した被害者は彼女の父親で画家の聖山那雄人。

     だが、奇妙なことに環菜自身が「動機が分から

     ない。」という。臨床心理士の真壁由紀はこの

     事件に関するノンフィクションの執筆を依頼さ

     れ、被告の弁護人となった義弟の庵野迦葉とと

     もに、環菜や周辺の人々への面談を重ねていく。

               amazonより

     

     

     直木賞受賞のニュースの見出しは、こうだ。

     

           直木賞受賞の島本理生さん、育児しながら執筆活動。「18年

         来の悲願」と喜び語る

           「子どもが産まれてから視野が広がったと思います」

     

     

      高校在学中に作家デビュー、                                 

      芥川賞の候補4回、

      直木賞の候補2回から 

      今回、直木賞を射止めた

    こともあるだろう。

     

     

     受賞コメントに、

     

         子どもが産まれてから視野が広がったと思います。これまでは

        自分一人のために書いていた。家族を支えるというと言いすぎか

        もしれません。

     

     

     以前の暗さから脱しているだろうことが、嬉しかったのだ。

     理生は高校在学中に作家デビューするが、初期の作品には「不運な生い立ち」を思わせるところが少なからずあった。

     ある短編集で森絵都と並んでいたので、「波打ち際の蛍」「君が降る夜」「真綿荘の住人」「リトル・バイ・リトル」「ナラタージュ」などを読み比べた。

     

     

      若い世代の意味の分からない虚無感や怠惰

     な暮らし方を、なお小さい頃のトラウマが作っ

     ているようだった。

      それを生むのが大人生き方で、私自らの責

     任ある言動を求められているようだった。
     

     

     授賞式での彼女の表情は明るかった。

     主人の好物や子どもについての質問ににこやかに答えていた。

     それで、私は嬉しくなったのだろう。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/718
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村