さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 勢いのない夕立 | main | タイポグリセミア現象 >>
復興五輪は
0

     

     先日、東京五輪・パラ開催まで2年を切ったところで、被災地の反応を聞いたらしい。

     「復興を成し遂げつつある姿を世界に発信する」を理念とし、岩手、宮城、福島の被災3県での聖火リレーや競技開催が発表されたが、理念が浸透していないとの声は根強い。jiji.com

     

     

         

          いしのまき復興マラソンのスタート地点に置かれた

           64年の東京五輪で使われた旧国立競技場の聖火台

     

     

     被災者も冷静だという。福島市の仮設住宅で暮らす人は「復興五輪といっても、東京の五輪。遠い所でやっている感じがする。」と。福島県浪江町から避難している人は、「五輪をきっかけに、復興が進んでいないマイナスの面も知ってほしい。無理して『復興』と名付けなくていいのでは。」と。

     

     こんな中で、祭り騒ぎもどうだろう。

     五輪開催経費を復興に注いでは ・・・。西日本だって。

     

     私も被災者だ。生活環境はほとんど修繕できたが、戻らないものもある。

     私にどうこう言う権利もないが、自然災害については互いに助け合い、人災については政治が最後まで責任をとるべきだ。

     

     

      そういう時、9日間復興相をした松本龍氏が逝去、67歳。

      震災から4カ月後の11年7月、訪問した宮城県庁の応接室

     で、遅れた村井嘉浩知事を「客が来るときは自分が入ってか

     ら客を呼べ。」と怒鳴り上げた。この様子がTVNewsで伝え

     られると抗議が殺到、復興相就任わずか9日で辞任した。

     

     

     知事に「長幼の序」を行えと言った。

       旧民主党政権での環境相や復興相を歴任。

     日本社会党の出発だった。1990年

     国民のための政治も、昭和も、さらに遠のいている。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/720
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村