さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< アニメの力 | main | '18 台風21号 >>
ももこさんの夢をまる子が
0

     

     「ちびまる子ちゃん」の作者が53歳で亡くなった。

     スポーツ報知が伝えた。

     

     

        さくらももこさん、落語家になりたかった

                  幻に終わった小朝への弟子入り

     

      国民的人気漫画家・さくらももこさんの突然の

     訃報に、日本中に悲しみが広がった。さくらさん

     は中学生の頃から漫画を描き始め、紆余(うよ)

     曲折の末に少女漫画界に「エッセー漫画」という

     ジャンルを持ち込んだ。亡くなる直前まで漫画を

     描き続けたさくらさん。

       「小さい頃から漫画が大好きで、いつも漫画を

     描いていました。」 さくらさんは2014年頃の

     インタビューで、そう振り返っていた。

     

       自身のエッセーなどによると、中学生の頃から少女漫画雑誌に

      投稿。当時描いていたのは正統派の恋愛漫画だったが、賞には縁

      がなかった。親にも反対され、漫画家は無理だと見切りをつけよ

      うとしていた高2のある日。学校で行われた作文のテストで95

      点の高得点を取った。教師からは「エッセー調の文体が高校生

      とは思えない。」と大絶賛。批評欄には、少し引いた視点で構成

      するうまさが「現代の清少納言」と記された。うれしさから「エッ

      セーを漫画にする」ことを思い立ち、直後に書いた投稿作が「り

      ぼん」で初入賞。「ちびまる子ちゃん」の原型ができた。

        ( さくらさんの生い立ち・略歴・作品やリボンの編集長談話・

                   ちびまる子ちゃんのスタッフのコメント等あり)

     

     

     これをデジタル版で読んだが、丁寧な書き方だと思った。

     そして、「現代文」の読みの意欲付けに使った。

     

       ○ 「ちびまる子ちゃん」には、親しみを持っていること。

       ○ 親に反対され漫画家に見切りを付けて諦めようとしながら

        作文での高得点と大絶賛を受けたのが高2の時だったこと。
       ・ 新聞記事は常用漢字(小中1945字+191字)の範囲で書かれ

        ている。カタカナ語、四字熟語、慣用句等が入っていたり、

        十分な理解には文学的知識も必要とされたりすること。

     

     

     彼らの睡魔は後退せず、相変わらず元気だったようだ。

     新聞を読むことは、社会人のイロハだ(った)と言った。

     紙ベースの購読が減っているようだが、スマホやPCで読めばいいんだが。

     

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/729
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村