さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 30kmで棄権とは | main | 銀杏降る >>
70歳まで働かせるのか
0

     

     新聞(毎日)に、こんな見出しを見た。

     

       70歳まで就業 年金33万円 繰り下げ受給で初試算

     

       社会保障審議会年金部会(2日厚労省)が、高齢者の就労の多様化と、

      それに合わせた年金制度の在り方について議論し、60歳以降も働き続け

      た場合に受給できる厚生年金額を、複数のケースを用いて初めて提示。

     

       70歳で退職して年金をもらい始めた場合、月約33万円(夫婦世帯)と試

      算した。現在の年金制度の基本となっている60歳退職、65歳受給開始で

      は約22万円で、約1.5倍の額。

     

     

         

     

     

       政府は現在65歳までとなっている継続雇用の義務付けを70歳まで引き

      上げる方向で、未来投資会議で本格的な検討を始めている。高齢者にで

      きるだけ長く働いて、支え手になってもらう狙いで、公的年金の受給開

      始可能期間も現在の60〜70歳ではなく、70歳超も選択できるよう検討を

      進めているそうだ。

     

     

     貰う額が1.5倍になるかもしれないという試算            

    を示されたら、70歳まで働いてみるか、と考える

    も増えるだろう。

     私なんて62歳から受け取っている。

     非常勤の仕事はしているのだが。

     

     

     現在日本では、65歳以上を「高齢者」と定義し、超高齢社会を迎えている。

     2017年1月5日日本老年学会は、高齢者の定義を「65歳以上」から、「75歳

    以上」に引き上げ、それより若い人たちは就労やボランティアなどの社会参加

    を促すべき」という提言を発表した。

     

     

       支給開始年齢を70歳に引き上げれば年金財政に

      心配がなさそうだが、65〜69歳男性の労働力率を

      (働く割合)66.7%に設定していて、3人に2人が

      70歳まで働かないと現水準を維持できず年金額を

      減らすしかない試算らしい。

     

     

     日本人男性の健康寿命は、72.14 歳でもある。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/744
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村