さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 皇帝ダリアが咲いた | main | 悠久の望月 >>
極僅かだが前へ
0

     

     今季2度目、大田原まで4日となった。

     今さら走っても疲れを残すだけかもしれないが、走らないと落ち着かないので走ってしまった。昨日、今日の10km×2だ。

     1ヶ月前の距離が、200km直前までだった。

     疲労は残っていないようだ。練習用のシューズはくたびれている。

     

     

          オナモミが付いた

     

     

     

     ハーフでも、30kmでも、まあまあの時間(5'30"〜6'/km)で走れるようにはなったが、スピードが出て来ない。

     

     そこで、姿勢などの走り方に目を向けた。

     手遅れではあるだろうが、いくつかのアドバイス試すことにした。

     

        走る速さは、ピッチ × ストライド で、おおよそ計算出来る。

             ピッチ 185 は平均。ストライド96cmは短い。(身長165)

             1km5分48秒でしか走れないからサブ4は無理だ。

     

        そこで、ストライドを100cm まで何とか伸ばそうとした。

             前傾姿勢を保つこと。骨盤の前傾保持だ。

             股関節に柔軟性を持たせること。

            ○鍛えた体幹で上半身を捻るように足を運ぶ。

     

              

     今日は上手くいった。

     時間は縮まった。50'50"/10km

     消費kcalは、1kcal/1km程度の増だった。

     

     これで 42.195 行ければいいのだが。

     出来るところまで、やろう。

     

     上半身を捻ってパワーを生み出すのは、投手の動きと同じだし、ゴルフにも役に立つから、この走り方を信じていくことにする。

     黄色くなり始めた月に見守られていた。

     

     

              

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/747
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村