さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 極僅かだが前へ | main | 大田原反省 >>
悠久の望月
0

     

     23日は、旧暦の神無月の十六日だった。

     東に大きな満月が昇った。月齢15.5

     

     

         

     

     

     これが、「道長の望月」だったという。

     

        平安時代に栄華を極めた貴族藤原氏の中で、最も威勢を

        誇ったのが(藤原)道長だった。(966~1027)

     

     その事を自らに、歌として詠んだ。

     

        この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば

     

     

     それが、ちょうど千年前の満月だったという。   

     そして、今夕昇った満月は、移り変わった時を経てなお地上を照らし続けている。

     

        道長自身の日記(御堂関白記)によると、この歌を寛仁2年(1018)

        10月16日に詠んだと記している。

     

     千年後が、2018年の旧暦10月16日、今日11月23日というわけだ。

     道長の栄華を象徴する望月が照らした私に功あれ。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ことば | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/748
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村