さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< 南瓜を食べる | main | 大晦日の脳 >>
走れと聞こえる
0

     

     もっと走れ、と声が聞こえる。

     10日前に走った42.195が思い浮かぶ。はが路ふれあいマラソン。

     

     サブ4を目標にして走るとしながら、30分オーバーでやっとゴールにたどり着いた。

     

     

           蛍光色のTシャツ

     

     

     前傾を保つために、やや下を向いて走り出す。

     肩甲骨を、左右くっつけるように肘を引いて、振る。

     肩に力が入って、これ姿勢を続けるが辛い。

     

     

           23km過ぎ

     

     

     15kmから中間点過ぎまで上り(日本陸連公認コース)になる。

     中間点で3分しか貯金がない。でも止めるわけにはいかない。

     

     

           37km付近

     

     

     ここまで来ると、もう下半身全体に痺れが出ていて、いっそう足を運ぶようにゆっくり走っている。

     改めてみると、誰も辛そうだ。

     

     

           真岡市から益子町へ

     

     

     初めのうちはいい。だんだん大臀筋と骨盤周りが痛くなってくる。

     練習不足だ。

     

        「根性」や「やる気」などといった精神論が、いざとい局面では

        何の役にも立たないものなのかと通説に思い知るのがマラソン

        なのだ、誰かが言った言葉が浮かぶ。

     

     仏教で説かれる「因果応報」だ。強い人は「練習は嘘をつかない。」と言う。

     もう少し走ってみよう。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/755
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村