さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< なぜゴルフ | main | 山桜質素に >>
焼酎はお湯割りで
0

     

     焼酎を呑む。

     いろいろあるが、米焼酎が好きだ。

     

          

     

     

     

     

     

     

     

     

      お湯割り

     

     

     低カロリーが魅力だった。

     九州などでは、6:4が定番になっているらしいが、私は1:4ぐらいがちょうどいい。勿論、お湯割りだ。

     

     

     この焼酎が健康を害せず、かえってそれを維持、促進するものとして受け取って楽しんでいる。

     それを後押しするようなデータを時々見る。

     

       醸造過程における「麹」が発酵食品であり、これが「第二の脳」の

      腸内環境を整えているという。

       味噌や納豆・ヨーグルトなどと同じように、身体をつくるための栄養

      素が摂れる、ビタミンやミネラル、酵素などの生理活性物質が摂れる。

     

     

     

     これが、身体に染み渡れば、すっきりと頭が冴えて回転が速くなり、ひらめきやアイディアも出て来ることが期待できると考えてしまう。

     

     我田引水で、焼酎を呑むことと「脳の活性化」を関連づけしてしまうのだ。呑みすぎ注意で、「脳活」と同様に考えると、健康管理とパフォーマンスの向上が望める。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/778
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村