さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
<< すでに「危険水域」 | main | 「ポスドク」を聞く見る >>
ちょっと恥ずかしい一点
0

     

     令和になったと、新しい時代の到来に日本中が喜んでいる。

     

     退位の礼の具体的な儀式は、退位当日の2019年(平成31年)4月30日に、

    退位礼正殿の儀 たいいれいせいでんのぎ が、国事行為として皇居宮殿正殿で

    行われた。国民がうかれているのは、これによる。

     

     

          無礼をお許し下さい!

     

     

      天皇が剣璽や御璽、国璽を伴って松の間に入場し、ほかに皇后・皇太子

     徳仁親王をはじめとする皇族、三権の長らが揃い、内閣総理大臣・安倍晋

     三が天皇の退位があることを報告し、天皇への感謝の意を盛り込んだ

     「国民代表の辞」を読み上げた後、退位礼正殿の儀に先だって開かれた

     定例閣議で決定された天皇の「おことば」があった。  

       

     

     この「国民代表の辞」と「おことば」は、奉書の体を成している。

       ―国民代表の辞―

       謹んで申し上げます。

       天皇陛下におかれましては、皇室典範特例法の定めるところにより、

       本日をもちまして御退位されます。

       平成の三十年、「内平らかに外成る」との思いの下、私たちは天皇

       陛下と共に歩みを進めてまいりました。略

     

       ―おことば―

       今日をもち、天皇としての務めを終えることになりました。

       ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、

       深く謝意を表します。

       即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼

       と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。略

     

     

     

     問題があった。「退位礼正殿の儀」という歴史的な儀式での、「安倍首相の失言が世間を騒がせた。ミスは誰にでもあるが、それを防ぐ準備は十分だったのか。首相の姿勢が問われる。」とマスコミが大失言だと指摘する。ネット上に動画もある。

     

     「国民代表の辞」の終末、

      「天皇,皇后両陛下には末永くお健やかであらせられますことを願っていません。」

      ― 「い」に漢字の「已」が書かれていたのか、「いません」と読み上げた。―

     

      これでは、国民の大多数の願いとは全く逆だ。

      ― 動画で確認すると,どうもそのようだ。―

     

       
           


     文書として公表された「国民代表の辞」には「願ってやみません。」だという。

     「願ってやまない。」の「やむ」は漢字で「已む」と書かれていたのだろう。

     この舞台が憲政史上初の儀式だけに、その重要な場で国民を代表し、天皇、皇后両陛下に直接挨拶をするのに、下読みも十分にしなかったなら、怠慢の極み。皇室に対する敬意を欠いていると言われても仕方がない。

     

     

     安倍氏は、17年1月の参議院本会議で蓮舫議員に対し、「訂正でんでんという指摘は全く当たりません。」と答弁しているらしい。これは「云々」を、「伝々」と誤って覚えていたようだ。もし「国民代表の辞」の原稿にひらがなで「願ってやみません。」と書いてあったのに「願っていません。」と言ったのなら、安倍氏は「願ってやまない。」という言葉を知らないほど語彙が乏しいのか ・・・。

     

     国民を代表した「未曽有」の失言は、気付かれず、忘れ去られるのか、意図的に無視されるのか。あの、みぞうゆう 。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://mori-komut.jugem.jp/trackback/786
    TOP
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村