さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
古きは忘れらる
0

     

     17時で、勤務期限が完了した。

     取り立てて宣言するほどのことでもないが、自分を拘束する要素がなくなっているだろうことが嬉しい。

     

     33年間小中学校に勤務した後、県立高校の講師を3年間務めた。

     地方の小中学校は、過疎化・小規模化によって統合・廃校を繰り返し、「学力向上」よりも「現状維持・体力温存」を重視するような環境になっていた。

     

     普段あまり勉強をしてはいなかったが、大学で習得した古典文学の価値や、その上塗りとしての大学院での文学教育の方法の研究を、どこかで講義したいと考えていた。そして定年間もなくの3年前、高校講師の場を得た。

     

     

          

     

      

     いざ高校へ行ってみると、生徒はあまり勉強の態勢にいなかった。ばりばりの進学校ではなかったこともあろう。

     「国語にあって、古典B・源氏物語は簡単な英語より難しい。」という高校生の洗礼にあった。それは3年間続いた。

     

     自らの高校時代の思い出やマスコミ等が伝える情報からやる気も募ったが、期待が裏切られるのに長い時間は要さなかった。

     

     

      大学でも同じ。授業中の居眠りと私語が蔓延って文学

     部が縮小しているという嘆きにあった。左著書。

      「これに対して他校の教員が、『文学を学ぶ意欲のあ

     る学生を選び、良質の教員だけを集めて大学を作ったら

     どうか』との提言を受けざるを得ない」と言っている。
     

     学びたいものがある大学に入った学生でも同じなのだ。

     

       平成元年、社会の変化に自ら対応できる心豊かな人間の育成として、

      「生活科の新設」

     

       平成10〜11年 自ら学び自ら考える力(学び手の興味関心の重視)など

      の[生きる力]の育成として、「総合的な学習の時間」の新設

     

     これら指導要領が求める児童生徒像に向かって真面目に指導してきたことが、「面白いことだけを学ぶ」世代を育ててきた。私もその一人なのだが。

     

     

     しょんぼり  これからも、古いものは少しずつ削られていくだろう。児童生徒の

       興味関心は拡散するばかりで、将来に向かって実を結ぶような教育が

       行われにくい環境は進行してしまうだろう。

        PCにもスマホにも、英語を和訳してくれる無料のアプリがある。

       古典文には、そんな便利なものか見当たらない。探す学習者もない。

        意欲ある者を集めて「塾」をつくる以外ない。

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    桜前線スタート
    0

       

       今日21日、東京都心で桜が全国で最も早く開花したと発表された。(ソメイヨシノ 9年ぶり) 昨年と同日で、平年に比べて5日早いという。

       

       

             靖国神社 (毎日)

       

       

       まだ5輪ほどしか咲いていないから、枝先の写真しか出てこない。

       満開になるのに、7〜10日ぐらいかかると見込まれているから、ちょっと長めに楽しめるかもしれない。

       

       東京でも、ぽかぽ陽気になった昨日20日から一転して、朝からあいにくの雨だったらしい。

       気温も上がらず午前10時の気温は9.2℃。栃木も雨9.1℃―桜なし。

       

       

        開花のニュースを聞くと、自分のところは何時

       になるのかと心が騒ぐ。

        靖国神社(北緯35°42′  標高27m)とは、直線距

       離で122m、緯度で1°北、標高差でも90mは北

       東にある。(栃木県那珂川町)

       

       

       

       桜前線がスタートした。

       その速度は、南北に長い日本だから地域毎に大きく異なる。東京〜青森では、1日あたり約20km北上するという。(yahoo!知恵袋など)

       

       また、山を上るのに、(標高)100m差で、2,3日かかることも観測されているらしい。逆転現象だ。だから、実際の桜前線は単純な曲線ではなく、複雑に入り組んだ線になる。

         

       

         特に九州南部の開花が、九州北部や本州より遅れると

             いう逆転現象がそれだ。

             「休眠打破」という現象。暖冬などの影響で、桜が開花

             する条件である冬の間の一定の低温期間が不十分で休眠が

             出来ずに開花が遅れるのだ。

       

       そういうのは、人にも、考えられるのだろうか。

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      地元高校小規模「特例校」に
      0

         

         この春小学校に入学する子は、今ごろどんなにかその日を待ち遠しく過ごしていることだろう。中高進学だって、具体的な準備も始まっている。

         

         そんな時、栃木県教育委員会が、1学年4学級以上の適正規模の確保が難しい小規模高校を「特例校」として、当面維持すると発表した。(県北西部と東部の6校 第2期県立高校再編計画)

           馬頭 日光明峰       計画初年度の2018年度から導入

           益子芳星 茂木 黒羽 那須 地域中学卒業者数・入学者数から判断

         

         

               馬頭高 HPより

         

         

         県教委の定例会での議決を経た公表だ。

         18〜22年度の新たな計画で、中山間地域など通学に不便な環境で、近隣にほかの高校がない場合を特例校とし、1学年3学級もしくは2学級で生徒を募集する。

         3学級特例校となった後も入学者が募集定員を下回り、生徒の確保が困難な場合は統合か2学級特例校とする。2学級特例校として生徒を募集して3年目以降、入学者が2年連続で募集定員の3分の2未満となった場合は原則として統合が検討される。

         

         私の母校は隣の那須烏山市にあった。09年に男子校・女子校が統合して、今春再び定員割れを起こしている。第1期県立高校再編計画の犠牲になった。

         


          小規模県立高校の救済策として、「特例校」という新

         しい仕組みを打ち出した。地方創生の拠点ともなる高校

         を維持しようと、地元に最大限配慮したという。

         

          要するに、小規模校を維持していく経費を削減したい

         だけだ。その段階を既成事実にしようとして。

          「教育劣位社会」の典型と発端をみるようだ。

         

          入学者が少ないのは、地域の人口減少が最大の理由。

         

         

         交通の便が改善されていても保護者の負担は増大する。

         教育の質とともに、教育の機会確保されなければならない。

         

            ♪ 他県の例なども見えているだろうが ・・・。

              どうしても、小規模校に使う経費を削減したいのか。

         

         

         にじ 那珂川町では、馬頭高存続支援へ同窓会やPTA、自治会などでつく

          る「考える会」が発足した。

           定員割れが続くなどに危機感を募らせていた会は、「馬頭高校の存続

          が町の地域振興に不可欠」とする要望書を町に提出した。

         

         Docomo88 私立中学高校連合会(船田元会長)のコメント

            高校教育の質を維持するためには、適正規模が困難な場合は小規模特

           例校の設置によらず、県立高の統廃合を進めるべき。特例校維持のため

           に、自治体が公費を投入することは、公私間格差を招き望ましくない。

         

         

         宇宮東などでやっている併設型中高一貫教育校

        ではなく、中等教育学校(6年間を一体的に学ぶ)や

        連携型一貫校ではどうだ。

         「改正学校教育法」の成立による「義務教育学校」

        (今春小山市に創設)が許される、LRTのために小学

        校が建てられるだから、なんでもありじゃないか。

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        沈む月も
        0

           

           たくさんの文字の中に、こんな挿絵を見つけた。

           いや、置かれていた。というのは、文字との脈絡がなさそうだった。

           

           

            紙のせいか、あまり鮮明ではない。

            「月沈」と題があって、モノクロだから、

           それは当たり前のことなのかもしれない。

            「月沈」という言葉は、辞書にない。

            対照的な「日昇」もなく、このカットを描いた

           人の、その時の心境なのだろう。

            丸く大きく輝く月のイメージはないが、特に

           「落ちゆく」ことよりも、静かな時の流れを感じ

           させられるのは、私かただ見る人だからなのか。

           

           

           「月」は、雪・月・花という自然の美しい景物を指す語だ。

           古来和歌などでは、「雪月花」と一つの景色として、これら三種を一度に取り合わせたものを指す言葉だった。

           

           

                 3月半ばの朝

           

           

           音読語としては「雪月花」(せつげつか)が用いられることが多いが、和語としては「月雪花」(つきゆきはな)の順で用いることが伝統的だ。

           現代では伝統的な日本の美の感覚を連想させる語として、様々な場所で用いられている。

           これは、そういう「月」だ。

           

           

          Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          そうだ京都を走ろう
          0

             

             職場を同じくして、「走る」代名詞を持っている先輩がいる。

             京都マラソンを走ると聞いていたが、ゆっくり話を聞く暇がなかった。

             

             暑い頃グラウンドで、陸上部の指導中に邪魔をして、走り方や練習方法などについてうるさく聞いていた。

             大田原マラソンや勝田マラソンでの様子を話すと、「ああ、そうか。」と思える話をしてくれた。

             

             

             「20kmで、終わってたよ。」と、京都での結果を振り返って笑った。

               (まず景色がいいからね、制限が6時間だからと、今では記録に

                こだわっていなかったようだ。)

             

             

                 

             

             

                西京極総合運動公園をスタートし、平安神宮前にフィニッシュ

               するコース。7つの世界文化遺産付近を巡り、「送り火」で知ら

               れる五山を眺望できるなど、山紫水明の都である京都の魅力を堪

               能できるとの触れ出し。

             

             

             4時間54分41秒だったよと笑った。

             (かの先輩だって、5時間を切ったところだ。)

             これからも適当に走って、時々大会に出てね ・・・と。

             

             嵐山・渡月橋を眺めながら桂川沿いを走り、

               その後、嵯峨野・広沢の池を通過。

             平安の昔より景勝地として栄えたきぬかけの路で自然を感じ、

               京都府立植物園内や京都のシンボル鴨川沿い、

             さらには,京都御苑    

               豊かな緑と歴史にふれながら

                  走ることが醍醐味だろう。

                            平安神宮前ゴール

             

             この間の「びわ湖毎日」も、歴史的な土地や風景を走っていた。

             そうだ、京都を走ろう。

             

             

             

            Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            風邪か花粉症か
            0

               

               ある場所を尋ねた。             

               受付があって、女性がいた。

               服装も春を間近にした季節にぴったり、「こんにちは。」

              の挨拶も、穏やかな雰囲気を醸し出している。

               出来たら案内して下さいと言いたいくらいだ。

               

               マスクは、風邪ですか、花粉症ですか ・・・。

               

               

               高校生が短い論文形式の作文を書くのを見た。

               書き出しは、こうだった。

               

                   私はマスクをして接客することに反対だ。マスクをして接客する

                  と、店員の顔があまり見えず不安につながるからだ。確かに、店員

                  がもし風邪を引いていて、咳をしながら接客されたら気分はよくな

                  い。特に、飲食店で料理を運ぶときに、咳がかかってしまったら、

                  その店に行きたいとは思わなくなってしまう。

               

               

                    

               

               

               風邪なら、そういう場所に出ないようにしたらどうか提案している。

               どうも、その人の表情の見えないのが不安なようだ。

               

               私と反対の意見を持っている人もいると思うが ・・・としながら、次のように結んでいる。

                                                      

                   マスクをしないことによって好印象を与え

                  よい接客をしたら顔も覚えてもらえて、個人   

                  にもお店にも好感度アップにつながると思う。

               

                            カウンターの向こうの髭の方が嫌だ

               

               

               風邪の人もあるだろう、花粉症の人もあるだろう、

              マスク姿が溢れている。               

               

               こういう普通の考えも少なくないことに安心する。

               目は口ほどにものを言うとも。その人の持つ雰囲気が好印象を与え、

              思いの外生活を豊かにしているのではないだろうか。

               

               

               

              Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              誰がロンドンへ
              0

                 

                 世界選手権陸上(8月倫敦)男子代表の最終選考会を兼 

                ねたびわ湖毎日マラソンは5日行われ、リオ五輪代表の

                佐々木悟が2時間10分10秒で日本勢最高の4位に入った

                が、代表入りは厳しくなったようだ。

                 昨夏の借りを返すスタートのはずが、顔をゆがめ,「全く

                話にならない。正直悔しいとしか言えない。」と声を絞り

                出すに終わった。(Nikkan Spo.)

                 

                 代表枠は最大3に、候補者が並んだ。

                 福岡、東京、びわ湖で日本人1位。2時間07′以内が、基本選考基準。

                 

                   福岡国際マラソン'16 12.4    東京マラソン'17 2.26    

                   1位 2:09:11 川内優輝      1位 2:08:22 井上大仁

                   2位 2:09:12 山本浩之        2位 2:10:40 園田隼

                   3位 2:09:27 設楽悠太        3位 2:12:19 前田和浩

                 

                   別府大分毎日マラソン'17 2.5    びわ湖毎日マラソン'17 3.5

                   1位:2:09:32 中本健太郎     1位 2:10:10 佐々木悟

                 

                 

                 これら候補選手(多方面の予想)の中で、

                  タイム 順位 レース展開 タイム差 気象条件 を

                総合的に判断し、ロンドンで活躍が期待できる選手を選ぶとしている。

                 

                 

                 当然一人が二つの大会に出場していないから難しいだろう。

                 コースの高低差を比べてみた。

                 

                    福岡国際

                    

                     びわ湖毎日

                    

                    東京 

                    

                 

                  びわ湖毎日が、比較的起伏の少ない平坦なハーフ折返しのコース。

                 福岡国際は、小さなアップダウンを繰り返すワンウェイ。2〜10mh.

                 東京もワンウェイだが、スタートから10km過ぎまで下り。その差40m。

                 

                 フルマラソンを走った経験から言うと、この下りはとても楽だ。

                  (日本陸連競技規則公認コースの条件3 スタートとフィニッシュの

                    2点間の標高の減少は・・・標高差は42m以下が原則。)

                 キプサングが国内最高の3分台で走ったのに一役買ったか。強いが ・・・。

                 逆に有力選手は東京マラソンで、彼の走りにに挑めばよかった。― スピード、後半が重視されているようだが、厳しい条件の力を付ける時なのか。

                 

                 東京五輪を見据えた若手選手の出場も、期待できる結果ではない。

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | らんにんぐ | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                シルクロードから桜巡礼
                1

                 

                 河津の桜が満開で、枝下の菜の花と咲き競うというニュースを聞いた。

                 今年の桜巡礼に、時期を逃している。

                 

                 この日の「さくら」行を、「さくら」巡礼の初めとしたい。

                   「さくら」とは言うものの、「さくら」市だ。

                   「さくら市ミュージアム」行き ・・・。

                 

                   

                      

                 

                 さくら(ミュージアム)に、平山郁夫(展)が来ているのだ。

                 

                 その絵画がどれほどの価値があるか、昔と変わらず分からない。

                 平山郁夫の『シルクロードを行くキャラバン』は、模写や版画などで何度も見てきたはずだったが・・・。

                 

                 

                      

                   東・太陽

                 

                 

                    西・月

                 

                 

                 

                 私が嘗て見ていたのは、畳半畳ほどのシルクスクリーンだ。

                 40歳代の月給でやっと買えるものだった。

                 

                 目の前の現物は、171×364cm ・・・。

                 この迫力に、かつての見識は一掃された。

                 

                     いや、その他にもあった。素描。

                     アフガニスタンの砂漠を行く。

                     タジマハール インド。トムシュクの遺跡。

                 

                 

                 『西・月』の「平山ブルー」だけは、今度やっと分かった。

                 ラピスラズリ (lapis lazuli) という群青。

                 

                 

                 ホットコーヒー 行くまでに予備知識を入れた。少し学習してからだ。

                   平山郁夫が平和への祈りを込めた「仏教伝来」を生涯の画題とした

                  のは、少年時代に被爆を経験したことからだという。

                   それはまさに、今から1400年ほど前、天竺まで求法の旅に出た

                  玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)の追体験そのものと。

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | さくら | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                震災6年
                0

                   

                   東日本大震災から間もなく6年になる。

                   様々に報告されて、被害の大きさと、まだ復興していないことを思い知らされる。その度、自分は何もしてはいないと、心の隅で悔いても来た。

                   

                    東北の被災3県で、3万3748世帯、7万1113人がいま

                   

                    だに仮設住宅での生活を余儀なくされている。岩手、宮城両県は仮設

                    からの退去が進んでいるが、福島県は原発事故の影響で先行きを見通

                    せずにいる。(河北新報)

                   

                   

                   こんなニュースも読んだ。

                    東電福島第一原発事故の賠償費        

                     電気代での1世帯あたりの負担額を試算 

                                       
                   事故の賠償費は、原発を持つ東電以外の電力会社も負担している。

                   

                   家庭の電気料金でまかなっている7社について、朝日新聞が取材を

                  もとに国の家計調査を当てはめて試算したところ、1世帯当たり年

                  約587〜1,484円を負担している概算となった。

                   

                   家庭の負担額は料金内訳が書かれた検針票には示されず、利用者の

                  目には届かない。(朝日デジ)

                                            

                   

                    いまだに苦しむ東北の人々。かつての生活を取り戻

                   そうと動く自治体、ボランティアの必死な姿。

                    自分は、加わっていない負い目を少し感じていた。

                    (実際には、我が家も土台から揺すられ、瓦の屋根ま

                     で多大な被害を被っていた。)

                   

                     ― 電気料金から考えると、負担している。0.25円/1kWh

                       勘弁して貰おう。

                   

                   

                   そういえば、福島第一原発事故後の混乱の中で制度ができたんだった。

                   そして、本来は東電が負担するべき賠償費を多くの消費者が自覚のないまま一般の電気料金から回収されている。

                   

                   (東北の人たちが困っているのも事実、まだ復興までいっていないが) 消費者が原発事故の問題に向き合うためにも、国や電力会社はもっと一人一人の負担が見える形にするべきだ。

                   

                   

                   

                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  「モノ」への執着は技術革新から
                  0

                     

                     時代は「モノ消費」から「コト消費」へ――。

                     市場は成熟し、すでに必要な「モノ」はほとんど手に入り、人々の関心は、「モノ」の所有欲を満たすことから、経験や体験、思い出、人間関係、サービスなどの目に見えない価値である「コト」に移行してきている、と言われている。。

                     

                     コンパクトデジタルカメラを買った。落として、撮影が出来ないこともないが、ちょっといい写真が撮れそうだったから。

                     

                          

                                OLYNPUS FE-4020 & SH-3

                     

                     梅の木を5m離れて、28mmで撮影する。そして、マクロで。

                     

                         

                     

                                   

                     

                        FE−4020はボケル

                     

                                   

                     

                     (ボケは、FE-4020のレンズが白へのピント合せが苦手なのだ。)

                     望遠だと差が出る。105mmと600mm。400万画素と1680万画素。

                     siz 約10.0×2.0×5.5h=130g  約10.5×2.5×6.0h=270g少し重い。

                     

                     他社の物と大した違いはない。が、OLYMPUS が好きなのだ。

                     

                     小型・軽量のミラーレス一眼を、コンパクトデジカメ感覚で使おうと、「PEN EPM2」を持っている。(2012年から)

                     10.5mm×2.5mm×6.0mmh=425g「タッチAFシャッター」や「ストライプスクリーン」がいい。動画も可だがあまり使わない。

                     

                        E-PM2  

                     

                                    E-P2

                     

                     オリンパスは、2009年に「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した世界最小・最軽量の一眼レフ「オリンパス・ペンE-P1」を発売。

                     さらに一眼を常に持ち歩ける小型軽量ボディー、上質な外装仕上げ、一眼としての高画質、すべてにおいて新しいミラーレス一眼「E-p2」を出した。これに飛び付いた。12.0×3.0×6.5mmh=552g

                     

                     小さくて気軽に持ち歩ける物に執着してきた。

                     撮影の仕方がへたでも、「目で見るように、撮すことが出来る」カメラに近づいている。

                     

                     

                     

                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | もん・さいじき | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    TOP
                    ブログランキング・にほんブログ村へ
                    にほんブログ村