さくらは西行の桜か、醍醐桜か、ある山桜か・・・。周りに起こる出来事から
自らの過去・現在・未来の生への執着・悔恨・不条理・謝罪・希望・理想を綴り、
自らの生の確認としたい。
臨時休業の行方
0

     

     新型コロナによる「臨時休業」で、日本は終わった。

     

           

           

     


     コロナウイルスによって終わったのではなく、終わっていたことがコロナウイルスによって明らかになったのだ。

     

     安倍首相は、官邸主導で、全国の小中高校の一斉休校を要請した。

       確認しておく。

       これは北海道知事の要請で出した臨時休校の評判がいいと話題に

      なり、今井首相補佐官の進言で、細かいところを詰めず、表明した

      のが真相らしい。側近の萩生田文科相、鈴木知事の親分菅官房長官

      杉田官房副長官も制止したが、それを振り切ったというのだ。

     


     感染拡大を抑えるということだが、子どもの感染率は低い。手段の優先順位が間違っている。

     

     

     

            

                カラオケルームに中高生

     


     終わった、間違っていると思えるのは、実は国民やメディアだ。

     子どもが家にいたら働きにいけない、強く反対したの親たちだ。

     

     これに対し官邸は、これまた見事に大きな誤りで反応した。

     公設の託児所、学童は閉めない。

     こちらは全力で対応し、両親が安心して働けるようにする。

     

     

     

     親が働きに行けないことで暮らしていけないというのが問題だというのか。

     このことが、日本が終わりであることを明らかしている。


       保育園、学童の方が集団感染のリスクは高いのに、親の反発を避

      けるために全力で開ける、という政府の対応には笑ってしまう。

     

     

     

            

               無料でアップされた漫画を見る子ども

     

     

     本当に大事なのは何か。臨時休校によって子どもたちの教育が疎かになることだ。

     授業がなくなることなのだ。

     
     学校教育で最重要なのは授業だ。
     これまでの日本人を育ててきたのは学校での教育その授業だったはずだ。

     

     その授業がなくなったことついての批判が全くない。
     卒業式ができなくて、友達とこのまま離れ離れになって可愛そうとは情けない。

     

     

        子どもたちは、新コロナウイルスがいる街角に溢れ出した。

        ゲームセンターやカラオケボックスにも集まったらしい。

        御丁寧に出版社がアップした漫画をスマホで読み耽る子ども…。

     


     学校を一斉に臨時休業にしたことで、国民が「教育」を「空気」のようなものと考えていたことが露呈した。

     

     教育によって成したこれまでの日本は顧みられない。これまで以上の姿は期待出来まい。

     

     

     

     

    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:11 | comments(0) | - | -
    臨時休業の間に
    0

       

       国民の間で新型コロナへの不安が高まる一方、安倍首相の後手ぶりが露わになっていた。

       

        今日29日 全患者が検査を受けることができる十分な医療能力の確保

              臨時休校で子どもの在宅に伴い休職する保護者向けの所得

            減少への助成金制度の創設

       

          27日 全国の小中高校で、3月2日から臨時休校を要請

       

          26日 多人数が集まる全国的なスポーツや文化イベントは、今後

             2週間は中止や延期、規模縮小の対応を取るよう要請

            (イベント主催側判断に丸投げ 首相の対応が場当たり的と)

       

          25日 北海道知事からの要請を受け対策チームを派遣  

              自治体や医療機関等関係者と連携し医療提供体制の整備

       

       

       ここへ来て、いよいよ本気にならざるを得なくなった様態だ。

       丸投げ、唐突は酷い …。

       

       

               

       

       

       3月2日からの臨時休校を、地方紙SOONが、一面に大見出しで報じた。 栃木県は、県立の中高校、特別支援学校を3月2日から24日までの休校の発表。県内25市町にも対応を要請、24市町が各市町立学校の休校を実施。対応の差異あり。

       

       大田原のみが休校とせず、午前授業を実施。

       

       

       大田原市には縁があり、私の生活範囲にある。

       他が休んでいるうちに、勉強して力を付けるチャンスだ。

       子どもは感染しないから大丈夫。知力を蓄えてくれ。

       

       

       

       

      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:01 | comments(0) | - | -
      対コロナ優先で
      0

         

         新型コロナウイルスの国内での感染の広がりが本格化してきた。

         加藤厚労相が、国内感染が新たな局面に入ったとの認識を示した。

         

         

              

         

         

         これに対してネット上には、一般の人たちの率直な意見がある。

         

           中国は武漢や温州を封鎖しても感染の拡大を止められなかった。

          日本は感染者が増えても、東京を封鎖することは不可能。安倍政権

          の初動対応は完全に間違っていた。中国人のインバウンドの見返り

          として多くのウイルスを輸入してしまった。今後どうウイルスを封

          じ込めるのか。yahoo.co.jp/pickup/

         

         

         国民の目が、一時政治に向けられたことは歓迎されるべきことだ。

         

         これより少し前、国会が空転した。

         12日衆院予算委で、立民党辻元氏に「意味のない質問だよ。」とヤジを飛ばしたことを認めたが、「質問ではなく罵詈雑言の連続。当然そう思うじゃないですか。」と言葉を重ねた。謝罪どころか、自らの発言の正当性を主張した。

         

         

              


         

         新型コロナウイルスに関する国の、効果的で早急な対策を求める時に、首相の目が国民の方に向いていない現実を露呈している。

         

         

         予算委員会での審議は、「桜を見る会」の問題が多く、首相も委員も、見る国民も飽きてはいただろう。

         

         公的行事の私物化や政治資金規正法抵触がとりたださせる前に、どこか小さいところで非を認め、謝罪すればよかったのではないか。

         自民党内からも、国会軽視の態度に疑問の声が上がっている。

         

         

              

         

         

         だから、今頃、「桜だなんて」とは言っていられない。 

         その「忖度」政治を切らなければならない。

         

         この休み、散髪と私邸での○○で、国民や新型コロナウイルスに向いていないと、誰かが言っていた。

         

         

         

         

        Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:24 | comments(0) | - | -
        2月の望月
        0

           

           今夜は満月。コールドなムーンだ。

           

           

                17:55 竹林の上に

           

           

           二月に、月といえば秋篠宮家の眞子様だ。

           

           

             眞子様と小室圭さんは17年9に婚約が内定し、18年11月に結婚式を

            挙げられる予定だった。

           

           しかし、宮内庁は2月6日、「準備が不足している。」として、皇位

            継承の儀式が終了する2年後の20年に延期すると発表した。

           

             秋篠宮様は、19年11月の会見で「(延期発表から)2月で2年経つ。

            何らかのことは発表する必要があると私は思っている」と述べていた。

           

           

           発表の時期は、天皇陛下の誕生日(23日)や4月の立皇嗣の礼などの行事を

          (秋篠宮家が)考慮されているのではないか見られている向きがあるようだ。

           

           

           私と小室圭さんは同じような姓で、微笑ましく見守っていた。

           そして身辺の不都合を言われ、必ずしも成らなくてもいいと思っていた。

           

           

           いや、ぜひ、と私に思わせたのは、「月」だった。

           

           今年の「歌会始の儀」での眞子様の和歌だ。

           


              望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな
           

           思いおこされるのが、17年9月3日の眞子様と小室圭さんの婚約内定をひかえた記者会見だ。

             互いを太陽と月にたとえ、小室さんは、眞子さまへの思いを、

           

             ある日、夜空にきれいな月を見つけ、その時

            思わず宮さまにお電話をいたしました。

             ・・・宮さまは私のことを月のように静かに

            見守ってくださる存在でございます。

           


           「望」の題で、「望月」が選ばれたことは、眞子様にとって「月」が、

          大切な思いが詰まった存在であることに疑いの余地はない。

           

           

           今宵の望月が、ホットになってきた。

           二人の想いが満ちるよう、ひたすらに念じている。

           

           

           

           

          Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 20:41 | comments(0) | - | -
          日米安保改定60年
          0

             

             「日米安全保障条約の改定から、19日で60年を迎えた。」

             そんなことを言ったって、「何それ。」なんて返されるに相違ない。

             

               日米安保条約の改定は、1960年1月19日、ホワイトハウスで

              安倍首相の祖父である当時の岸信介首相と米のアイゼンハワー

              大統領が新条約に署名した。

             

             

                   Wikipedia 

             

             

                 もともと、安保条約は、1951年(昭26)9月8日アメリカ

                合衆国を始めとする第二次世界大戦の連合国側49ヶ国との間で

                日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)が締結された。

             

                 この際、同条約に基づき、同時に締約された条約が旧日米

                安全保障条約であり、この条約に基づき、GHQのうち米軍部

                隊は在日米軍となって駐留するというもの。

             

             

             条約承認については野党が強く反発、前日の5月19日には社会党清瀬一郎らが議長を監禁して採決を阻止。

             

             

                   Wikipedia

             

               多数の議員が壇上に押しかける中で清瀬一郎が議長の

              マイクを握りしめている有名な「強行採決」の様子。

             

               そして、会期延長議決で条約批准案を可決。Wikipedia

             

             この強行策は、安保闘争の活発化を招く結果となり、条約反対運動が激化した。

             

               1969年の東大安田講堂事件を思い起こした。50年前のこと。

               5、6年後で静かになった大学に入った頃に、映像で見たものだ。

             

             

               大学の自治確立や医学部民主化を掲げた一大学 

               の闘争に始まった学園紛争は、火炎瓶やゲバ棒  

               などで武装する過激派介入で、暴力による革命

               の根拠地になった。

             

             

             

             この「60年安保」が、静かに守られ続けている。

             すでに時代に逆行していると考えざるを得ない。

             

               安倍首相は6日年頭記者会見で日米同盟について、「60年を経た

              今尚、わが国の外交安全保障政策の基盤となっている。」と強調。

             

               17日には、署名60周年を受け、日米両国の外務・防衛担当の4閣

              僚の連名で「日米同盟は、いまだかつてないほど強固で、幅広く、

              不可欠なものとなっている。」と共同発表した。

             

               そして19日、日米安全保障条約改定の調印から60年の記念式典を

              開き、「日米安保条約は、いつの時代にも増して不滅の柱。…」と

              日米同盟を深化させる考えを示した。

             

             

                   19年9月 

             

             

              日本では安保条約が憲法より上位にある。― 過重な米軍基地の負担に苦しむ沖縄で何度も語られてきた言葉だ。本来、安保が守るべき価値が、その名のもとに踏みにじられてきた現実を物語る。

             

               協力態勢の強化が求められ、自衛隊の海外派遣が繰り返されている。

               憲法9条に示された理念が後退し続けていると言わざるをえない。


             さらに、「米国第一主義」の登場で、国際秩序の擁護者でなく、混乱の要因となっている米と、どう付き合うのか、自らの姿勢を問い質す時になっている。

             

             

             

             

            Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:03 | comments(0) | - | -
            挑戦!超回復
            0

               

               全身に広がった筋肉痛は、今日夕方の低温で居座っている。

               

               痛い方が何かやったというアクセントになるとは思っていたが、回復が遅いのと筋肉も年を重ねたかと諦めに傾いた。

               

               超回復など望めるはずもない。

               

                   

                    痛み出現箇所

               

               

               歳神様がお帰りにならないうちに、トレーニングを始めてしまった。

               

               昨年暮れに向かってパフォーマンスが(ゴルフ)が落ちているのは、「下半身の衰え」が原因で、これまで鍛えてきたのを食い潰したと思ったからだ。

               

                  5日のウォーキングから始めて15日の10kmのランニングまで、

                 その間のWALKING、ショット練習、ROUND をこなした10日間。

                  疲労がたまってしまった。

               

               そして、改善がないのを知ってて、動き出す。今日、負の貯金が最大に達した。

               

               

               昨年末のマイナスをせめてゼロまで、今年早い時期に取り戻しておきたいという思いに従って、無理を始め、続けてしまった。

               結果が出なくても、やるしかないと思った…。

               

               

                     

               

               

               疲労だけが残る結果となったが、まだ始まったばかり、早いスタートを喜ぶべきだ。

               

               

               無駄なあがきはよしにして、疲労が去っていくのを気長に待つことにしよう。48〜72時間で抜けるというが、そんな平均値ではすまなくなっているのか。


               筋肉痛を出来るだけ早く解消するヒントを見つけた。
               冷却昔から苦手―血流促進ストレッチ マッサージ―睡眠―蛋白質摂取

               

               

                     

               

               

               1%でもいい。超回復を示すパフォーマンスが見られたら…。

               

               

               

               

              Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 18:12 | comments(0) | - | -
              G逃亡に沈黙
              0

                 

                 ゴーン被告の逃亡について、昨年12月28日と29日に関空(玉響)で何が起こったのか、すべてを詳細に説明することが求められている。

                 

                 ところが、一連の逃亡劇がどうして起きたのか、そして、政府はこれについてどう考えているのか。関係者が一様に口をつぐんでいるは異常であるさえ思える。世界は、日本の説明を求めている。

                 

                 

                      逃亡

                 

                 

                 「沈黙」し続ける日本政府の無責任さが、ゴーン被告の華々しい逃亡劇に対する日本政府(政治家)や当局者たちの反応を表現する言葉になっている。

                 

                     

                 ゴーン容疑者が昨年末、突然ベイルートに姿を見せて以来、フランス、トルコ、レバノンの官僚たちはみな、この事件についての見解を表明している。
                 当事国日本では、出入国管理手続を負う法務相が初めてコメントのみ。

                 

                 

                   日産は、ゴーンが3億ドル(日本円で約300億円)を違法に使用したと

                  し、民事裁判でゴーンを訴え、可能な限り使われた金を回収するつも

                  りだ。ゴーン氏の驚くべき逃亡は、「300億円事件」と呼ぶ人さえいる。

                 

                     レバノンの法相はゴーン被告に対して事情聴取の意向を示した。

                   身柄の引き渡しについては明言はしていない。

                 

                    トルコの検察当局は、被告を運んだ航空機2機のパイロット4人と運

                  航会社幹部1人を逮捕した。

                 

                 

                      沈黙

                 

                 

                    今夏の五輪開催に先駆けて、日本の入国管理局は空港

                   セキュリティ対策の詳細をメディアに披露して、日本の

                   国境管理がスムーズかつ安全であることを示してきた。

                 

                 

                 国民は、被告にも弁護人にも、さらに検察にも限りない不信を抱いている。

                 これを否定する政府の見解がなければ、モリカケから桜を観る会、IR汚職事件から国民の目をそらすために仕組んだ事件と見ることも出来る。

                 

                 

                 「沈黙」を破って見解を述べれば、自滅とでも思っているのだろうか。

                 忖度の政治をそこまでとし、勇気ある日本の政治家を示したらどうか。

                 既に腐っているが、一刻も早く継続を止める正義はないのか。

                 

                 

                 

                 

                Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 23:09 | comments(0) | - | -
                学歴はそれなりに
                0

                   

                   中一の姪にお年玉をやりながら勉強の話を聞いた。

                   これから高校、大学と進むだろうから、親の方が大変だなあと思った。

                   

                   この間、「生年世代別 父子の学歴構成」といデータを見た。

                   これは、私の世代(65-56歳) と 子世代(35-26)の学歴を比較したものだ。

                   

                   

                   私は、学歴上昇の28.0%に入っている。下段

                   65-56歳で、父親より学歴が上回ったということだ。

                   

                   この子世代(35-26歳)父親を上回ったのが50%を超えている。

                   経済的に余裕が出てためだろうか。上段

                   

                   この2世代間で、実質的に下がっているのは、後者の「学歴下降」だ。

                   高校は当たり前だったが、初めから拒否していたグループか。

                   

                   

                              

                                          SSM2015年調査

                   

                           ■非大卒再生産学歴下降学歴上昇大卒再生産

                   

                       1955-64生   57.3    4.2       28.0        10.5   %

                       1985-94生     39.9          9.0           22.5        28.6

                   

                   

                   1985-94年生まれは、大学全入時代にかかっている。が膨らんだだろう。

                   そのために奨学金の枠が狭まったこともあって、今年4月から高等教育の修学支援新制度がスタートする予定だ。

                   授業料も生活費上がって大変だろう。卒業後10年、奨学金の返済があると聞いた。

                   

                   

                   これは、世襲議員の政治力が減退しているというものの中で出合ったものだ。安倍首相も、小泉環境相も、それだ。

                   

                    「(上の)データ(SSM2015年)によって、 明らかなったのは、若年

                    世代、とりわけ若年非大卒層の社会への向き合い方が消極的になって

                    いるということだ。選挙の投票をはじめ、職業生活、家族形成、消費

                    国際性、文化的活動、社会関係の構築等が総じて弱々しいものになっ

                    ているのだ。」と吉川徹氏が言っている。週刊文春デジタル

                   

                   

                   

                   

                  Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:03 | comments(0) | - | -
                  教員採用試験競争率最低
                  0


                     文部科学省が、2019年度公立学校教員採用試験の実施状況を発表した。

                     

                       小学校の競争率は、2.8倍(前年度3.2倍)、

                       中学校は 5.7倍(6.8倍)、

                       高校は  6.9倍(7.7倍)だった。

                     

                       公立学校全体の競争率は4.2倍(同4.9倍)。

                       競争率が最低だったのは、91年度の3.7倍。

                     

                       バブル期の91年度と並び過去最低となった。

                     

                     

                          

                     

                     

                      これは、第2次ベビーブームへの対応で大量採用された教職員が退職し

                     たことによって、採用者数が同年度の約5倍に当たる1万7029人となった

                     ことが最大の要因とされている。mainichi.com

                     

                     

                     新潟県(1.2倍)や福岡県(1.3倍)など2倍を切る自治体も12県市に上り、倍率が下がったことで、教員の質の低下が懸念される。


                     組織で人材の質を維持するのに必要とされる倍率は3倍とされ、「危険水域」を割ったとも報じられた。jiji.com

                     

                     

                     

                     ここから今後の教育界に不安を感じることは、倍率低下ではなく教職人気が下がっていることだ。

                     

                     収入の安定性などで希望者が増えていたが、働き方改革が叫ばれても一向に進まない状況から判断しているのではないか。

                            

                     

                            

                     

                     

                     次に、小学校での講師の量的・質的不足を招いている問題も見逃せない。

                     

                     産休・育休や病気などの休職者の代替要員としては通常、非正規雇用の講師が派遣されるが、従来その多くは採用試験の不合格者が担ってきた。待遇の不安定さなどが、教育界から離れてしまうのを促してしまっている。

                     

                     

                     

                     

                     県内(栃)では、11月と12月に、わいせつ事案(懲戒免職1件・処分検討中1件)と不適切ないじめ対応(懲戒処分1件)が、全国的なニュースとしてことがあった。

                     いづれも、「教員としての」資質を問われる話題を生んだことだろう。

                     

                     問題を起こした教員は、私の後輩だ。勉強しない子どもや、こういう教員をつくってしまったのは、私たちの世代の失策だったと思う。

                     

                     

                            

                     

                     

                     真に憂慮すべき問題は、ぜひ教員になってほしいという、いわゆる「優秀」な人材が応募してきていないのではないかということだ。

                     

                     それは、2005年以降、政府の規制緩和で小学校教員の養成を行える大学が急増したことが影響している。

                     

                     かつての受験者ほど学力が高くない学生でも、一定の単位を取れば免許を取得しやすくなっているのだ。

                     卒業時に学力なり、教員としての資質が付いていれば問題はないのだが、新規参入した大学等のなかには、入試の偏差値(予備校作成)が低いところもある。

                     

                     

                      これには、大学改革を前提として入試制度から変えていこうとする考

                      えが関わっている。(政府は賢すぎる国民を創ろうとしてはいない。)

                     

                        その真ん中あたりに、AO式を含む推薦入学がある。私立大学のほと

                      んどが採用し、国公立大学もその枠を広げている。

                     

                     

                     大学入学者の約6割が、これで入学するのが現状だ。

                     教科・科目数の多い大学入学共通テストは形ばかりで、各大学の個別選抜でも、より多面的な選抜方法を行うとしながら、面接を入れる程度で、学力をみるのは1教科のみですむ。

                     

                     偏差値が低い大学を受験するなら、「7当8落」で十分。

                     4年後に、何倍もの資質教養と知識技能を蓄えるとは想像しがたい。

                     

                     

                     ☺ 私の教職最後の、高校講師の5年間、こんな日が来ると思っていた。

                       申し訳ないが、今の私は傍観者でしかない。

                     

                     

                     

                     

                    Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 21:37 | comments(0) | - | -
                    日本社会党だった
                    0

                       

                       立民の枝野代表と国民の玉木代表が合流に向け協議に入ることで合意した。両党には、合流への考え方や政策・理念などで大きな隔たりがあるとしている。

                       マスコミの中に、社民党まで加えた合流について、「旧民主党より左傾化しかねない」と懸念するとした見解を示しているところがある。

                       自民の横暴に歯止めをかける苦肉の策だ。いや、社民党の立場だ。議員数にこそ発言力を落としているが、腐っても鯛だ。

                       

                                

                       

                       政党の根幹である政策、例えば、原発や消費税、安全保障、憲法では意見を異にする。党の性格も違う。国民民主党は保守的で提案型の健全野党を志向してきたが、立憲民主党や社民党は左派野党といえ、共産党との連携もいとわない。(共同会派をくみ、首相主催の「桜を見る会」の追求で一定のり成果を挙げた。)

                       その方が、対自民の姿勢が期待できる。国民の支持も集まるに違いない。

                       

                       社民党は全国地方ブロック幹部会議を開き、立民の呼びかけについて協議した。19日そして、地方組織の維持や主要政策の一致を重視して党内論議を加速させることを確認している。来年2月の党大会で最終的意思決定。

                       

                       

                             

                        

                           1996年1月村山内閣総辞職後日本社会党から

                          改称し、社会党との断絶を強調していたが、現在

                          は日本社会党との連続性を標榜していると認めら

                          れている。

                       

                       私が少し政治に関心を持つようになった高校生の頃、成田―石橋体制で、地元の小選挙区でも2議席あった。土井さんの時は、60年代後半並みの140を回復し前進を示した。ロッキード事件やリクルート事件などを追求した楢崎弥之助は格好よかった。

                       社民党という名さえ消えようとしているのに、日本社会党との連続性を標榜しているとしている姿を、どこかで見ることが出来るだろうか。

                       

                       

                       

                       

                      Posted by : 桜の好きなKOMUT | ひとりごと | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      TOP
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村